クラウド・レディネス / Oracle Subscription Management Cloud
新機能
すべて展開


  1. 更新20B
  1. 改訂履歴
  2. 概要
  3. 機能のサマリー
    1. サブスクリプション管理
        1. アダプティブ・インテリジェンスを使用したサブスクリプション解約の予測
        2. サービス・ロジスティクスの統合
        3. サブスクリプションの監査履歴のトラッキング
        4. 分析サブタブを使用したサブスクリプション・レポートの表示
        5. REST APIを使用した支払方法としてのクレジット・カード使用可能
        6. ドリルダウンを使用したサブスクリプションおよびオブジェクト間のナビゲート

更新20B

改訂履歴

本書は、既存の項の変更と、新規情報の追加に伴って、今後も引き続き更新されます。これまでの更新内容は次の表のとおりです。

日付 機能 ノート
2020年3月20日   初版作成。

概要

このガイドでは、今回の更新の新機能と機能向上を理解するうえで必要な情報の概要を示し、更新のために実行する必要があるタスクについて説明します。このガイドは本アップデートでの新規・改善機能の概要を理解するのに必要な情報およびアップデートに必要なタスクについて説明します。個々のセクションは機能の概略説明、その機能を実装に必要なステップ、ヒントおよび考慮点、他に必要なリソースが記述されています。

フィードバックをお寄せください

本書の内容改善のため、ご意見やご提案をお待ちしております。フィードバックは、oracle_fusion_applications_help_ww_grp@oracle.com宛にお送りください。

機能のサマリー

列の定義:

機能は使用可能として提供されます

レポート = 新規または変更済の、Oracleから提供されたすぐに実行可能なレポートです。

UIまたはプロセスベース: 小規模 これらのUIまたはプロセスベースの機能は、通常、フィールド、検証またはプログラムの軽微な変更で構成されます。したがって、ユーザーに対する潜在的な影響は最小になります。

UIまたはプロセスベース: 大規模* これらのUIまたはプロセスベースの機能には、より複雑な設計が含まれます。したがって、ユーザーに対する潜在的な影響は高くなります。

無効化状態で提供されている機能 = エンド・ユーザーがこれらの機能を使用するにはアクションが必要です。これらの機能は無効化されており、有効にするかどうかとその時期は自分で選択します。たとえば、a) 新しいまたは展開されたBIサブジェクト領域は最初にレポートに組み込む必要があり、b) 新しいWebサービスを利用するには統合が必要になり、c) ユーザーが機能にアクセスできるようにするには、それらの機能をユーザー・ロールに割り当てる必要があります。

エンド・ユーザーがすぐに使用可能
(機能が使用可能な状態で提供)

レポートと小規模UIまたはプロセスベースの新機能が更新後にユーザーに与える影響は最小限です。したがって、顧客受入テストでは、大規模UIまたはプロセスベース*の新機能に焦点を当てる必要があります。

エンド・ユーザーが使用する前に処理が必要
(使用不可の状態で提供される機能)

これらの機能をすぐに使用可能にするためにアクションが必要になるため破壊的ではありません。利用することを選択する際には、テストと展開のタイミングを設定します。

機能

レポート

UIまたは
プロセスベース:
小規模

UIまたは
プロセスベース:
大規模*

サブスクリプション管理

アダプティブ・インテリジェンスを使用したサブスクリプション解約の予測

サービス・ロジスティクスの統合

サブスクリプションの監査履歴のトラッキング

分析サブタブを使用したサブスクリプション・レポートの表示

REST APIを使用した支払方法としてのクレジット・カード使用可能

ドリルダウンを使用したサブスクリプションおよびオブジェクト間のナビゲート

サブスクリプション管理

アダプティブ・インテリジェンスを使用したサブスクリプション解約の予測

事前定義済モデルを使用して、サブスクリプション製品の解約の可能性を予測できます。Oracle Data Miningに構築された予測モデルは、現在および履歴のインジケータを使用して解約を予測します。また、モデルによって、解約に関与している上位のドライバもリストされ、営業担当が是正処置を講じることができるようにします。解約の可能性メトリックは、アカウントおよび営業チームがパイプラインを正確に予測して顧客を維持するために是正処置を講じるうえで重要です。

アカウントのリスクありの収益をレビューできます。

アカウントの解約予測

サブスクリプションから、最終計算後に解約の可能性がどのように変更されたかを確認できます。緑色または赤色の矢印は、解約率が改善(減少)しているか、増加しているかを示します。解約の可能性の比率をクリックすると、解約予測の背後にある上位のドライバが要約されます。

解約の可能性の上位のドライバ

有効化のステップ

解約予測を使用するために従う必要のあるステップは、次のとおりです。

解約予測モデルの設定:

  1. 「サブスクリプション構成」作業領域から「解約予測モデルの管理」タスクを使用して、解約予測モデルを設定します。
  2. 解約分析の一部とみなすモデル属性を選択します。デフォルトでは、すべてのモデル属性が選択されています。
  3. モデルから属性を削除するか、含める新規属性を追加します。
  4. 「正確性しきい値」を入力します。デフォルトでは、しきい値は70%に設定されています。
  5. 「アカウント・レベルしきい値」を入力します。デフォルトでは、しきい値は70%に設定されています。
  6. 「情報学習データ期間」を入力します。クローズ日または終了日が情報学習データの日数として指定された時間枠内にある場合は、将来の更改日、失効済レコードおよびクローズ済レコードを含むすべてのアクティブなレコードがデータ・セットに含められます。デフォルトで日数は1,000日に設定されます。

解約予測モデルの管理

予測データの学習:

  1. 「ツール - スケジュール済プロセス」で、スケジュール済プロセスの「解約予測機能の移入」を実行します。
  2. スケジュール済プロセスの「履歴データの学習および解約の可能性の予測」を実行します。このプロセスは、次の3つのモードのいずれかで実行できます。
  • データの学習および予測の実行 - モデルの作成と、それを使用した解約の予測の両方を行います。
  • 予測の実行 - このジョブの以前の実行で作成されたモデルを使用して、解約を予測します。
  • データの学習 - 単に新しいモデルを作成します。

新規サブスクリプションの解約を予測するたびに、このステップを繰り返す必要があります。

解約予測モデルの正確性のレビュー:

解約予測モデルを設定すると、「サブスクリプション構成」作業領域の「モデル正確性の表示」タスクを使用して予測の正確性をレビューできます。予測正確性がしきい値より低い場合、モデルは製品データを予測しません。

モデル正確性の表示

主なリソース

Oracle Help CenterのSubscription Managementのページで入手可能なSubscription Managementの実装ガイドを参照してください。

サービス・ロジスティクスの統合

「サブスクリプション管理」でカバレッジ・オファリングを定義して、修理時に顧客が使用できる資格/権利を決定できます。各ビジネス・プロセスの労働率および割引は、カバレッジ・テンプレートで定義できます。Oracle Integration Cloudを使用して、修理アクティビティが完了した時点でのサービス資格/権利を正確に決定します。

有効化のステップ

  1. 「サブスクリプション構成」作業領域に移動します。
  2. 「資格/権利の管理」セクションで「標準カバレッジ」を選択します。
  3. 「標準カバレッジの管理」ページで、「標準カバレッジの作成」をクリックします。
  4. 編集するテンプレート名をクリックします。
  5. 「標準カバレッジの編集」ページで、「修正」タブをクリックします。
  6. 必要な詳細を追加します。
  7. 「保存してクローズ」をクリックします。

標準カバレッジに対する修正

主なリソース

Oracle Help Centerの「サブスクリプション管理」領域で入手可能なSubscription Managementの実装ガイドを参照してください。

サブスクリプションの監査履歴のトラッキング

サブスクリプションまたはサブスクリプション製品の監査トラッキング機能を使用して、ビジネス・オブジェクトに加えられた変更の履歴を表示できます。

有効化のステップ

サブスクリプションまたはサブスクリプション製品で監査トラッキング機能を使用可能にするステップは、次のとおりです。

  1. 「設定および保守」作業領域にナビゲートします。
  2. 「監査ポリシーの管理」タスクを検索して選択します。
  3. 「監査ポリシーの管理」ページで、「Oracle Fusion Applications」オプションの「ビジネス・オブジェクト属性の構成」をクリックします。 

    監査ポリシーの管理

  4. 「ビジネス・オブジェクト属性の構成」ページで、「製品」ドロップダウン・リストから「サブスクリプション管理」を選択します。
  5. 監査対象の製品を選択します。

ビジネス・オブジェクト属性の構成

  1. 「保存してクローズ」をクリックします。

主なリソース

Oracle Help Centerの次のガイドを参照してください。

  • Subscription Managementの使用(「サブスクリプション管理」領域で入手可能)
  • Subscription Managementの実装(「サブスクリプション管理」領域で入手可能)
  • 営業の実装(「営業」エリアで入手可能)

分析サブタブを使用したサブスクリプション・レポートの表示

サブスクリプション・レポートにアクセスするために、Oracle Transactional Business Intelligence (OTBI)に移動する必要はなくなりました。「分析」サブタブを使用して、サブスクリプション管理内でサブスクリプション・レポートに直接アクセスできます。このサブタブには、次のページからアクセスできます。

  • サブスクリプション・ランディング・ページ
  • サブスクリプション詳細ページ
  • 製品詳細ページ

有効化のステップ

アプリケーション・コンポーザを利用してページ・レイアウトおよび属性を表示および調整します。アプリケーション・コンポーザの使用によるアプリケーションの拡張についてさらに学習するには、Oracle Help Center 関心のあるアプリケーション・サービス領域→「Books」→「Configuration and Extension」を参照してください。

サブスクリプション・ランディング・ページで「分析」タブを使用可能にするステップ

  1. 設定ユーザーとしてアプリケーションにサインインします。
  2. 「構成」および「ページ・コンポーザ」・ツールを有効にしたアクティブなサンドボックスで作業していることを確認します。
  3. 「ナビゲータ」→「構成」→構成をクリックします。
  4. 「ナビゲーション構成」ページで、「サブスクリプション管理」→「サブスクリプション管理」を選択します。
  5. 編集ページ・エントリ: サブスクリプション管理ページで、「タブ」を選択します。
  6. 「名前」列で、「分析」を選択します。「表示」列で、ドロップダウン・リストから「はい」を選択します。

 ノート: 最大3つの「分析」タブを構成できます。

サブスクリプション管理の分析の有効化

  1. 「サブスクリプション構成」作業領域に移動します。
  2. サブスクリプション・ランディング・ページで、「分析」タブをクリックします。
  3. ページ上部の「ツール」→「ページ・コンポーザ」をクリックします。
  4. 「選択」タブをクリックします。ページの右側にペインが表示されます。
  5. このペインを使用して、必要なトランザクションまたは分析ビジネス・レポートを「分析」タブに追加します。
  6. 会社のビジネス・プラクティスに従ってサンドボックスを公開します。

サブスクリプション詳細ページで「分析」タブを使用可能にするステップ:

  1. 設定ユーザーとしてアプリケーションにサインインします。
  2. 「アプリケーション・コンポーザ」および「ページ・コンポーザ」ツールを有効にしたアクティブなサンドボックスで作業していることを確認します。
  3. 「ナビゲータ」→「構成」→「アプリケーション・コンポーザ」をクリックします。
  4. 「アプリケーション・コンポーザ」ページで「オブジェクト」→「標準オブジェクト」→「サブスクリプション」→「ページ」をクリックします。
  5. 「詳細ページ・レイアウト」セクションで、「処理」→「複製」をクリックします。
    1. 「新規レイアウト名」フィールドに名前を入力します。
    2. 「ソース・レイアウト」フィールドで、「標準レイアウト」を選択します。
    3. 「保存してクローズ」をクリックします。
  6. 「非表示、表示または順序変更サブタブ」アイコンをクリックします。
    1. 「サブタブの構成」ダイアログ・ボックスで、「使用可能なサブタブ」セクションから「選択されているサブタブ」セクションに「分析」を移動します。ノート: 最大3つの「分析」タブを移動できます。
    2. 「OK」をクリックします。

サブスクリプション詳細ページでの分析の有効化

  1. 「詳細レイアウト」ページで「完了」をクリックします。
  2. レイアウトのレイアウト・ステータスが「アクティブ」に設定されていることを確認します。
  3. 「サブスクリプション構成」作業領域に移動します。
  4. サブスクリプションを開き、「分析」タブをクリックします。
  5. ページ上部の「ツール」→「ページ・コンポーザ」をクリックします。
  6. 「選択」タブをクリックします。ページの右側にペインが表示されます。
  7. このパネルを使用して、必要なトランザクションまたは分析ビジネス・レポートを「分析」タブに追加します。
  8. 会社のビジネス・プラクティスに従ってサンドボックスを公開します。

同じステップに従って、「オブジェクト」→「標準オブジェクト」→「サブスクリプション製品」→「ページ」を選択し、サブスクリプション製品詳細ページで「分析」タブを有効にします。

主なリソース

Oracle Help CenterのSubscription Managementのページで入手可能なSubscription Managementの実装ガイドを参照してください。

REST APIを使用した支払方法としてのクレジット・カード使用可能

顧客がクレジット・カード支払方法を使用してサブスクリプション・サービスの支払を行う場合は、サブスクリプションRESTサービスを使用して、アップストリーム・システムからクレジット・カード・トークンおよび承認情報を取得できます。

有効化のステップ

REST APIガイドのRESTサービス定義(「Oracle Help Center」関心のあるアプリケーション・サービス領域 →「REST API」から使用可能)を参照してください。OracleのRESTサービスを初めて利用する場合は、「クイック・スタート」セクションから始めることができます。

ドリルダウンを使用したサブスクリプションおよびオブジェクト間のナビゲート

アプリケーション・コンポーザの選択リスト(動的)フィールドを使用して、使用可能なオブジェクト(「アクティビティ」、「商談」など)からサブスクリプションにドリルダウンできます。同様に、サブスクリプションから選択したオブジェクトにドリルダウンすることもできます。各ドリルダウン・リンクでは、ユーザーの権限に基づいてオブジェクトまたはサブスクリプションの詳細を表示および編集できます。

有効化のステップ

アプリケーション・コンポーザを利用してページ・レイアウトおよび属性を表示および調整します。アプリケーション・コンポーザの使用によるアプリケーションの拡張についてさらに学習するには、Oracle Help Center 関心のあるアプリケーション・サービス領域→「Books」→「Configuration and Extension」を参照してください。

「アクティビティ」ページからサブスクリプションにナビゲートするためのリンクを追加する方法を示すステップは、次のとおりです。

  1. 設定ユーザーとしてアプリケーションにサインインします。
  2. 「アプリケーション・コンポーザ」ツールを有効にしたアクティブなサンドボックスで作業していることを確認します。
  3. 「ナビゲータ」→「構成」→「アプリケーション・コンポーザ」をクリックします。
  4. 「アプリケーション・コンポーザ」ページで、「オブジェクト」→「標準オブジェクト」→「アクティビティ」→「フィールド」をクリックします。
    1. 「カスタム」タブで、「アクション」→「作成」をクリックします。
    2. 「フィールド・タイプの選択」ダイアログ・ボックスで、選択リスト(動的)を選択します。
    3. 必要な情報を入力し、「次」をクリックします。
    4. リスト・データ・ソース・セクションから、「関連オブジェクト」フィールドで「サブスクリプション」を選択し、「リスト選択表示値」フィールドで「サブスクリプション番号」を選択します。
    5. 「発行」をクリックします。

動的選択リストの有効化

  1. 「アプリケーション・コンポーザ」ページで、「オブジェクト」→「標準オブジェクト」→「アクティビティ」→「ページ」をクリックします。
  2. 「作成ページ・レイアウト」→「アポイントメント作成」セクションおよび「ランディング・ページ・レイアウト」→「アポイントメント作成」セクションで、両方のセクションに対して次のステップを実行します。
    1. 「処理」→「複製」をクリックします。
    2. 「新規レイアウト名」フィールドに名前を入力します。
    3. 「ソース・レイアウト」フィールドで、「標準レイアウト」を選択します。
    4. 「保存して編集」をクリックします。
    5. 「レイアウト」セクションで「編集」アイコンをクリックします。
    6. 「詳細フォームの構成」セクションで、前に作成した選択リスト・フィールドを「使用可能なフィールド」セクションから「選択したフィールド」セクションに移動します。
    7. 「保存してクローズ」をクリックします。
    8. 「完了」をクリックします。
  3. サイン・アウトして、サブスクリプション担当者としてアプリケーションにサイン・インします。
  4. ナビゲーション→「サービス」→「アクティビティ」をクリックします。
  5. 「アクティビティ」タブをクリックします。
  6. 「アクティビティ」ページで、「アポイントメントの作成」をクリックします。
  7. 「アポイントメントの作成」ページで、上で作成した選択リスト(動的)フィールドから、サブスクリプションを選択します。 

    アポイントメントの作成

  8. 「保存してクローズ」をクリックします。
  9. 「アクティビティ」ページで、サブスクリプション名のリンクをクリックして、選択したサブスクリプション・ページに移動します。

サブスクリプション・ナビゲーション・リンク

同様に、必要なオブジェクトまたはサブスクリプションへのナビゲーション・リンクを追加して、要件に応じてナビゲーションを設定できます。

主なリソース

Oracle Help CenterのSubscription Managementのページで入手可能なSubscription Managementの実装ガイドを参照してください。