Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

次の作業

サービスをデプロイしてユーザーとグループを設定した後、Oracle Content and Experience webインタフェースでいくつかの追加タスクを完了して、Oracle Content and Experienceを起動して実行する必要があります。

Oracle Content and Experienceの管理での説明に従って、必要に応じて次のタスクを実行します:

  • ユーザー割り当て制限、リンク動作、ファイルのタイプとサイズの制限、ウイルス・スキャン・オプションなどの「サービス・デフォルトの設定」

    「新規フォルダ・メンバーに指定されたデフォルトのロール」は、別の重要なデフォルト設定として使用されます。

  • 会社でシングル・サインオン(SSO)を使用している場合は、「SSO使用可能」を使用することをお薦めします。
  • Oracle Content and Experienceを最大限に活用するために次のタスクのいくつかを実行する場合があります:
  • 「サインインおよびget-started情報をユーザーに提供」を使用して、ユーザーをOracle Content and Experienceに紹介し、不明な点がある場合に連絡するユーザーを知らせます。
  • 必要に応じて、「デスクトップ・アプリケーションをユーザーにプッシュ・アウト」です。

    デスクトップ・アプリケーションは、ユーザー・コンピュータ上のファイルおよびフォルダとクラウドの同期を保ちます。 共有されているフォルダも含め、Oracle Content and Experience内のフォルダを選択できるため、常に現在のバージョンのコンテンツ・フォルダおよびアセットにアクセスできます。 ファイルおよびフォルダをデスクトップ・フォルダに追加することもできます。そうすると、Oracle Content and Experienceに自動的に追加されます。

    ユーザーは、自分が参加している会話にアクティビティがある場合に通知を設定して、webインタフェースと同様にファイルおよびフォルダを共有できるようにすることができます。

ユーザーの操作性をさらに向上させるには、Oracle Content and Experienceを他のビジネス・アプリケーションと統合」を使用します。