Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

メッセージの公開

このトピックでは、通知サービスを使用してメッセージをパブリッシュする方法について説明します。

各メッセージは、指定したトピックのすべてのサブスクリプションにブロードキャストされます。 電子メールとして送信されたすべてのメッセージには、関連トピックから「配信停止」へのリンクが含まれています。

エンドポイントごとのメッセージ配信率制限: HTTPS (PagerDuty)プロトコルの場合は60メッセージ/分、電子メール・プロトコルの場合は10メッセージ/分。

警告

Oracle Cloud Infrastructureコンソール、APIまたはCLIを使用してクラウド・リソースに説明、タグまたはわかりやすい名前を割り当てるときは、機密情報を入力しないでください。

前提条件

  • IAMポリシー: 通知を使用するには、管理者が作成するポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどちらを使用しているかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 権限のないか、または権限のないレスポンスが表示された場合は、管理者に問い合せてください。 現在のコンパートメントに必要なアクセス権タイプを設定できません。 ユーザー承認の詳細は、「通知概要」を参照してください。
  • メッセージを公開する前に、少なくとも1つのサブスクリプションがあるトピックが必要です。 「トピックおよびサブスクリプションの管理」も参照してください。

コンソールの使用

メッセージを公開するには

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

次のAPI操作を使用して、メッセージを公開します:

PublishMessage