Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

イメージおよびイメージの詳細の表示

正しいイメージを引っ張ったり、もはや必要のないイメージを特定するために、Oracle Cloud Infrastructure Registryでイメージに関する詳細な情報を調べることができます。

あなたのパーミッションは、情報を表示できるOracle Cloud Infrastructure Registryのイメージを制御します。 作成したリポジトリ内のイメージに関する情報、および所属するグループにアイデンティティ・ポリシーによってアクセス権が与えられているリポジトリ内のイメージに関する情報を表示できます。 管理者グループに所属している場合は、テナンシ内の任意のリポジトリ内のイメージに関する情報を表示できます。

コンソールの使用

イメージとイメージの詳細を表示するには:

  1. コンソールで、「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 ソリューションおよびプラットフォームの下で、開発者サービスに移動して「レジストリ」をクリックします。
  2. レジストリ・リージョンを選択します。 レジストリにアクセスしているすべてのリポジトリが表示されます。
  3. 詳細情報を表示するイメージが含まれているリポジトリの名前をクリックします。 レポジトリ内のすべての異なるイメージが、各イメージのタグと、レジストリにプッシュされた時刻とともに表示されます。 異なるイメージは、プッシュされた日付またはタグによって並べ替えることができます。
  4. 詳細情報を表示するイメージをクリックします。 「概要」ページには、イメージのサイズ、プッシュされたときのユーザー、およびユーザーがイメージを引っ張った回数が表示されます。 次のように、「概要」ページのオプションを使用します:

    • 「レイヤー」タブを表示して、選択したイメージの各レイヤーのSHAメッセージ・ダイジェストを表示します。
    • 「関連タグ」タブを表示すると、選択したタグがあるイメージの絶対パスが表示されます。 別のタグを選択すると、要約の詳細がそれに応じて変更されます。
  5. (オプション)イメージをプルする場合は、イメージ名の横にある「ダウンロード」ボタンをクリックして、表示されるコマンドをコピーします。 このコマンドには、<region-code>.ocir.io/<tenancy-namespace>/<repo-name>/<image-name>という形式のイメージ名が含まれています:<tag> たとえば、docker pull iad.ocir.io/ansh81vru1zp/project01/acme-web-app:version2.0.testです。 「Docker CLIを使用したイメージのプル」を参照してください。