日本語PDF

ALTER FUNCTION

目的

ファンクションはPL/SQLを使用して定義されます。このため、この項では一般的な情報について説明します。構文およびセマンティクスの詳細は、『Oracle Database PL/SQL言語リファレンス』を参照してください。

ALTER FUNCTION文を使用すると、無効なスタンドアロンのストアド・ファンクションを再コンパイルできます。明示的に再コンパイルすることによって、実行時に暗黙的に再コンパイルする必要がなくなり、また、実行時のコンパイル・エラーとパフォーマンス上のオーバーヘッドもなくなります。

この文では、既存のファンクションの宣言または定義は変更されません。ファンクションを再宣言または再定義する場合は、OR REPLACE句を指定してCREATE FUNCTION文を使用します。「CREATE FUNCTION」を参照してください。

前提条件

ファンクションが自分のスキーマ内にある必要があります。自分のスキーマ内にない場合は、ALTER ANY PROCEDUREシステム権限が必要です。

構文

alter_function::=

(function_compile_clause: この句の構文の詳細は、『Oracle Database PL/SQL言語リファレンス』を参照してください。)

セマンティクス

schema

ファンクションが含まれているスキーマを指定します。schemaを指定しない場合、ファンクションは自分のスキーマ内にあるとみなされます。

function_name

再コンパイルするファンクション名を指定します。

function_compile_clause

この句の構文とセマンティクスの詳細およびファンクションの作成とコンパイルの詳細は、『Oracle Database PL/SQL言語リファレンス』を参照してください。

EDITIONABLE | NONEDITIONABLE

この句を使用すると、schemaのスキーマ・オブジェクト・タイプFUNCTIONのエディショニングが後で有効化されたときに、そのファンクションをエディション・オブジェクトにするか非エディション・オブジェクトにするかを指定できます。デフォルトは、EDITIONABLEです。エディション・オブジェクトと非エディション・オブジェクトの変更の詳細は、『Oracle Database開発ガイド』を参照してください。