日本語PDF

Oracle Blockchain Table

ブロックチェーン表は、挿入操作のみできる追加専用の表です。行の削除は、禁止または時間に基づいて制限されます。ブロックチェーン表内の行は、特殊なシーケンシングおよび連鎖のアルゴリズムによって改ざん防止状態になっています。ユーザーは、行が改ざんされていないことを確認できます。行メタデータの一部であるハッシュ値は、行の連鎖および検証に使用されます。

ブロックチェーン表は、参加者がOracle Databaseプロバイダを信頼していても、データが改ざんされていないことを検証する手段を求めている場合のブロックチェーン・アプリケーションを実装するために使用できます。この参加者とは、Oracle Databaseプロバイダを信頼して検証可能な改ざん耐性のあるトランザクションのブロックチェーンを維持する、各種のデータベース・ユーザーのことです。すべての参加者には、ブロックチェーン表にデータを挿入する権限が必要です。ブロックチェーン表の内容はアプリケーション単位で定義および管理され、いくつかの追加メタデータ・フィールドがOracle Databaseによって管理されます。検証可能な暗号化保護のデータ管理を実践している信頼できるプロバイダの活用により、このようなアプリケーションでは分散合意の要件を回避できます。これにより、分散ピア・ツー・ピア・ブロックチェーンの大部分の保護を実現するだけでなく、分散合意を使用するピア・ツー・ピア・ブロックチェーンと比較したときに、スループットの大幅な向上とトランザクション待機時間の短縮も実現します。