日本語PDF

SYSTIMESTAMP

構文

目的

SYSTIMESTAMPは、データベースが存在するシステムの、秒の小数部とタイムゾーンを含む日付を戻します。戻り値の型は、TIMESTAMP WITH TIME ZONEです。

次の例では、システムのタイムスタンプを戻します。

SELECT SYSTIMESTAMP FROM DUAL;

SYSTIMESTAMP
------------------------------------------------------------------
28-MAR-00 12.38.55.538741 PM -08:00

次の例では、秒の小数部を明示的に指定する方法を示します。

SELECT TO_CHAR(SYSTIMESTAMP, 'SSSSS.FF') FROM DUAL;

TO_CHAR(SYSTIME
---------------
55615.449255

次の例では、指定したタイムゾーンでの現在のタイムスタンプを戻します。

SELECT SYSTIMESTAMP AT TIME ZONE 'UTC' FROM DUAL;
 
SYSTIMESTAMPATTIMEZONE'UTC'
---------------------------------------------------------------------------
08-07-21 20:39:52,743557 UTC

この例の出力書式は、セッションのNLS_TIMESTAMP_TZ_FORMATによって異なります。