Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

可用性

Oracle Cloud Infrastructure生成2のOracle Integrationは、現在次のリージョンで使用できます。

リージョン名 リージョンのロケーション リージョン・キー

ap-mumbai-1

Asia-Pacific: インド、ムンバイ

部品構成表

ap-seoul-1

Asia-Pacific: ソウル、韓国

ICN

ap-sydney-1

Asia-Pacific: シドニー、オーストラリア

SYD

ap-tokyo-1

アジア太平洋: 東京、日本

NRT

ca-toronto-1

カナダ: トロント

YYZ

us-ashburn-1

アメリカ合衆国: Ashburn、VA

IAD

us-phoenix-1

アメリカ合衆国: フェニックス、AZ

PHX