Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

コスト・トラッキング・タグの使用

コスト・トラッキング・タグを使用すると、テナンシのコストを管理しやすくなります。 コスト・トラッキング・タグを使用して、次のいずれかを行います:

  • 見積原価のフィルタ
  • 予算の設定

定義済のタグとコスト・トラッキング・タグのみを使用できます。 フリー・フォーム・タグは、コスト・トラッキング・タグとして指定できません。

必要なIAMポリシー

コスト・トラッキングは、定義されたタグの機能です。 ユーザーがコスト・トラッキングを使用できるようにするには、管理タグ・ネームスペースおよびタグの操作に同じIAMポリシーを使用します。 詳細は、「定義済みタグの操作に必要な権限」を参照してください。

新しいポリシーの場合は、「ポリシーの開始」「共通ポリシー」を参照してください。 グループやその他のIAMコンポーネントのポリシーを書くことについて詳しくは、「IAMの詳細」を参照してください。

コスト・トラッキング・タグの使用

Finance.CostCenterという定義済のタグ・キー定義があるとします。 このタグ定義をコスト・トラッキング用に有効にします。 値が"W1" (Finance.CostCenter="W1")のタグを一部のリソースに適用し、値が"C2" (Finance.CostCenter="C2")のタグを他のリソースに適用します。 これらのタグによって、次のシナリオが使用可能になります: 

  • コスト分析を表示する際、使用状況情報をフィルタ処理して、"Finance.CostCenter=W1"でタグ付けされたリソースによって生成されたコストのみを表示できます。 次に、使用状況サマリーを"Finance.CostCenter=C2"でフィルタ処理できます。
  • "Finance.CostCenter=W1"というタグが付いたリソースの予算を作成し、"Finance.CostCenter=C2"というタグが付いているリソースの別の予算を作成します。 支出が特定の金額を超えている、または特定のしきい値を超えていると予測される場合、通知するアラートを設定できます。

コスト・トラッキング・タグを使用して、タグに基づいてリソース使用量を比較および追跡したり、コンパートメントではなくタグでグループ化されたリソースに基づいて予算を設定します。

コスト・トラッキング・タグによる使用状況の表示

予測コストをフィルタ処理したり、予算を作成することによって使用状況を表示するには

  • 原価分析には、支出の追跡と最適化に役立つ使いやすいビジュアライゼーション・ツールが用意されています。 詳細は、「残高と使用の確認」を参照してください。
  • 予算は、支出に対するしきい値の設定に使用できます。 予算に関するアラートを設定して、予算を超過する可能性があるときに知らせることができます。また、予算と支出すべてを1箇所のコンソールで表示できます。 詳細については、「予算の概要」を参照してください。

コスト・トラッキング・タグの制限

  • テナンシでコスト・トラッキングを有効にできる最大の10タグを有効にできます。 この制限には、アクティブなタグと廃止したタグの両方が含まれます。

コンソールの使用

タグ・キー定義を作成するときにコスト・トラッキングを有効にすることも、既存のタグ・キー定義を更新してコスト・トラッキングを有効にすることもできます。

キー定義を作成するには
タグ・キー定義を更新するには

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

  • ListCostTrackingTags - コスト・トラッキングを有効にしたタグをリストします(ルート・コンパートメントでのみ実行可能)