Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Openswan

Openswanを使用してIPSec VPN to Oracle Cloud Infrastructureを作成する場合は、「Libreswan」を参照してください。

OpenswanとLibreswanの関係について

Openswanは、Linux用のよく知られたIPSec実装です。 それは、現存しない「FreeS/WANプロジェクト」のフォークとして2003年に始まりました。 FreeS/WANプロジェクトとは異なり、GNU/Linuxオペレーティング・システムを排他的にターゲットにするのではなく、他のオペレーティング・システムにその使用を拡大しました。 2012年、FreeS/WANはopenswanという商標の訴訟のためにThe Libreswan Projectに改名されました。

その結果、Oracle LinuxにOpenswanパッケージをインストールまたは問合せしようとすると、デフォルトでLibreswanパッケージがインストールまたは表示されます。 次のyum search queryコマンドは、この動作を示しています:

$ sudo yum search openswan
Loaded plugins: langpacks, ulninfo
Matched: openswan ============================================
NetworkManager­-libreswan.x86_64 : NetworkManager VPN plug­in for libreswan
NetworkManager­-libreswan-gnome.x86_64 : NetworkManager VPN plugin for libreswan-GNOME files
libreswan.x86_64 : IPsec implementation with IKEv1 and IKEv2 keying protocols

Libreswanプロジェクトによって維持されており、15年以上にわたってFreeS/WANプロジェクトに復帰しています。 詳細は、「プロジェクト履歴」を参照してください。