Oracle® Linux

UEFI Secure Boot更新通知

F12070-06

2020年10月

概要

このドキュメントには、Oracleによってリリースされたカーネルおよびgrubパッケージに署名するためにOracleが使用するUEFI Secure Boot署名鍵の更新に関する情報が含まれています。 UEFI Secure Boot用に構成されたシステムでは、Unbreakable Enterprise KernelとRed Hat Compatible Kernel (RHCK)の両方のユーザーが更新の影響を受ける可能性があります。 このドキュメントはリリース後に更新されている可能性があります。 このドキュメントの更新版を確認したり、その他のOracleドキュメントを参照するには、Oracle Technology Network (OTN) Webサイトのドキュメントのセクションを参照してください。

https://docs.oracle.com/en/operating-systems/linux.html

このドキュメントは、Oracle Linuxのユーザーおよび管理者を対象にしています。 ここでは、Oracleによってリリースされたカーネルおよびgrubパッケージに署名するためにOracleによって使用されるUEFI Secure Boot署名鍵の更新について説明します。 これらの更新は、UEFI Secure Boot用に構成されたシステム上のUnbreakable Enterprise KernelとRed Hat Compatible Kernel (RHCK)の両方のユーザーに影響します。 このドキュメントでは、UEFI Secure Bootを使用している場合にシステムを更新する方法、および以前の署名鍵によって署名されたカーネルを使用する必要がある場合にダウングレードを処理する方法について説明します。 UEFI Secure Bootを使用する場合は、カーネルをアップグレードまたはダウングレードする前にこのドキュメントを読むことをお薦めします。

ドキュメント作成日: 2020年10月09日(改訂: 10859)