Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

スキル・アナリティクス

このダッシュボードのレポートを使用して、公開されたスキルが個人ベースであるかグループであるかを判別します。

合計会話レポートの表示

左側のメニューからアナリティクスを選択して、このレポートにアクセスできます。 これを使用して、指定期間中の現在の本番(またはこれらのスキルの選択)のすべてのスキルに対する次のキー・パフォーマンス・インジケータ(KPI)を返します:
  • 合計会話数-完了した、または不完全な会話の全体数。
  • 完了した会話-選択したスキルのランク(完了した会話の数別)。
  • 不完全な会話-選択したスキルの、未完了の会話の数別のランキング。 カスタマは、興味が失われた、またはシステムによって処理されたエラー(スキル自体ではなく)、タイムアウトまたは無限ループによってブロックされ、スキル定義に不具合が原因でこれらの会話を完了していない可能性があります。 各スキルについて、レポートには、タイムアウトの総数、システムで処理されたエラー数および無限ループが期間ごとに表示されます。 スキルの全体的な故障に貢献したこれらのファクタを示すために、円チャートがレンダリングされます。

スキルのパフォーマンス レポート

このレポートを使用して、選択した期間中およびスキルごとのすべてのスキルの会話完了率を確認します。

個々のスキル

このレポートを使用して、完了率、および期間中に完了した会話の数に対するスキルの相互関係を調べることができます。

各スキルについて、レポートには、パフォーマンス履歴スパーク・ライン・チャート、スキルの完了率が期間中に増加、減少または安定した状態になっているかどうかを評価するツールがレンダリングされます。

このレポートには、この期間中のスキルのパフォーマンスに影響するその他のファクタが含まれます: エラーの数 (システムで処理されたエラー、無限ループ、タイムアウト)および未解決のインテント。 このような場合、レポートには、一定期間中にすべての不完全な会話の信頼度しきい値に解決できなかったインテントの数がカウントされます。

全体的なエコシステム

全エコシステム・レポート積上げ面チャートを使用して、選択したすべてのスキルのパフォーマンス・トレンドをレビューできます。 これは、ある期間に完了した会話に対して、カスタマが未解決のインテント(またはその他の問題)のために完了できなかった会話と、カスタマにより破棄されたため未完了になった会話を比較したものです。

ユーザーがスキルとどう対話しているか レポート

この人気レポートでは、選択した期間中に各スキルにルーティングされた様々なチャネルの顧客トラフィックを比較します。 analytics_how_users_interact_with_skills.pngの説明が続きます
「図analytics_how_users_interact_with_skills.pngの説明」