Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

コンソールへのサインイン

Oracle Identity Cloud Serviceを介してフェデレートされたユーザーとしてOracle Cloudコンソールにサインインします。 フェデレーテッド環境により、ユーザーが各セキュリティ・ドメインでアイデンティティ情報を共有するメカニズムが提供され、ビジネス・パートナをアイデンティティ管理レルムに統合できます。

  1. クラウド・アカウントにサインインする場合は、提供されているリンクを使用します。

    「サインイン」画面が表示され、クラウド・アカウント名(テナント名)を入力します。

  2. 必要に応じて、クラウド・テナントを入力して「続行」をクリックします。

    アイデンティティ・オプションが表示されます。

  3. シングル・サインオン(SSO)オプションの下で、「アイデンティティ・プロバイダ」フィールドで選択したアイデンティティ・プロバイダをノートして、続行をクリックします。
    Oracle Identity Cloud Serviceのサインイン画面が示されています。
  4. ようこそ電子メールに入力したユーザー名とパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。
    1つのコンソールが示されています。 1つのコンソールについてさらに知りたい場合、 「Oracle Cloud Infrastructureブログ」も参照してください。
  5. 左上隅にあるナビゲーション・メニュー・アイコンをクリックします。 スクロールして、必要に応じて左側のスクロール・バーを使用して、カテゴリおよびオプションを確認します。
    • ソリューションおよびプラットフォームカテゴリから、アプリケーション統合統合の順に選択します。 このランディング・ページは、Oracle Integrationインスタンスにアクセス、作成および管理するために使用します。

    • ガバナンスと管理カテゴリから、アイデンティティを選択します。 アイデンティティ・リンクを使用して、必要に応じてコンパートメントを作成し、アイデンティティ管理に関連するタスクを実行します。