Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Cloud Infrastructure

Oracle Cloud Infrastructureには以下が含まれます:

お知らせ

「お知らせ」サービスは、環境に影響を与えるインシデントの操作について通知します。

アーカイブ・ストレージ

「アーカイブ・ストレージ」を使用すると、頻繁にアクセスされず、長い保存期間が必要なデータを保存できます。

監査

「監査」サービスは、環境内のアクティビティを追跡するのに役立ちます。

ブロック・ボリューム

「ブロック・ボリューム」は、ブロック・ストレージ・ボリュームを動的にプロビジョニングして管理するのに役立ちます。

コンピュート

「コンピュート」サービスは、コンピューティングとアプリケーションの要件を満たすために、「インスタンス」と呼ばれるコンピューティング・ホストのプロビジョニングと管理を支援します。

Container Engine for Kubernetes

Container Engine for Kubernetesは、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイメント、スケーリング、および管理を可能にするKubernetesクラスタの定義と作成を支援します。

データ転送

「データ転送」は、データを簡単かつ安全にオフラインでOracle Cloud Infrastructureに移行するのに役立ちます。

データベース

「データベース」サービスは、Oracleデータベースのプロビジョニングと管理に役立ちます。

DNSおよびトラフィック管理

DNSサービスは、DNSゾーンの作成および管理に役立ちます。 トラフィック管理は、エンドポイントのヘルスやDNSリクエストの地理的オリジンなど、様々な条件に基づいてエンドポイントへのトラフィックをガイドするのに役立ちます。

電子メール配信

「電子メール配信」サービスは、大量のメールを送信し、受信者の受信トレイにメッセージが届くようにします。

ファイル・ストレージ

「ファイル・ストレージ」サービスは、共有ファイル・システム、マウント・ターゲット、およびスナップショットの管理に役立ちます。

ファンクション

「ファンクション」サービスは、アプリケーションおよびファンクションの構築およびデプロイに役立ちます。

ヘルス・チェック

「ヘルス・チェック」サービスは、エンドポイントのヘルスの監視に役立ちます。

IAM

IAMサービスは、管理者、ユーザー、およびグループを設定し、その権限を指定するのに役立ちます。

キー管理

「キー管理」では、データの暗号化を集中管理できます。

ロード・バランシング

「ロード・バランシング」は、VCN内にリージョン・ロード・バランサを作成するのに役立ちます。

マーケットプレイス

「マーケットプレイス」では、信頼できるOracleパートナからのイメージが提供され、環境内のインスタンスにデプロイできます。

モニタリング

「モニタリング」では、クラウド・リソースのヘルス、容量、およびパフォーマンスを評価するためのメトリック問合せとアラームを管理できます。

ネットワーキング

「ネットワーキング」は、従来のネットワーク・コンポーネントの仮想バージョンを設定するのに役立ちます。

通知

「通知」は、パブリッシュ・サブスクライブのパターンを使用して、トピックごとに分散コンポーネントにメッセージをブロードキャストできます。

オブジェクト・ストレージ

「オブジェクト・ストレージ」は、コンテナに格納されたオブジェクトとしてデータを管理するのに役立ちます。

レジストリ

「レジストリ」は、Dockerイメージなどの開発アーティファクトをOracle管理レジストリに格納、共有、および管理するのに役立ちます。

リソース・マネージャ

「リソース・マネージャ」は、"infrastructure-as-code"モデルを使用して、リソースをインストール、構成および管理するのに役立ちます。

検索

「検索」は、異なるサービスやコンパートメントをナビゲートすることなく、テナンシ内のリソースを見つけるのに役立ちます。

ストリーミング

「ストリーミング」は、大量のデータのストリームをリアルタイムで消費および処理する場合に役立ちます。

WAF

WAF悪意のあるトラフィックをモニターおよびフィルタ処理することで、エンドポイントをよりセキュアにするのに役立ちます。