日本語PDF

1.93 DB_RECOVERY_FILE_DEST

DB_RECOVERY_FILE_DESTには、高速リカバリ領域のデフォルトの位置を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

DB_RECOVERY_FILE_DEST = directory | disk group

デフォルト値

デフォルト値はありません。

変更可能

ALTER SYSTEM ... SID='*'

PDBで変更可能

いいえ

基本

はい

Oracle RAC

すべてのインスタンスに、このパラメータを設定する必要がある。また、複数インスタンスには、同じ値を指定する必要がある。

高速リカバリ領域には、アーカイブREDOログ、フラッシュバック・ログおよびRMANバックアップの他に、現行の制御ファイルやオンラインREDOログの多重コピーが含まれています。

このパラメータを指定する場合は、DB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZE初期化パラメータも同時に指定します。

関連項目: