Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Storage Gatewayのアンインストール

このトピックでは、Storage Gatewayをアンインストールするステップについて説明します。

アンインストール

をアンインストールするには、Storage Gateway をアンインストールします
  1. Storage Gatewayをアンインストールするオンプレミス・ホストまたはコンピュート・インスタンスにログインします。
  2. Storage Gatewayを停止する:

    sudo ocisg down
  3. dockerocisg_dataファイルを削除してください:

    sudo docker rm -v ocisg_data
  4. dockerのイメージを削除する:

    sudo docker rmi $(sudo docker images| grep ocisg | awk '{print $3}')
  5. /usr/bin/:のocisgで始まるすべてのファイルを削除

    sudo rm /usr/bin/ocisg*
  6. ファイルの内容を表示するgateway_config:

    cat /etc/gateway_config

    出力例:

    $ cat /etc/gateway_config
                            

    DATASTORAGE=/ocisg/cache

    MDSTORAGE=/ocisg/metadata

    LOGSTORAGE=/ocisg/log

    PROXY=

    USE_SSL=

    MEMORY=

    NETWORK=bridge

    HTTP_FRAMEWORK=

    ADMINPORT=443

    NFSPORT=32769

    RESTPORT=32768

  7. 次の例のように、DATASTORAGEディレクトリを削除します:

    sudo rm -rf /ocisg/cache
  8. 次の例のように、MDSTORAGEディレクトリを削除します:

    sudo rm -rf /ocisg/metadata
  9. 次の例のように、LOGSTORAGEディレクトリを削除します:

    sudo rm -rf /ocisg/log
  10. ファイルgateway_configを削除してください:

    sudo rm /etc/gateway_config
  11. Storage Gatewayインストール・ディレクトリを削除するocisg:

    sudo rm -rf /opt/ocisg