Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

リポジトリの削除

特定のリージョンで借家することができるリポジトリの数には制限があります。 リポジトリが不要になったら、Oracle Cloud Infrastructure Registryからリポジトリを削除することは理にかなっています。

あなたのパーミッションは、削除できるOracle Cloud Infrastructure Registryのリポジトリを制御します。 作成したリポジトリと、所属するグループにアイデンティティ・ポリシーによってアクセス権が付与されているリポジトリを削除できます。 Administratorsグループに属している場合は、テナンシ内のリポジトリを削除できます。

コンソールの使用

Oracle Cloud Infrastructure Registryからリポジトリを削除するには:

  1. コンソールで、「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 ソリューション、プラットフォームおよびエッジの下で、開発者サービスに行き、「レジストリ」をクリックします。
  2. レジストリ・リージョンを選択します。 レジストリにアクセスしているすべてのリポジトリが表示されます。
  3. 削除するリポジトリの名前をクリックします。
  4. 「概要」ページで「削除」をクリックし、リポジトリを削除することを確認します。

リポジトリはOracle Cloud Infrastructure Registryから永久に削除されます。