Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

テキストのみのチャネル

Facebookチャネルと同様に、メッセージング・プラットフォームとDigital Assistantの両方で生成されたアーティファクトを使用して、テキストのみのチャネルを構成します。 ただし、Twilio/SMSおよびWeChatなどのテキストのみのチャネルについては、ダイアログ・フロー定義を更新して、ボタンがサポートされていない場合にボットのレスポンスを適切にレンダリングできるようにする必要もあります。 このタスクには2つの側面があります:
  • テキストのみのチャネル用の「コンテンツの表示または非表示」 つまり、System.CommonResponseコンポーネントの場合は、metadataプロパティを更新して、レスポンス・アイテム、カードまたはグローバル・アクションに対してTwilioまたはWeChatを含める(または適用可能な場合は除外する)必要があります:
    channelTest:
      component: "System.CommonResponse"
      properties:
        processUserMessage: false
        metadata:
          responseItems:
          - type: "text"
            text: "This text text displays on Twilio"
            visible:
              channels:
                include: "twilio"             
          - type: "text"
            text: "This text is not shown in Twilio or Facebook!"
            visible:
              channels:
                exclude: "facebook, twilio"
            actions:
            - label: "This action is only shown on web channel."
              type: "postback"
              payload:
                action: "someAction"
              visible:
                channels:
                  include: "web"
  • auto-numberingの構成。

Twilio/SMS

Twilio/SMSでデジタル・アシスタントを実行するには、次のことが必要です:
  • Twilio資格証明(Digital Assistantチャネル構成にこれらの資格証明を指定):
    • Twilioの電話番号。

    • アカウントSID

    • 認証トークン

  • Digital Assistantから(およびTwilio):に提供):

    • webフックURL (Twilioチャネルの作成時に生成されます)。

ノート

Twilioでデジタル・アシスタントのチャネルを作成する際、"exit"はユーザーがデジタル・アシスタントのスキルから移動する際に使用する可能性があるため、Twilioではデフォルトのキーワードになります。
そのため、ユーザーがTwilioチャネルでexitと入力すると、Twilioの会話が終了し、デジタル・アシスタントにはその入力が届きません。 デジタル・アシスタントで終了を使用するユーザーは、Twilioに連絡して、アカウントからキーワードとして"exit"を削除する必要があります。

ステップ1: SMS対応のTwilo番号を取得

Twilioチャネル構成に必要なTwilio番号、アカウントSID、認証トークンを生成するには、最初にTwilioアカウントを作成する必要があります(まだアカウントを持っていない場合)。アイデンティティを確認した後:
  1. 左側のナビゲーション・バーで、すべての製品およびサービス (これはすべての製品とサービス・アイコンのイメージです。)をクリックします。

  2. プログラム可能なSMS (これはプログラム可能なSMSアイコンのイメージです。)と電話番号 (これは電話番号アイコンのイメージです。)の両方をダッシュボードに固定します。
    twilio_products.pngの説明が続きます
    「図twilio_products.pngの説明」

  3. 電話番号(左側のナビゲーション・バーに固定されています)をクリックし、スタート・ガイドをクリックします。

  4. 数値の取得または番号の購入を選択します。 いずれの場合も、SMS機能を必ず選択してください。 この数値は、Digital AssistantでTwilioチャネルを元に戻すように構成するため、現時点では閉じておきます。

  5. 左側のナビゲーション・バーでコンソール・ダッシュボード (これはダッシュボード・アイコンのイメージです。)をクリックし、アカウントSIDと認証トークン(表示をクリックしてアクセスします)を確認します。 Twilio番号とともに、これらの資格証明を使用してTwilioチャネルを構成する必要があります。

ステップ2: ボットをTwilio番号にリンク

Twilioの資格証明をすぐに閉じます:
  1. Digital Assistantに戻り、左側のメニューのチャネルをクリックして、ユーザーを選択します。

  2. チャネルの追加をクリックします。

  3. 「チャネルの作成」ダイアログで、次の手順を実行します:
    • 名前を入力し、チャネル・タイプ・メニューからTwilio SMSを選択します。

    • アカウントSID、認証トークンおよびTwilio番号を入力します。

    チャネル有効を切り替えます。
  4. 「作成」(コールバック)をクリックします。 WebフックのURLを書き留めます。 これは、Twilioコンソールを最後に停止するときに必要になります。

  5. Twilioコンソールで、電話番号 (これは電話番号アイコンのイメージです。)をクリックし、アクティブな数値をクリックします。

  6. 「アクティブな数値」ページのTwilio番号をクリックします。

  7. 構成ページのメッセージング・セクションで、WebフックURLをメッセージ後処理フィールドに貼り付けます。

  8. 「Save」をクリックします

テストのヒント

Digital Assistant Twilioアカウント番号にメッセージを送信することで、独自の電話を使用してTwilioチャネルをテストできます。

サポートされている機能

Digital AssistantのSlackチャネルでは、次の機能がサポートされています:

  • テキスト(送信と受信の両方)
  • イメージ(送信および受信用の部分)
  • ファイル(送信および受信用の部分)
  • emoji (送信と受信の一部)
  • links
  • ポストバック(部分)
  • カスタム・プロパティ(部分)
  • カルーセル・コンポーネント(部分)
  • リスト・コンポーネント(部分)

メッセージの制約

Digital AssistantのTwilioチャネルには、次のメッセージ制約があります:

  • テキスト・メッセージ
    • テキスト・メッセージの最大長: 1600 characters. 長さが1600を超えると、テキストは複数のメッセージに分割されます。
    • 許可されるテキスト・アクションのタイプ: Postback, Call, URL. これらのアクション・タイプはテキストに変換されます。 ポストバック・アクションの場合、ラベルは、ポストバックのトリガーに使用可能なキーワードとして機能します。
  • 水平カード
    • サポート対象: いいえ。ただし、ほぼ同等の機能は、なんらかのアクション・タイプをテキストに変換することによって実現されます。
    • 許可されているカード処理のタイプ: Postback, Call, URL. これらのアクション・タイプはテキストに変換されます。 ポストバック・アクションの場合、ラベルは、ポストバックのトリガーに使用可能なキーワードとして機能します。
    • カード・リスト処理のタイプ許可: Postback, Call,URL. これらのアクション・タイプはテキストに変換されます。 ポストバック・アクションの場合、ラベルは、ポストバックのトリガーに使用可能なキーワードとして機能します。
  • 垂直カード
    • サポートされています: いいえ。ただし、ほぼ同等の機能は、なんらかのアクション・タイプをテキストに変換することによって実現されます。
    • 許可されているカード処理のタイプ: Postback, Call, URL. これらのアクション・タイプはテキストに変換されます。 ポストバック・アクションの場合、ラベルは、ポストバックのトリガーに使用可能なキーワードとして機能します。
    • カード・リスト処理のタイプ許可: Postback, Call, URL. これらのアクション・タイプはテキストに変換されます。 ポストバック・アクションの場合、ラベルは、ポストバックのトリガーに使用可能なキーワードとして機能します。
  • アタッチメント・メッセージ
    • サポート対象: できます(MMSが有効な場合)。
    • 許可されるアタッチ・アクションのタイプ: Postback, Call, URL. これらのアクション・タイプはテキストに変換されます。 ポストバック・アクションの場合、ラベルは、ポストバックのトリガーに使用可能なキーワードとして機能します。
  • 処理ボタン
    • サポートの有無 いいえ。ただし、ほぼ同等の機能は、なんらかのアクション・タイプをテキストに変換することによって実現されます。
    • 許可されるグローバル・アクションのタイプ: Postback, Call, URL. これらのアクション・タイプはテキストに変換されます。 ポストバック・アクションの場合、ラベルは、ポストバックのトリガーに使用可能なキーワードとして機能します。

Twilioチャネル拡張

Twilioチャネルでは、Twilio固有の機能でSystem.CommonResponseコンポーネントの機能を拡張できます。

拡張機能にアクセスするには、System.CommonResponseコンポーネントのchannelCustomProperties要素を使用し、適切なプロパティを設定します。 コードの書式は次のとおりです:

...
            channelCustomProperties:
            - channel: "twilio"
              properties:
                PROPERTY_NAME: "PROPERTY_VALUE"
...

Twilioチャネルで使用可能なカスタム・プロパティは次のとおりです:

名前 指定できる値 適用対象... 説明
mmsEnabled
  • true
  • false
cardsまたはattachmentタイプのレスポンス・アイテム。 チャネル構成のデフォルトのMMS対応設定をオーバーライドするために使用できます。 有効な場合、イメージは独自のメッセージ・バブルにタップしてレビューボタンとともに表示されます。
optimizeCardRendering
  • true
  • false
cardsタイプのレスポンス・アイテム。 trueに設定すると、カード処理の選択を2ステップのプロセスにします。このプロセスでは、ユーザーが最初にカードを選択してからカード処理を選択します。
cardListHeader
  • フリー・テキスト
cardsタイプのレスポンス・アイテム。 カード・リストが表示されたときに表示されるヘッダー。 このプロパティは、カード・メッセージのheaderTextプロパティをオーバーライドします。 optimizeCardRenderingtrueに設定されている場合にのみ適用されます。
cardListFooter
  • フリー・テキスト
cardsタイプのレスポンス・アイテム。 カード・リストが表示されるときに表示されるフッター。 このプロパティは、カード・メッセージのfooterTextプロパティをオーバーライドします。 optimizeCardRenderingtrueに設定されている場合にのみ適用されます。
cardDetailHeader
  • フリー・テキスト
次のいずれかです。
  • "url"のプロパティが指定されているカード
  • "type": "url"action
カード詳細が表示されたときに表示されるヘッダー。 このプロパティは、カード・メッセージのheaderTextプロパティをオーバーライドします。 optimizeCardRenderingtrueに設定されている場合にのみ適用されます。
cardDetailFooter
  • フリー・テキスト
次のいずれかです。
  • "url"のプロパティが指定されているカード
  • "type": "url"action
カード詳細が表示されたときに表示されるフッター。 このプロパティは、カード・メッセージのfooterTextプロパティをオーバーライドします。 optimizeCardRenderingtrueに設定されている場合にのみ適用されます。

WeChat

WeChatチャネルを構成するには、次が必要です:
  • WeChatからのアプリケーションID-これをDigital Assistantに提供します。 アプリIDを取得するには、次のことが必要です:
    • 中国で使用されるボットに対して、WeChat公用アカウントまたは国際公用アカウント(WeChat OA)。

    • アカウント・タイプはサービス・アカウントである必要があります。

  • WeChatとDigital Assistantの両方で必要な資格証明:

    • アプリケーション・シークレット

    • アクセス・トークン-このトークンは7200秒有効です。

  • Digital AssistantからWeChatに提供されている資格証明:
    • Digital Assistantによって生成されたWebフックURL。

ステップ1: Digital AssistantでのWeChatチャネルの構成

  1. まず、アプリケーションID WeChatを取得します。 それは、WeChat公式アカウント管理プラットフォームの左側のナビゲーション・バーにある基本構成 (開発者セクションにあります)をクリックして見つけることができます。 アプリIDをコピーします。

  2. Digital Assistantの左側のメニューでチャネルをクリックして、ユーザーを選択します。

  3. チャネルの追加をクリックします。

  4. 「チャネルの作成」ダイアログで、次の手順を実行します:
    • 名前を入力し、チャネル・タイプ・メニューからWeChatを選択します。

    • WeChat、アプリケーション・シークレットおよびトークンからアプリケーションIDを入力します。

    チャネル有効を切り替えます。
  5. 「作成」(コールバック)をクリックします。

  6. 生成されたWebフックURLをコピーします。

ステップ2: ボットをWeChatアカウントにリンク

  1. WeChat公式アカウント管理プラットフォームの「基本構成」セクションで、アプリケーション・シークレットに貼り付けます。

  2. 「サーバー設定」セクションに移動し、編集をクリックします。

  3. Digital Assistantによって生成されたWebフックURLをURL field.andに貼り付け、送信をクリックします。

  4. トークン・フィールドにトークンを貼り付けます。
    ノート

    App Secretおよびトークンの値は、Digital AssistantのWeChat構成ダイアログに入力した値と一致する必要があります。
  5. 送信有効化の順にクリックします。