Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Marketplaceの概要

Oracle Cloud Infrastructure Marketplaceは、Oracle Cloud Infrastructureのお客様専用のアプリケーションを提供するオンライン・ストアです。 Oracle Cloud Infrastructure Marketplaceカタログでは、Oracle Cloud Infrastructure Computeインスタンスにデプロイできるパートナからイメージを検索できます。 イメージは、インスタンスで実行するオペレーティング・システムとソフトウェアを決定する仮想ハード・ドライブのテンプレートです。 パートナのイメージでは、ソフトウェアを使用して開始するより合理的な方法があります。

リソース識別子

ほとんどのタイプのOracle Cloud Infrastructureリソースには、Oracle Cloud ID (OCID)という名前の一意のOracle割当て識別子があります。 OCID形式およびリソースを識別するその他の方法については、「リソース識別子」を参照してください。

Oracle Cloud Infrastructureにアクセスする方法

コンソール (ブラウザベースのインタフェース)またはREST APIを使用して、Oracle Cloud Infrastructureにアクセスできます。 ただし、REST APIを使用してMarketplaceに明示的にアクセスすることはできません。 MarketplaceにはSDKのサポートがありません。 コンソールの手順は、このガイド全体を通してのトピックに記載されています。

コンソールにアクセスするには、「サポートされているブラウザ」を使用する必要があります。 このページの上部にあるコンソールリンクを使用して、サインイン・ページにアクセスできます。 クラウド・テナント、ユーザー名、およびパスワードを入力するよう求められます。

認証と認可

Oracle Cloud Infrastructureの各サービスは、すべてのインタフェース(コンソール、SDKまたはCLI、およびREST API)の認証および認可のためにIAMと統合されています。

組織の管理者は、どのユーザーがどのサービス、どのリソースおよびアクセスのタイプにアクセスできるかを制御するグループ、コンパートメントおよびポリシーを設定する必要があります。 たとえば、ポリシーは、新しいユーザーの作成、クラウド・ネットワークの作成と管理、インスタンスの起動、バケットの作成、オブジェクトのダウンロードなどを実行できるユーザーを制御します。詳細は、「ポリシーの開始」を参照してください。 異なる各サービスに対するポリシーの記述の詳細は、「ポリシー・リファレンス」を参照してください。

会社が所有するOracle Cloud Infrastructureリソースを使用する必要がある通常のユーザー(管理者ではない)の場合は、管理者に連絡してユーザーIDを設定してください。 管理者は、使用する必要があるコンパートメントを確認できます。