Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Object Storageメトリック

「メトリック」「アラーム」および「通知」を使用して、バケットおよびオブジェクトのヘルス、容量、パフォーマンスをモニターできます。

このトピックでは、メトリック・ネームスペースoci_objectstorage (Object Storageサービス)によって発行されるメトリックについて説明します。

リソース・インクルード:バケットとオブジェクト。

Object Storageサービス・メトリックの概要

Object Storageでは、イメージやビデオなど、アナリティク・データやリッチ・コンテンツを含む、あらゆるコンテンツ・タイプの非構造化データを無制限に格納できます。 Object Storageサービス・メトリックは、マルチパートのアップロードで不完全な部分に含まれる、使用しているストレージの量、格納されるオブジェクトの数、および未完了のオブジェクトのサイズを測定するのに役立ちます。 詳細は、「Object Storageの概要」および「マルチパート・アップロードの使用」を参照してください。

前提条件

  • IAMポリシー: リソースをモニターするには、管理者が作成したポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用してREST APIを使用しているかどうかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 ポリシーによって、モニター・サービスおよびモニターされているリソースにアクセスできるようにする必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。 モニター用のユーザー承認の詳細は、関連サービスの認証と認可のセクションを参照してください。:MonitoringまたはNotifications

使用可能なメトリック: oci_ objectstorage

次の表に示すメトリックは、作成するバケットで自動的に使用可能になります。 これらのメトリックを取得するために、リソースでモニターを有効にする必要はありません。 ただし、メトリックを取得するには、バケットにオブジェクトを格納しておく必要があります。 オブジェクトがないバケットは、メトリック・データがありません。

各メトリックには次のディメンションが含まれます:

resourceID
メトリックを適用するバケットのOCID。
resourceDisplayName
バケットの名前。
オブジェクトの現在のストレージ層:標準またはアーカイブ済。

 

メトリック メトリック表示名 単位 説明 ディメンション
StoredBytes バケット・サイズ bytes 破棄(中断)またはコミットされていないマルチパートのアップロード部分を除いたバケットのサイズ。

resourceID

resourceDisplayName

ObjectCount オブジェクト数 count 破棄(中断)またはコミットされていないマルチパートのアップロード部分を除いた、バケット内のオブジェクトの数。
UncommittedParts MultiPartアップロード・サイズが不完全 bytes

破棄(中断)またはコミットされていないマルチパートのアップロード部分のサイズ。

ティップ:このメトリックを表示するには、カスタム問合せを作成する必要があります。 「UncommittedPartsをチャートで表示するには」も参照してください。

コンソールの使用

単一バケットのデフォルト・メトリック・チャートを表示するには
層別のデフォルトのメトリック・チャートを表示するには
UncommittedPartsをチャートで表示するには

APIの使用

モニタリングには次のAPIを使用します: