日本語PDF

期間式

期間式は、INTERVAL YEAR TO MONTHまたはINTERVAL DAY TO SECONDの値を戻します。

interval_expression::=

expr1およびexpr2は、データ型DATETIMESTAMPTIMESTAMP WITH TIME ZONEまたはTIMESTAMP WITH LOCAL TIME ZONEの値に評価される任意の式にすることが可能です。

表2-5で定義される規則に従って、日時および期間を組み合せることができます。期間の値を戻す6つの組合せは、期間式で有効です。

leading_field_precisionおよびfractional_second_precisionは、0から9の任意の整数です。DAYまたはYEARのいずれかでleading_field_precisionを省略すると、デフォルト値である2が使用されます。秒でfractional_second_precisionを省略すると、データベースはデフォルト値である6を使用します。問合せで戻された値にデフォルトの精度を超える桁数が含まれる場合、Oracle Databaseはエラーを戻します。したがって、問合せで戻されるとわかっている値以上の精度を指定することをお薦めします。

たとえば、次の文は、システム・タイムスタンプ(日時の値)からサンプル表ordersorder_date列の値(別の日時の値)を減算して、期間値の式を戻します。一番古い注文が発注されたのが何日前かわからないため、DAYの先行フィールド精度に最大値である9を指定します。

SELECT (SYSTIMESTAMP - order_date) DAY(9) TO SECOND FROM orders
   WHERE order_id = 2458;