Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

モニタリングの詳細

このトピックでは、モニタリング・サービスへのアクセスを制御するポリシーを記述するための詳細について説明します。

Resource-Types

アラーム

metrics

サポートされる変数

モニタリングでは、すべての一般変数(「すべてのリクエストの一般変数」を参照)と、次に示す変数をサポートします:

このリソース・タイプの操作 この変数を使用することができます 変数タイプ コメント
metrics target.metrics.namespace 文字列

この変数を使用して、特定のリソース・タイプへのアクセスを制御します。 namespace値を一重引用符で囲みます。 たとえば、コンピュート・インスタンスのメトリックへのアクセスを制御するには、次のフレーズを使用: where target.metrics.namespace='oci_computeagent'

ポリシーの例は、「特定のメトリック・ネームスペースへのユーザー・アクセスを制限」を参照してください。 有効なネームスペース値については、「サポート対象サービス」を参照してください。

動詞+リソース・タイプの組み合わせの詳細

次の表は、各動詞が扱うpermissionsおよびAPI操作を示しています。 アクセス・レベルは、inspect > read > use > manageから行くにつれて累積されます。 表のセルのプラス記号(+)は、そのすぐ上のセルと比較してインクリメンタルなアクセスを示しますが、「追加なし」は増分アクセスを示していません。

アラーム
メトリック

各API操作に必要なアクセス許可

次の表は、API操作をリソースのタイプ別にグループ化した論理的な順序で示しています。

権限については、「アクセス許可」を参照してください。

API操作 操作を使用するために必要な権限
ListMetrics METRIC_INSPECTまたはMETRIC_READ
SummarizeMetricsData METRIC_READ
PostMetricData METRIC_WRITE

ListAlarms

ALARM_INSPECT

ListAlarmsStatus ALARM_INSPECT

GetAlarm

ALARM_READおよびMETRIC_READ

GetAlarmHistory

ALARM_READ

CreateAlarm

ALARM_CREATEおよびMETRIC_READ

UpdateAlarm

ALARM_UPDATEおよびMETRIC_READ

RemoveAlarmSuppression ALARM_UPDATE

DeleteAlarm

ALARM_DELETE