Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Docker CLIを使用したイメージのプル

Docker CLIを使用して、Oracle Cloud Infrastructure Registryからイメージをプルします。

あなたの権限は、Oracle Cloud Infrastructure Registryから引き出すことができるイメージを制御します。 作成したリポジトリ、公開リポジトリ、および所属するグループにアイデンティティ・ポリシーによってアクセス権が与えられているリポジトリからイメージを取得できます。 Administratorsグループに所属している場合は、テナンシ内の任意のリポジトリからイメージを取得できます。

Docker CLIを使用してOracle Cloud Infrastructure Registryからイメージを取り出すには:

  1. すでに認証トークンがある場合は、次のステップに進みます。 そうでない場合は、次のようになります。

    1. コンソールの右上隅で、「ユーザー」メニュー(ユーザー・メニュー・アイコン)を開き、「ユーザー設定」をクリックして詳細を表示します。
    2. 「認証トークン」ページで、「トークンの生成」をクリックします。
    3. 認証トークンのわかりやすい説明を入力します。 機密情報を入力しないでください。
    4. 「トークンの生成」をクリックします。 新しい認証トークンが表示されます。
    5. コンソールでauthトークンが再び表示されないため、authトークンをすぐに安全なロケーションにコピーします。
    6. 「トークンの生成」ダイアログを閉じます。
  2. Dockerを実行しているクライアント・マシンのターミナル・ウィンドウで、docker login <region-code>.ocir.ioを入力してOracle Cloud Infrastructure Registryにログインします。ここで、<region-code>は、使用しているOracle Cloud Infrastructure Registryリージョンのコードに対応します。 たとえば、docker login iad.ocir.ioです。 リージョン・コードのリストは、「リージョン名およびリージョン・コード別の可用性」を参照してください。

  3. メッセージが表示されたら、<tenancy_name>/<username>の形式でユーザー名を入力します。 たとえば、acme-dev/jdoe@acme.comです。 テナンシがOracle Identity Cloud Serviceでフェデレーテッド化されている場合は、<tenancy-name>/oracleidentitycloudservice/<username>という形式を使用します。
  4. プロンプトが表示されたら、以前にコピーした認証トークンを入力します。
  5. 次のように入力して、DockerイメージをOracle Cloud Infrastructure Registryからクライアント・マシンに引き出します:

    docker pull <region-code>.ocir.io/<tenancy-name>/<repos-name>/<image-name>:<tag>

    説明:

    • <region-code>は、使用しているOracle Cloud Infrastructure Registryリージョンのコードです。 たとえば、iadです。 リージョン・コードのリストは、「リージョン名およびリージョン・コード別の可用性」を参照してください。
    • ocir.ioOracle Cloud Infrastructure Registryの名前です。
    • <tenancy-name>は、イメージを取得するリポジトリを所有するテナンシの名前です(たとえば、acme-dev)。 ユーザーはテナンシにアクセスできる必要があります。
    • <repo-name> (オプション)は、イメージを取得するリポジトリの名前です(たとえば、project01)。 ユーザーはリポジトリにアクセスできる必要があります。 イメージがリポジトリ内に存在しない場合は、この引数を省略します(「リポジトリについて」を参照)。
    • <image-name>は、Oracle Cloud Infrastructure Registryからプルしたいイメージの名前です(たとえば、acme-web-app)
    • <tag>は、Oracle Cloud Infrastructure Registryからプルしたいイメージのタグです(たとえば、version2.0.test)

    例えば:

    docker pull iad.ocir.io/acme-dev/project01/acme-web-app:version2.0.test

    docker pullコマンドで<tag>を指定しないと、latestタグを持つイメージがDockerによってプルされることに注意してください。

  6. docker imagesと入力して、クライアント・マシン上のイメージのリストに、今すぐ引っ張ったイメージが含まれていることを確認して、イメージがOracle Cloud Infrastructure Registryからプルされていることを確認します。

    例えば:

    $ docker images
    REPOSITORY                                  TAG                 IMAGE ID          CREATED       SIZE
    iad.ocir.io/acme-dev/project01/acme-web-app version2.0.test     8e0506e14874      1 minute ago  162.6 MB
    acme-web-app                                latest              8e0506e14874      2 hours ago   162.6 MB
    acme-web-app                                version1.0          7d9495d03763      2 hours ago   162.6 MB
    <none>                                      <none>              6ebd328f833d      5 hours ago   162.6 MB
    hello-world                                 latest              80b84820d442      5 weeks ago   890 B