Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Email Deliveryの保護

Email Deliveryサービスは、コンソールで生成されたパスワードで保護されたSMTPエンドポイントを提供します。 Email Deliveryを使用して電子メールを送信するには、SMTPパスワードが必要です。 SMTP用に個別のIAMユーザーを作成することをお薦めします。 このユーザーは、approved-sendersおよびsuppressionsリソース・タイプの管理権限を持っている必要があります。 SMTP資格証明を安全に保管し、定期的にその資格証明書をローテーションすることをお薦めします。 Email DeliveryのSMTP資格証明の生成の詳細については、「ユーザーのSMTP資格証明を生成」を参照してください。

Email Deliveryベスト・プラクティス(送信者の評判を管理する、ブラックリストに登録されないようにするなど)については、「配信可能性のベスト・プラクティス」を参照してください。