Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

コンパートメントを作成および削除する機能の構成

勘定科目の所有者は、選択した管理者にコンパートメントを作成または削除する権限を拡張します。

  1. 左上隅にあるナビゲーション・メニュー・アイコンをクリックします。
  2. ガバナンスと管理カテゴリから、アイデンティティフェデレーションの順に選択します。

    「フェデレーション」画面が表示されます。これには、OracleIdentityCloudServiceと呼ばれるアイデンティティ・プロバイダが含まれます。 これは、クラウド・アカウントのOracle Identity Cloud ServiceストライプおよびOCIテナンシ間のデフォルト・フェデレーションです。 この画面には、デフォルトのアイデンティティ・プロバイダより多く表示される場合があります。

  3. デフォルトのOracle Identity Cloud Serviceアイデンティティ・フェデレーションを表示するには、OracleIdentityCloudServiceリンクを選択します。
  4. リソースオプションから、グループを選択します。
  5. グループ名列に所属するOCI_Administrators (IDCSグループ)を持つグループを検索し、OCIマップ済グループ列にAdministratorsを配置します。

    このマッピングは、テナンシの最上位レベルの権限を表します。 いずれかのグループのメンバーには、これらの権限が割り当てられます。

    ノート

    または、フェデレーテッド・ユーザーではなく、OCIのみのユーザーを作成する場合は、Administrators OCIグループを選択できます。

  6. コンパートメントを作成および削除する権限を付与する管理者を追加します。 管理者をIDCSグループに追加するにはOCI_Administratorsを選択し、Oracle Cloud Infrastructureグループに追加するには管理者をクリックします。 IDCSまたはOracle Cloud Infrastructureグループのいずれかを選択できます。