Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

確認済CPEデバイス

次のデバイスまたはソフトウェアが、「VPN接続」での使用について検証されました。

ノート

Oracleには、次の表のベンダーおよびデバイスの構成手順が含まれています。 正しいベンダーに対して構成の指示を使用してください。

構成の検証にOracleで使用されたデバイスまたはソフトウェアのバージョンが、デバイスまたはソフトウェアと完全に一致しない場合、構成が機能する可能性があります。 ベンダーのドキュメントを参照し、必要な調整を行います。

デバイスが次の表に含まれないベンダー用の場合、またはIPSecのデバイスの構成をよく理解している場合は、「サポートされているIPSecパラメータ」のリストを参照して、ベンダーのドキュメントを調べてください。

ベンダー デバイス 最低ソフトウェア・バージョン 構成
チェック・ポイント 2200またはオープン・サーバー R80.20 チェック・ポイントの構成オプション
Cisco ASA 9.7.1 (「推奨」) Cisco ASA構成オプション
Cisco 2921 IOSバージョン15.4(3) M3 Cisco IOS
FortiGate FortiGate-VM 6.0.4 FortiGate
Juniper MX 240 JunOS 15.1 Juniper MX
Juniper SRX 240

JunOS 11.0

Juniper SRX
Libreswan (またはOpenswan)   3.18 Libreswan
NEC IX3315 10.1.16 NEC IXシリーズ
NEC IX2106 10.1.16 NEC IXシリーズ
Palo Alto PA-500 PanOSバージョンの8.0.0 Palo Alto
WatchGuard Firebox Fireware v12 WatchGuard
ヤマハ RTX1210 ファームウェアRev.14.01.28 ヤマハRTXシリーズ
ヤマハ RTX830 ファームウェアRev.15.02.03 ヤマハRTXシリーズ