日本語PDF

FEATURE_VALUE

構文

feature_value::=

分析構文

feature_value_analytic::=

mining_attribute_clause::=

mining_analytic_clause::=

関連項目:

mining_analytic_clauseの構文、セマンティクスおよび制限事項の詳細は、「分析ファンクション」を参照してください。

目的

FEATURE_VALUEは、選択内に含まれる各行の特徴の値を返します。この値は、最も値が大きい特徴または指定されたfeature_idを参照します。特徴の値は、BINARY_DOUBLEとして返されます。

構文の選択

FEATURE_VALUEは、2つの方法のどちらかでデータにスコアを付けます。1つの方法では、データにマイニング・モデル・オブジェクトを適用します。もう1つの方法では、1つ以上の一時マイニング・モデルを作成して適用する分析句を実行して動的にデータをマイニングします。構文または分析構文を選択します。

  • 構文 — 事前に定義されたモデルでデータにスコアを付ける場合は、最初の構文を使用します。特徴抽出モデルの名前を指定します。

  • 分析構文 — 事前定義されたモデルなしで、データにスコアを付ける場合は、分析構文を使用します。INTO n (nは、抽出する特徴の数)と、mining_analytic_clause (複数のモデル構築のためにデータをパーティション化する必要がある場合に指定します)を含めます。mining_analytic_clauseは、query_partition_clauseorder_by_clauseをサポートします。(analytic_clause::=を参照。)

FEATURE_VALUEファンクションの構文では、パーティション化されたモデルをスコアリングするときに、オプションのGROUPINGヒントを使用できます。「GROUPINGヒント」を参照してください。

mining_attribute_clause

mining_attribute_clauseは、スコアの予測子として使用する列の属性を特定します。分析構文でファンクションが起動されると、このデータは一時モデルの構築にも使用されます。mining_attribute_clauseは、PREDICTIONファンクションと同様に動作します。(「mining_attribute_clause::=」を参照)

関連項目:

ノート:

次に示す例は、Data Miningのサンプル・プログラムからの抜粋です。サンプル・プログラムの詳細は、Oracle Data Miningユーザーズ・ガイドの「付録A」を参照してください。

次の例では、特徴3に対応する顧客を、一致する品質の順序で示します。

SELECT *
  FROM (SELECT cust_id, FEATURE_VALUE(nmf_sh_sample, 3 USING *) match_quality
          FROM nmf_sh_sample_apply_prepared
          ORDER BY match_quality DESC)
  WHERE ROWNUM < 11;

   CUST_ID MATCH_QUALITY
---------- -------------
    100210    19.4101627
    100962    15.2482251
    101151    14.5685197
    101499    14.4186292
    100363    14.4037396
    100372    14.3335148
    100982    14.1716545
    101039    14.1079914
    100759    14.0913761
    100953    14.0799737