日本語PDF

JSON_OBJECTAGG

JSON_on_null_clause::=

JSON_agg_returning_clause::=

目的

SQL/JSONファンクションJSON_OBJECTAGGは集計ファンクションです。これは、その入力として、プロパティのキーと値のペアを取得します。通常、プロパティ・キー、プロパティ値またはその両方はSQL式の列です。このファンクションは、キーと値のペアごとのオブジェクト・メンバーを構成し、それらのオブジェクト・メンバーを含む単一のJSONオブジェクトを戻します。

[KEY] string VALUE expr

この句を使用して、プロパティのキーと値のペアを指定します。

  • KEYはオプションで、セマンティクスを明確にするために使用されます。

  • stringを使用して、大/小文字を区別するテキスト・リテラルとしてプロパティ・キー名を指定します。

  • exprを使用して、プロパティ値を指定します。exprには、SQL数値リテラル、テキスト・リテラル、日付、タイムスタンプのいずれかに評価される任意の式を指定できます。日付およびタイムスタンプのデータ型は、生成されるJSONオブジェクトまたは配列に、ISO8601日付書式に従ったJSON文字列として出力されます。exprが数値リテラルと評価される場合は結果のプロパティ値がJSON数値になり、そうでない場合は結果のプロパティ値が二重引用符で囲まれた大/小文字を区別するJSON文字列値になります。

FORMAT JSON

このオプション句を使用すると、入力文字列がJSONであることを示すため、出力で引用符に囲まれません。

JSON_on_null_clause

この句を使用して、exprがNULLと評価される場合のこのファンクションの動作を指定します。

  • NULL ON NULL: NULL ON NULLが指定されている場合は、JSON NULL値は、指定したキーの値として使用されます。

  • ABSENT ON NULL - この句を指定した場合は、JSONオブジェクトからプロパティのキーと値のペアが省略されます。

JSON_agg_returning_clause

この句を使用して、このファンクションで戻される文字列のデータ型を指定します。次のデータ型を指定できます。

  • VARCHAR2[(size [BYTE,CHAR])]

    SQLでVARCHAR2データ型を指定する場合、サイズを指定する必要があります。ただし、この句はサイズを省略できます。

  • シングルバイト文字またはマルチバイト・キャラクタを含むキャラクタ・ラージ・オブジェクトを戻すCLOB

  • AL32UTF8文字セットのバイナリ・ラージ・オブジェクトを戻すBLOB

この句を省略するか、VARCHAR2を指定してsize値を省略した場合、JSON_OBJECTAGGVARCHAR2(4000)型の文字列を戻します。

前述のデータ型の詳細は、「データ型」を参照してください。

STRICT

STRICT句を指定して、JSON生成ファンクションの出力が正しいJSONであることを確認します。チェックに失敗すると、構文エラーが発生します。

例については、JSON_OBJECTを参照してください。

WITH UNIQUE KEYS

WITH UNIQUE KEYSを指定すると、生成されたJSONオブジェクトが一意キーを持つことが保証されます。

次の例では、メンバーに部門名と部門番号が含まれるJSONオブジェクトを構成します。

SELECT JSON_OBJECTAGG(KEY department_name VALUE department_id) "Department Numbers"
  FROM departments
  WHERE department_id <= 30;

Department Numbers
----------------------------------------------------
{"Administration":10,"Marketing":20,"Purchasing":30}