クラウド・レディネス / Oracle Supply Chain Collaboration and Visibility Cloud
新機能
  1. 更新19D
  1. 改訂履歴
  2. 概要
  3. 任意の新機能の導入(オプト・イン)
  4. 機能のサマリー
    1. サプライ・チェーン・コラボレーション
      1. コラボレーション・プロセスのいっそう効率的な管理
        1. 外部ソース・システムからのデータを含む供給プランでのコラボレーション
        2. 代替単位によるウォーターフォール・レポートの表示
        3. RESTサービスを使用したサプライ・チェーン・コラボレーション構成設定の管理
    2. コラボレーション・メッセージング・フレームワーク
        1. 購買オーダー番号の使用によるインバウンド請求書や出荷B2Bメッセージの検索
        2. RESTサービスを使用したB2Bアプリケーション・パートナの管理
        3. RESTサービスを使用したB2B事業所コードの管理

更新19D

改訂履歴

本書は、既存の項の変更と、新規情報の追加に伴って、今後も引き続き更新されます。これまでの更新内容は次の表のとおりです。

日付 機能 ノート
2019年9月20日   初版作成。

概要

このガイドでは、今回の更新の新機能と機能向上を理解するうえで必要な情報の概要を示し、更新のために実行する必要があるタスクについて説明します。各項には、機能の簡単な説明、その機能を有効化または開始するために必要なステップ、ヒントや留意すべき考慮事項、および役に立つリソースが記載されています。

セキュリティと新機能

各機能のロール・セクションは、その機能を使用するのに必要なセキュリティ権限とジョブ・ロールを示します。機能の設定が必要な場合は、別途指定されていないかぎり、「アプリケーション実装コンサルタント」ジョブ・ロールで設定を行う必要があります。(機能にロール・セクションが含まれていない場合は、機能を使用するためにセキュリティの変更は不要です。)

ジョブ・ロールを作成した場合は、必要に応じてそれらのロールに新しい権限を追加するためにこの情報を使用できます。

フィードバックをお寄せください

本書の内容改善のため、ご意見やご提案をお待ちしております。フィードバックはoracle_fusion_applications_help_ww_grp@oracle.com宛にお送りください。

任意の新機能の導入(オプト・イン)

Oracle Cloud Applicationsでは四半期ごとに新しい更新が配信されます。 つまり、ビジネスの効率的かつ効果的な管理に役立つ新しい機能を3か月ごとに受け取ります。 一部の機能は使用可能な状態でされ、エンド・ユーザーが即時に使用できます。 その他の機能はすぐ使用できない状態で提供され、使用可能にするために処理を実行する必要があります。 すぐ使用できない状態で提供されている機能は、いくつかの方法でエンド・ユーザーに対してアクティブ化できます。

「新機能」作業領域から「オプト・イン」ページにアクセス

  1. 「ナビゲータ」をクリックし、「新機能」(「自分の企業」見出しの下)をクリックします
  2. 「新機能」ページで、確認する新機能が含まれているオファリングを選択します
  3. オプト・インする機能の「オプト・インに進む」をクリックします
  4. 「機能の編集」ページで、その機能の「使用可能」オプションを選択し、「完了」をクリックします

または、「設定および保守」作業領域から「オプト・イン」ページにアクセスする

  1. 「ナビゲータ」をクリックし、「設定および保守」をクリックします
  2. 「設定」ページでオファリングを選択し、「機能オプト・インの変更」をクリックします
  3. 「オプト・イン」ページで、オプト・インする機能が含まれている領域の「機能の編集」アイコンをクリックします。
  4. 「機能の編集」ページで、オプト・インする機能に対して「使用可能」オプションを選択します。「使用可能」列にチェック・ボックスではなく「編集」アイコンがある場合は、アイコンをクリックし、機能のオプションを選択して「保存してクローズ」をクリックします。 
  5. 「完了」をクリックします。

オプト・イン失効

時折、オプト・インにより無効化状態で提供されている機能が将来の更新で自動的に使用可能になる場合があります。 これは「オプト・イン失効」と呼ばれます。 クラウド・サービスで「オプト・イン失効」がある場合、この文書に関連タブが表示されます。 このタブをクリックすると、最初に機能が無効状態で提供されたのはいつか、そしてこの機能のオプト・インがいつ失効し、自動で使用可能となる見込みかが表示されます。 ここをクリックして、すべてのOracle Cloud Applicationsにわたる「オプト・イン失効」がある機能を確認することもできます。

機能のサマリー

列の定義:

レポート = 新規または変更済の、オラクル社提供の実行可能レポート。

UIまたはプロセスベース: 小規模 = これらのUIまたはプロセスベースの機能は、通常、フィールド、検証またはプログラムのマイナーな変更で構成されています。したがって、ユーザーに対する潜在的な影響は最小になります。

UIまたはプロセスベース: 大規模* = これらのUIまたはプロセスベースの機能には、より複雑な設計が含まれます。したがって、ユーザーに対する潜在的な影響は高くなります。


顧客による処理が必要=これらの機能をエンド・ユーザーが使用する前に処理を実行する必要があります。これらの機能は無効化されており、有効にするかどうかとその時期は自分で選択します。たとえば、a)新しいまたは拡張されたBIサブジェクト領域はまずレポートに組み込む必要があり、b)新しいWebサービスを利用するには統合が必要で、c)機能にアクセスできるようにするにはまずユーザー・ロールに割り当てる必要があります。

エンド・ユーザーがすぐに使用可能
(機能が有効化状態で提供)

レポートと小規模UIまたはプロセスベースの新機能が更新後にユーザーに与える影響は最小限です。したがって、顧客受入テストでは、大規模UIまたはプロセスベース*の新機能に焦点を当てる必要があります。

エンド・ユーザーが使用する前に顧客による処理が必要
(機能は無効化状態で提供)

これらの機能をすぐに使用可能にするためにアクションが必要になるため破壊的ではありません。利用することを選択する際には、テストと展開のタイミングを設定します。

機能

レポート

UIまたは
プロセスベース:
小規模

UIまたは
プロセスベース:
大規模*

顧客による処理が必要

サプライ・チェーン・コラボレーション

コラボレーション・プロセスのいっそう効率的な管理

外部ソース・システムからのデータを含む供給プランでのコラボレーション

代替単位によるウォーターフォール・レポートの表示

RESTサービスを使用したサプライ・チェーン・コラボレーション構成設定の管理

コラボレーション・メッセージング・フレームワーク

購買オーダー番号の使用によるインバウンド請求書や出荷B2Bメッセージの検索

RESTサービスを使用したB2Bアプリケーション・パートナの管理

RESTサービスを使用したB2B事業所コードの管理

サプライ・チェーン・コラボレーション

現在のグローバル・サプライ・チェーンにおいては、サプライヤ、受託製造業者、およびその他の取引先に対する製造業者の依存度が増し加わっています。会社が成功するためには、多層にわたる取引先との間でアクティビティを同期することが不可欠です。Oracle Supply Chain Collaboration Cloudを使用することで、会社は共同で供給を計画し、取引先データを把握し、契約製造の実行を調整し、取引先ネットワーク全体のパフォーマンスを測定できます。取引先が意思決定プロセスに積極的に関与するため、早期に警告のサインを伝えることができ、サプライ・チェーンの問題を協力して解決できます。各サプライヤの規模および技術レベルに応じて、会社はポータル・ベースのユーザー・インタフェース、標準ベースのB2BメッセージまたはWebサービスを使用してやりとりできます。Oracle Supply Chain Collaboration Cloudの柔軟な事前定義済ビジネス・プロセスを、顧客が独自の要件にあわせて調整することもできます。コラボレーションが強化されることにより、取引関係がいっそう動的になり、供給の信頼性と効率が向上します。

コラボレーション・プロセスのいっそう効率的な管理

これらの機能によってエンドツーエンドのコラボレーション・プロセスが合理化され、プランナはコラボレーション結果についての理解を深めることができます。

外部ソース・システムからのデータを含む供給プランでのコラボレーション

Oracle Supply Chain Collaboration Cloudではこれまで、Oracle Supply Chain Management Cloudでモデル化された組織および品目を使用して公開された供給プランのみがサポートされていました。この更新では、外部ソース・アプリケーションからインポートした組織および品目を使用してOracle Supply Chain Planning Cloudから公開された供給プランでコラボレーションできるようになりました。

ノート: 品目および組織がOracle Supply Chain Management Cloudにおいてのみ定義されており、外部アプリケーションでは定義されていない場合、この機能を有効化する必要はありません。

新しい「ソース・システム」属性は、コラボレーション・プランおよびコラボレーション関係の品目および組織が、Oracleアプリケーションと外部ソース・アプリケーションのどちらから導出されるかを示します。属性値が「Oracle」の場合、品目および組織はOracle Fusion製品データ・モデル内で定義されます。属性値が「外部」の場合、品目および組織は外部ソース・アプリケーションからインポートされたサプライ・チェーン・プランニングで定義されます。一部はOracleアプリケーションで、一部は外部アプリケーションで定義された供給プランはサポートされていません。

コラボレーションするサプライヤは常にOracle Fusion取引先コミュニティ・モデル内で作成され、サプライヤとサプライヤ・サイトの名前はサプライ・チェーン・プランニングで定義されている名前と一致する必要があります。

次に、「ソース・システム」属性を表示する構成および実行時ビューを示します。

  • 「コラボレーション・プランの管理」ページで、コラボレーション・プランの検索結果のソース・システムを表示できます。collaborationPlans RESTサービスを使用してプランのソースを表示することもできます。

  • サプライ・チェーン・コラボレーション・ネットワークの管理ページで、コラボレーション関係の検索結果のソース・システムを表示できます。外部ソース・アプリケーションで定義された供給プランでは、サプライ・チェーン・コラボレーション・ネットワークが必要です。外部関係はコラボレーション関係候補を使用して作成できます。collaborationRelationships RESTサービスを使用して関係のソースを表示することもできます。

  • 「コラボレーション・プランナの管理」ページで、コラボレーション・プランナを外部ソース・アプリケーションで作成された組織に割り当てることができます。コラボレーション・プランナを組織に割り当てるにはcollaborationPlanners RESTサービスを使用できます。

  • 「オーダー予測およびコミットの管理」ページでは、ソース・システムで検索し、検索結果でソース・システムを表示できます。

  • インフォレットでは、コラボレーション・タスク、オーダー予測変更、期限超過コミット、予測コミット・ステータスおよび関係候補について「表示別」フィルタを使用して、外部組織で検索できます。

デモを見る

有効化のステップ

外部ソース・システムを使用したコラボレーションを有効にし、サプライ・チェーン・コラボレーション設定の管理を使用して外部品目用に品目カタログを定義します。

  1. 「設定および保守」作業領域で、「サプライ・チェーン・コラボレーション設定の管理」タスクを使用します。
  • オファリング: 製造およびサプライ・チェーン資材管理
  • 機能領域: サプライ・チェーン・コラボレーション
  • タスク: サプライ・チェーン・コラボレーション設定の管理
  1. 「サプライ・チェーン・コラボレーション設定の管理」ページで、次を実行します。
  • 「ソース・システム」セクションで、「外部ソース・システムを使用したコラボレーション使用可能」について、「はい」を選択します。デフォルト値は「いいえ」です。
  • 外部品目の品目カテゴリを解決する品目カタログを選択します。

たとえば次のイメージでは、新しい「ソース・システム」セクションに、該当する設定が表示されています。

サプライ・チェーン・コラボレーション設定の管理

主なリソース

ロール情報

この機能へのアクセスは、事前定義されているジョブ・ロールおよび権限を介して使用可能です。既存のサプライ・チェーン・コラボレーション・プランナ・ロールを使用して、サプライ・チェーン・コラボレーションのエンタープライズ・ユーザーとして「オーダー予測およびコミットの管理」ページで外部ソース・アプリケーションからのデータを含むサプライ・プランでのコラボレーションを行います。既存のサプライヤ需要プランナ・ロールを使用して、Oracle Supplier Portal Cloudのサプライヤ担当者として「オーダー予測およびコミットの管理」ページで外部ソース・アプリケーションからのデータを含むサプライ・プランでのコラボレーションを行います。

この機能を使用するには、次の権限またはロールが必要です。

サプライ・チェーン・コラボレーション

  • 権限名およびコード:
    • 企業ユーザーとしてオーダー予測にコミット(VCS_COMMIT_ORDER_FORECAST_ENTERPRISE)
  • ジョブ・ロール名およびコード: 
    • サプライ・チェーン・コラボレーション・プランナ(ORA_VCS_SUPPLY_COLLAB_PLANNER)

サプライヤ・ポータル

  • 権限名およびコード:
    • サプライヤとしてオーダー予測にコミット(VCS_COMMIT_ORDER_FORECAST_SUPPLIER)
  • ジョブ・ロール名およびコード:
    • サプライヤ需要プランナ(ORA_POS_SUPPLIER_DEMAND_PLANNER)

代替単位によるウォーターフォール・レポートの表示

ほとんどの場合、プランニング・アプリケーションで使用される単位(UOM)は、商品のレポートや購買、販売、在庫で使用される単位とは異なります。この機能を使用すると、品目のプライマリ単位だけでなく、選択した単位でウォーターフォール・レポートのオーダー予測とコミットをレビューできます。関連付けられた単位の換算がある新しいReporting UOM Prompt属性により、この要件が容易になります。ウォーターフォール・レポートでレポート単位を選択し、選択した単位でオーダー予測とコミットを表示できます。

「サプライ・チェーン・コラボレーション - 供給プランニング・リアルタイム」サブジェクト領域には次の新しい属性が含まれます。

  • 品目プライマリ単位
  • Reporting UOM Prompt
  • プライマリからレポートへの単位換算

「サプライ・チェーン・コラボレーション - 供給プランニング・リアルタイム」サブジェクト領域

これらの新しい属性を使用して、関係、サプライヤ、サプライヤ・サイト、出荷先および品目に基づいてすべてのウォーターフォール・レポートを更新したり、予測とコミットの両方についてサポート・レコード詳細およびバージョン詳細のレポートを更新できます。

たとえば、次のイメージは、UOMがプライマリの場合の関係別オーダー予測ウォーターフォール・レポートを示しています。

プライマリ単位による関係別ウォーターフォール・レポート

たとえば、次のイメージは、UOMがレポートで、レポート単位が5のボックスの場合の関係別オーダー予測ウォーターフォール・レポートを示しています。

レポート単位による関係別ウォーターフォール・レポート

有効化のステップ

新規サブジェクト領域は、既存のレポートに追加するか、新規レポートで使用することで利用できます。レポートの作成および編集の詳細は、『分析とレポートの作成および管理』ガイドを参照してください(Oracle Help Center関心のあるアプリケーション・サービス領域 →「Administration」から利用できます)。

ヒントと考慮事項

レポート・アーティファクトの後方互換性をサポートするために、この機能で必要となるオブジェクトに新しい分析が追加されています。この新しいアーティファクトは、バージョン2であることを示すために名前がV2で終わっています。たとえば、更新されたウォーターフォール・レポートでは、Prompt_Operator_Aggregatorに代わってPrompt_Operator_Aggregator_V2という名前の新しいダッシュボード・プロンプトが追加されています。

RESTサービスを使用したサプライ・チェーン・コラボレーション構成設定の管理

RESTサービスを使用して、供給プランニング・コラボレーションおよびベンダー管理在庫ビジネス・プロセスのコラボレーション構成を管理できます。

コラボレーション・パラメータRESTサービスを使用して、ユーザー・インタフェースの「サプライ・チェーン・コラボレーション設定の管理」タスクで使用可能な設定を、次のパラメータとともに定義します。

  • 未管理供給プラン公開サイクル
  • コラボレーション・オーダー予測リアルタイム・ダウンロード制限
  • ファイル・アップロード保持ポリシー
  • インタフェース表データのデータ保持ポリシー

有効化のステップ

REST APIガイドのRESTサービス定義(「Oracle Help Center」関心のあるアプリケーション・サービス領域 →「REST API」から使用可能)を参照してください。OracleのRESTサービスを初めて利用する場合は、「クイック・スタート」セクションから始めることができます。

主なリソース

ロール情報

この機能を使用するには、次の権限またはロールが必要です。

  • 権限名およびコード:
    • コラボレーション設定の管理(VCS_MANAGE_SCC_SETTINGS_PRIV)
  • ジョブ・ロール名およびコード:
    • サプライ・チェーン・アプリケーション管理者(ORA_RCS_SUPPLY_CHAIN_APPLICATION_ADMINISTRATOR_JOB)

コラボレーション・メッセージング・フレームワーク

企業間(B2B)メッセージングは協力関係における重要な要素であり、これにより取引先間で交換できる情報の質や数、頻度が向上します。ただし、B2Bの規格の違い、取引先の技術的な能力および多様性により、これを確立して保守するためのコストが高く付く場合があります。Oracle Supply Chain Collaboration and Visibility Cloudでは、取引先とのB2B通信を管理するためにOracle Collaboration Messaging Frameworkを利用します。これは、B2Bソリューション・プロバイダまたはオンプレミスのB2Bアプリケーションを介して、あるいは取引先に直接標準ベースのB2Bメッセージをマップおよびルーティングする次世代のB2Bメッセージング・プラットフォームです。Oracle Collaboration Messaging Frameworkは、すべてのOracle Cloud Applications環境に追加費用なしで含まれている共通インフラストラクチャ・コンポーネントです。また、Oracle Cloud Applicationsとの緊密な統合により、Oracle Supply Chain Collaboration Cloud顧客が複数の取引先接続を簡単に設定および管理できるようになります。

購買オーダー番号の使用によるインバウンド請求書や出荷B2Bメッセージの検索

購買オーダー番号を使用して、サプライヤに送信された購買オーダーB2Bメッセージや、サプライヤから受信した請求書および出荷通知B2Bメッセージを検索できます。

1つの購買オーダーに対して複数の出荷および請求書が存在する場合があります。この新しい検索オプションは、「コラボレーション・メッセージング履歴の管理」タスクを使用してその購買オーダーのすべての出荷または請求書のメッセージを検索するのに役立ちます。

結果セットには販売先法的エンティティも表示されます。

有効化のステップ

この機能を有効にするために何もする必要はありません。

主なリソース

  • Oracle SCM Cloud共通機能の実装ガイド(Oracle Help Centerからアクセスできます)。

ロール情報

この機能を使用するには、次の権限またはロールが必要です。

  • 権限名およびコード:
    • コラボレーション・メッセージング履歴の管理(CMK_COLLAB_MESG_HISTORY_PRIV)
  • 職務ロール名およびコード:
    • コラボレーション・メッセージング・マネージャ(ORA_CMK_COLLAB_MESG_MANAGER_DUTY)
  • ジョブ・ロール名およびコード:
    • B2B管理者(ORA_CMK_B2B_ADMINISTRATOR_ABSTRACT)
    • コラボレーション・メッセージング・マネージャ(ORA_CMK_COLLAB_MESG_MANAGER_DUTY)
    • B2Bメッセージング管理(ORA_CMK_B2B_MESG_ADMIN_DUTY)

RESTサービスを使用したB2Bアプリケーション・パートナの管理

RESTサービスを使用して、B2Bアプリケーション・パートナの作成、問合せおよび更新ができます。B2Bアプリケーション・パートナRESTサービスを使用して、B2B取引先と顧客、顧客アカウントまたはサプライヤ・サイトの間の相互参照を作成または更新します。

有効化のステップ

REST APIガイドのRESTサービス定義(「Oracle Help Center」関心のあるアプリケーション・サービス領域 →「REST API」から使用可能)を参照してください。OracleのRESTサービスを初めて利用する場合は、「クイック・スタート」セクションから始めることができます。

主なリソース

  • Oracle Supply Chain Management Cloud REST APIガイド(Oracle Help Centerからアクセスできます)

ロール情報

この機能を使用するには、次の権限またはロールが必要です。

  • 権限名およびコード:
    • Webサービスによるアプリケーション・パートナの管理(CMK_MANAGE_APPLICATION_PARTNERS_WEB_SERVICE_PRIV)
    • Webサービスによるアプリケーション・パートナの表示(CMK_VIEW_APPLICATION_PARTNERS_WEB_SERVICE_PRIV)
  • ジョブ・ロール名およびコード:
    • B2B管理者(ORA_CMK_B2B_ADMINISTRATOR_ABSTRACT)

RESTサービスを使用したB2B事業所コードの管理

RESTサービスを使用して、B2Bア事業所コードの作成、問合せおよび更新ができます。B2B事業所コードRESTサービスを使用して、顧客サイトに事業所コードを割り当てるか、顧客サイトから事業所コードを削除します。

有効化のステップ

REST APIガイドのRESTサービス定義(「Oracle Help Center」関心のあるアプリケーション・サービス領域 →「REST API」から使用可能)を参照してください。OracleのRESTサービスを初めて利用する場合は、「クイック・スタート」セクションから始めることができます。

主なリソース

  • Oracle Supply Chain Management Cloud REST APIガイドを参照してください(Oracle Help Centerからアクセスできます)。

ロール情報

この機能を使用するには、次の権限またはロールが必要です。

  • 権限名およびコード:
    • WebサービスによるB2B事業所の表示(CMK_VIEW_B2B_LOCATIONS_WEB_SERVICE_PRIV)
    • WebサービスによるB2B事業所の管理(CMK_MANAGE_APPLICATION_PARTNERS_WEB_SERVICE_PRIV)
  • 職務ロール名およびコード:
    • コラボレーション・メッセージング読取り専用(ORA_CMK_COLLAB_MESG_READ_ONLY_DUTY)
    • B2Bメッセージング管理(ORA_CMK_B2B_MESG_ADMIN_DUTY)
    • コラボレーション・メッセージング設定(ORA_CMK_COLLAB_MESG_SETUP_DUTY)
  • ジョブ・ロール名およびコード: 
    • B2B管理者(ORA_CMK_B2B_ADMINISTRATOR_ABSTRACT)