Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

マーケットプレイスの概要

Oracle Cloud Infrastructure Marketplaceは、Oracle Cloud Infrastructureのお客様専用のソリューションを提供するオンライン・ストアです。 Oracle Cloud Infrastructure Marketplaceカタログでは、Oracleと信頼できるパートナの2つのタイプのソリューションのリストを見つけることができます: イメージおよびスタック。 これらのリスト・タイプには、様々なカテゴリのアプリケーションが含まれます。 また、一部のリストは無償であり、他のリストは特定の価格設定モデルに属しています。

イメージは、インスタンスで実行するオペレーティング・システムとソフトウェアを決定する仮想ハード・ドライブのテンプレートです。 Oracle Cloud Infrastructure Computeインスタンスにイメージ・リストをデプロイできます。 Marketplaceには、スタック・リストもあります。 スタックは、グループとして操作できるOracle Cloud Infrastructureリソースのグループの定義を表します。 各スタックには、1つ以上の宣言的な構成ファイルで構成された構成があります。 イメージまたはスタックを使用すると、publisherソフトウェアの使用をより合理化した方法でカスタマイズされます。

ノート

Marketplaceは、Oracle Cloud Infrastructure Government Cloudでは使用できません。

リソース識別子

ほとんどのタイプのOracle Cloud Infrastructureリソースには、Oracle Cloud ID (OCID)という名前の一意のOracle割当て識別子があります。 OCID形式およびリソースを識別するその他の方法については、「リソース識別子」を参照してください。

Oracle Cloud Infrastructureにアクセスする方法

コンソール (ブラウザベースのインタフェース)またはREST APIを使用して、Oracle Cloud Infrastructureにアクセスできます。 コンソールおよびAPIの手順は、このガイドのトピックに含まれています。 ただし、コマンドライン・インタフェース(CLI)を使用してMarketplaceにアクセスしてもかまいません。 MarketplaceにはCLIサポートはありません。 使用可能なSDKのリストについては、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

コンソールにアクセスするには、「サポートされているブラウザ」を使用する必要があります。 このページの上部にあるコンソール・リンクを使用して、サインイン・ページにアクセスできます。 クラウド・テナント、ユーザー名、およびパスワードを入力するよう求められます。

認証と認可

Oracle Cloud Infrastructureの各サービスは、すべてのインタフェース(コンソール、SDKまたはCLI、およびREST API)の認証および認可のためにIAMと統合されています。

組織の管理者は、どのユーザーがどのサービス、どのリソースおよびアクセスのタイプにアクセスできるかを制御するグループ、コンパートメントおよびポリシーを設定する必要があります。 たとえば、ポリシーは、新しいユーザーの作成、クラウド・ネットワークの作成と管理、インスタンスの起動、バケットの作成、オブジェクトのダウンロードなどを実行できるユーザーを制御します。詳細は、「ポリシーの開始」を参照してください。 異なる各サービスに対するポリシーの記述の詳細は、「ポリシー・リファレンス」を参照してください。

会社が所有するOracle Cloud Infrastructureリソースを使用する必要がある通常のユーザー(管理者ではない)の場合は、管理者に連絡してユーザーIDを設定してください。 管理者は、使用する必要があるコンパートメントを確認できます。