日本語PDF

APPROX_COUNT

目的

APPROX_COUNTは、式の近似カウントを戻します。MAX_ERRORを2番目の引数として指定すると、このファンクションは、実際のカウントと近似カウントの間の最大エラーを戻します。

このファンクションは、HAVING句で対応するAPPROX_RANKファンクションとともに使用する必要があります。問合せでAPPROX_COUNTAPPROX_SUMまたはAPPROX_RANKを使用する場合、その問合せでは他の集計ファンクションを使用しないでください。

次の問合せでは、各部門内の10個の最も一般的なジョブが戻されます。

SELECT department_id, job_id, 
       APPROX_COUNT(*) 
FROM   employees
GROUP BY department_id, job_id
HAVING 
  APPROX_RANK ( 
  PARTITION BY department_id 
  ORDER BY APPROX_COUNT(*) 
  DESC ) <= 10;