Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

サポートされている暗号化ドメインまたはプロキシID

IPSecプロトコルは、セキュリティ関連付け(SAs)を使用してパケットを暗号化する方法を決定します。 各SA内では、パケットのソースおよび宛先のIPアドレスとプロトコル・タイプをSAデータベース内のエントリにマップする暗号化ドメインを定義して、パケットの暗号化または復号化の方法を定義します。

ノート

他のベンダーまたは業界のドキュメントでは、「プロキシID、セキュリティ・パラメータ索引(SPI)」または「トラフィック・セレクタ」という用語が、saまたは暗号化ドメインを参照している場合に使用されることがあります。

IPSecトンネルを実装するには、一般的に次の2つのメソッドがあります:

  • ルート・ベースのトンネル: 次のルーチン・ベースのトンネルとも呼ばれます。 パケット宛先IPアドレスでルート表参照が実行されます。 そのルートのエグレス・インタフェースがIPSecトンネルの場合、そのパケットは暗号化されてから、そのトンネルの反対側に送信されます。
  • ポリシーベースのトンネル: パケットのソースIPアドレスおよび宛先IPアドレスとプロトコルは、ポリシー文のリストと照合されます。 一致が見つかった場合、そのポリシー文のルールに基づいてパケットが暗号化されます。

Oracle VPNヘッドエンドは、ルート・ベースのトンネルを使用しますが、次の項にリストされているいくつかの警告を含むポリシーベースのトンネルを使用できます。

重要

Oracle VPNヘッドエンドは、単一の暗号化ドメインのみをサポートします。
ポリシーに複数のエントリが含まれる場合、トンネルはフラグを設定するか、または接続性に問題が発生し、その中で一度に1つのポリシーのみが機能します。

ルート・ベースのトンネル用の暗号化ドメイン
ポリシーベースのトンネルの暗号化ドメイン