Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

サービスのモニター

サービスの使用全体にわたり、請求と使用状況のモニターおよび発生した問題の報告を行うことができます。

請求と使用状況のモニター

インフラストラクチャ・コンソールには、Oracle Content and Experience請求、サービス・コストおよび使用状況を容易にモニターできるようにする各種の請求ツールと支払ツールが用意されています。

請求および使用状況を表示するには、次のステップを実行します:

  1. クラウド・アカウント管理者としてOracle Cloudにサインインします。 アカウント名とログイン情報は、ようこそ電子メールに記載されています。
  2. インフラストラクチャ・コンソールでナビゲーション・メニュー・アイコンをクリックし、ガバナンスと管理の下にあるアカウント管理を展開して、次のいずれかのオプションをクリックします:
    • コスト分析: 使いやすいビジュアライゼーション・ツールを提供し、支出の追跡や最適化に役立てます。
    • 支払方法: 使用の支払方法を簡単に管理できます。
    • 請求書: 使用する請求書を表示およびダウンロードします。
    • 予算: 支出のしきい値を設定します。 予算にアラートを設定して、予算を超える可能性があるときに通知を受けることができます。また、予算と支出のすべてを1箇所から表示できます。

      Oracle Content and Experience固有の請求制限」も設定できます。

    • 使用状況レポート: 監査または請求書の照合用のリソースの詳細な内訳を取得するために使用できるカンマ区切り値(CSV)ファイルを表示します。
      ノート

      使用状況レポートに初めてアクセスするときは、ルート・コンパートメントにポリシーを作成する必要があります。
      「使用状況レポート」ページの手順に従ってポリシーを作成し、指示どおり文をコピーします。

請求および支払ツールの詳細は、「請求および支払ツールの概要」を参照してください。

これらのメトリックの制限に達したときに通知を受け取る必要がある場合は、「Oracle Content and Experienceの管理」「請求制限設定の構成」を参照してください。

問題の報告

問題が発生した場合、ユーザー支援にアクセスするか、Oracle Cloudコミュニティの支援を受けるか、サポートに連絡するか、Oracleサポート担当者とのライブ・オンライン・チャットを開始することができます。

インフラストラクチャ・コンソールで、「ヘルプ」アイコンをクリックして次のアクションを実行します:

  • ドキュメントまたはOracle Cloudコミュニティにアクセスするには、「ヘルプ」の下のいずれかのリンクをクリックします。
  • Oracle Supportに様々な連絡方法を表示するには、サポートに連絡をクリックします。
  • Oracle Support担当者とのライブ・オンライン・チャットを開始するには、ライブ・チャットをクリックします。