Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ヘルス・チェックの管理

ヘルス・チェック・サービスでは、HTTPプローブとpingプローブを使用して、選択した地理的なバンテージ・ポイントから測定した、IPアドレスとホスト名のヘルスをモニターできます。 ヘルス・チェックを構成した後に、モニター結果を表示できます。 結果には、ホストがモニターされたロケーション、エンドポイントの可用性、およびテストが実行された日時が含まれます。

コンソールを使用した場合

ヘルス・チェックの管理

ヘルス・チェックを追加するには
ヘルス・チェックを編集するには
ヘルス・チェックを無効にするには
ヘルス・チェックを複製するには
ヘルス・チェックを削除するには
ヘルス・チェックの履歴を表示するには
ヘルス・チェックのタグを管理するには

ヒント

ヘルス・チェックが連続して失敗している場合は、ホストをモニターする権限があり、ホスト上のポートがHealth Checksからのトラフィックを受信するように構成されていることを確認してください。

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

  • HTTPプロトコルを使用するヘルス・チェック・モニターを作成するには、CreateHTTPMonitor操作を使用します。
  • CreatePingMonitor操作を使用して、pingプロトコルを使用するヘルス・チェック・モニターを作成します。
  • ListHealthChecksVantagePointsを使用して、モニターを実行する使用可能なバンテージ・ポイントのリストを取得します。
  • HTTPヘルス・チェック・モニターの構成を更新するには、UpdateHttpMonitor操作を使用します。 また、この操作を使用して、isEnabledフィールドをfalseに設定することで、HTTPモニターを無効にすることもできます。
  • UpdatePingMonitor操作を使用して、pingのヘルス・チェック・モニターの構成を更新します。 この操作を使用して、isEnabledフィールドをfalseに設定することで、pingモニターを無効にすることもできます。
  • DeleteHttpMonitor操作を使用して設定からHTTPヘルス・チェック・モニターを削除します。
  • DeletePingMonitor操作を使用して、設定からpingのヘルス・チェック・モニターを削除してください。
  • ListHttpProbeResults操作を使用して、HTTPヘルス・チェック・モニターの結果を取得します。
  • ListPingProbeResults操作を使用して、pingのヘルス・チェック・モニターの結果を取得します。