日本語PDF

SYS_CONNECT_BY_PATH

構文

目的

SYS_CONNECT_BY_PATHは、階層問合せのみで有効です。このファンクションは、ルートからノードへの列の値のパスを、CONNECT BY条件によって戻された各行をcharで区切った列の値とともに戻します。

columnおよびcharは、CHARVARCHAR2NCHARまたはNVARCHAR2データ型です。戻される文字列は、VARCHAR2データ型であり、columnと同じ文字セットです。

関連項目:

次の例では、従業員KochharからKochharのすべての従業員(およびそれらの従業員の従業員)への従業員名のパスを戻します。

SELECT LPAD(' ', 2*level-1)||SYS_CONNECT_BY_PATH(last_name, '/') "Path"
   FROM employees
   START WITH last_name = 'Kochhar'
   CONNECT BY PRIOR employee_id = manager_id;

Path
------------------------------
     /Kochhar/Greenberg/Chen
     /Kochhar/Greenberg/Faviet
     /Kochhar/Greenberg/Popp
     /Kochhar/Greenberg/Sciarra
     /Kochhar/Greenberg/Urman
     /Kochhar/Higgins/Gietz
   /Kochhar/Baer
   /Kochhar/Greenberg
   /Kochhar/Higgins
   /Kochhar/Mavris
   /Kochhar/Whalen
 /Kochhar