Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

スタート・ガイド

Oracle Digital Assistantの使用方法を学習するための最初のステップとして、空のスキルおよび再生できるデジタル・アシスタントをいくつか作成できます。 開始できることは、次のとおりです。

Digital Assistantを作成

  • サイド・メニューを開くアイコンをクリックしてサイド・メニューを開き、開発>Digital Assistantsを選択して新規Digital Assistantをクリックします。

Digital Assistantへのスキルの追加

スキルをデジタル・アシスタントに追加するには:

  1. サイド・メニューを開くアイコンをクリックしてサイド・メニューを開き、開発>Digital Assistantsを選択して、デジタル・アシスタントをダブルクリックします。

  2. スキルの追加をクリックします。

  3. 追加するスキルのタイルで、スキルの追加のアイコンをクリックします。

    探しているスキルが見つからない場合、まだ公開されていない可能性があります。 (スキルはスキル・カタログに表示されてデジタル・アシスタントに追加可能になる前に公開する必要があります)。

  4. 閉じるボタンをクリックしてスキル・カタログをクローズし、デジタル・アシスタントにスキルのページを表示します。
  5. ページの「対話モデル」セクションまでスクロールして、起動値が、ユーザーがこのスキルを起動するために使用する名前であることを確認します。

    これらの名前は、これらの「呼出し名のガイドライン」に準拠している必要があります。

  6. ユーザーがスキルを起動する方法の一般的な発話の例を入力します。

    これらの発話は、デジタル・アシスタントのデフォルトのようこそとヘルプの状態で選択可能なオプションとして使用されます。

スキルの作成

  • サイド・メニューを開くアイコンをクリックしてサイド・メニューを開き、開発>スキルを選択して新しいスキルをクリックします。

スキル・ストアからのスキルの取得

Digital Assistantには、デジタル・アシスタントで使用できるスキルを含むスキル・ストアが付属しています。

Digital Assistantスキル・ストアからスキルを取得する手順は、次のとおりです:

  1. サイド・メニューを開くアイコンをクリックしてサイド・メニューを開き、開発>ストアを選択します。

  2. 追加するスキルのタイルで、オプション・メニューを開くためのアイコンをクリックしてプルを選択します。

次に、次のいずれかの方法で、そのようなスキルをデジタル・アシスタントに追加できます:

  • 全体

  • 変更されたフォーム(最初にクローンを作成する必要があります)。

スキル・ストア

Digital Assistant Skill Storeには、Oracle Cloudサービスを操作して公開する様々なスキルがあります。

サイド・メニューを開くアイコンをクリックしてサイド・メニューを開き、開発>ストアを選択してアクセスできます。

ノート

デフォルトでは、各スキルの1つのバージョンのみが表示されます(最近更新されたバージョン)。
特定のスキルのすべてのバージョンを表示するには、このスキルのすべてのバージョンの表示アイコンをクリックします。