ヘッダーをスキップ

Oracle Application Serverインストレーション・ガイド
10g (10.1.4.0.1) for HP-UX PA-RISC (64-bit)

B31747-02
目次
目次
索引
索引

戻る 次へ

E Configuration Assistant

この付録では、Configuration Assistantおよびそのログ・ファイルの場所を示します。

E.1 Configuration Assistantのトラブルシューティング

内容は次のとおりです。

E.1.1 一般的なヒント

Configuration Assistantが失敗した場合は、次の手順で障害を修正します。

  1. F.1項「ログ・ファイル」に示したインストール・ログ・ファイルを調べます。

  2. 失敗したConfiguration Assistantのログ・ファイルを調べます。E.2項「Oracle Application Server Configuration Assistantの説明」に、Configuration Assistantのログ・ファイルを示します。エラーの原因となった問題を修正します。

  3. 失敗したConfiguration Assistantに依存関係がある場合は、その依存関係にあるものを再度実行します。依存関係にあるものが無事完了している場合でも、この作業は必ず行ってください。

  4. インストーラで、失敗したConfiguration Assistantを選択し、「再試行」をクリックして再度実行します。

    再試行」をクリックしてもConfiguration Assistantが失敗する場合は、/tmp/EM_CONFIG_INSTALL.lkファイルを削除して、Configuration Assistantを再実行します。

    再試行」をクリックしてもConfiguration Assistantが再度失敗する場合は、ORACLE_HOME/sysman/emd/targets.xmlファイルからコンポーネント・エントリを削除します。たとえば、次の行はtargets.xmlファイルのOracle Containers for J2EEエントリを示します。

    <Target TYPE="oc4j" NAME="instance2.domain.com_home" DISPLAY_NAME="home" 
    VERSION="1.3" DISABLED="TRUE">
       <Property NAME="HTTPMachine" VALUE="stacu02.us.oracle.com"/>
       <Property NAME="OracleHome" VALUE="/local_host/oracle/product/10.1.4IM/
    OracleAS"/>
       <Property NAME="version" VALUE="9.0.4"/>
       <AssocTargetInstance ASSOC_TARGET="ias" TYPE="oracle_ias" 
    NAME="instance2.domain.com"/>
       <CompositeMembership>
          <MemberOf TYPE="oracle_ias" NAME="instance2.domain.com"/>
       </CompositeMembership>
    </Target>
    
    
  5. オプションのConfiguration Assistantが失敗した場合、そのConfiguration Assistantに依存関係がなければ、残りのConfiguration Assistantを実行します。取り消されたオプションのConfiguration Assistantの選択を解除し、次に示されたConfiguration Assistantを選択して、「再試行」をクリックします。

  6. コマンドラインでConfiguration Assistantの実行コマンドを実行しているときに、Configuration Assistantに障害が発生した場合は、Configuration Assistantの実行コマンドを再実行します。

    ORACLE_HOME/binディレクトリにあるconfigtoolcmds.plという名前で生成されたスクリプト・ファイルを使用して、失敗したConfiguration Assistantを再実行できます。configtoolcmds.plスクリプトは、インストーラを終了した後に生成されます。サイレント・インストールまたは非対話型インストールでは、Configuration Assistantが失敗した直後に、configtoolcmds.plスクリプトが生成されます。

  7. 「致命的エラーです。再インストールしてください。」というメッセージが表示された場合は、ログ・ファイルを分析して障害の原因を突き止めます。致命的エラーは、障害を修正して続行してもリカバリできません。現在のインストールを削除して、Oracle Application Serverを再インストールする必要があります。次の説明に従って、リカバリ手順を実行してください。

    1. 付録D「削除および再インストール」に記載されている手順に従って、失敗したインストールを削除します。

    2. 致命的エラーの原因を修正します。

    3. Oracle Application Serverを再インストールします。

    4. 致命的エラーが再発する場合は、コンピュータ上のOracleインストールをすべて削除する必要があります。

E.1.2 Configuration Assistantの結果コード

Configuration Assistantが失敗すると、インストール画面の下半分にエラー・メッセージが表示され、Configuration Assistantによって次のログ・ファイルに結果コード(表E-1)が書き込まれます。

oraInventory/logs/installActionstimestamp.log

表E-1    Configuration Assistantの結果コード 
結果コード  説明 

0 

Configuration Assistantの成功 

1 

Configuration Assistantの失敗 

-1 

Configuration Assistantの取消 

E.2 Oracle Application Server Configuration Assistantの説明

表E-2に、Oracle Application Server Configuration Assistantをアルファベット順に示します。選択したインストール・タイプと構成オプションに応じて、インストールごとに使用するConfiguration Assistantが異なります。

次のパスには、ディレクトリ・デリミタとして「/」が使用されていることに注意してください。これは、システムに応じて変更する必要がある場合があります。たとえば、Windowsシステムの場合は「¥」を使用します。

表E-2    Oracle Application Server Configuration Assistant 
Configuration Assistant  説明  ログ・ファイルの場所 

Application Server Control Configuration Assistant 

Oracle Management AgentとApplication Server Controlを起動し、Oracle Enterprise Manager 10g Application Server Controlを介してアプリケーションを配置します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log
 

Database Configuration Assistant 

OracleAS InfrastructureのOracleAS Metadata Repositoryを構成します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log
 

Database Migration Assistant 

古いバージョンのインフラストラクチャ・データベースを現在のバージョンのインフラストラクチャ・データベースに移行します。

この移行アシスタントを実行する前に、データベースが起動され、実行されていることを確認します。 

ORACLE_HOME/assistants/dbma/logs
 

Database-managed OracleAS Cluster Assistant 

選択したデータベースに対してクラスタの構成を有効にします。 

ORACLE_HOME/config/infratool_dcm_repository.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/infratool_dcm_repository.log
 

DCM Repository Backup Assistant 

DCMリポジトリをバックアップできます。 

ORACLE_HOME/dcm/logs
 

Delegated Administration Service Configuration Assistant 

Oracle Delegated Administration ServicesのURLをOracle Internet Directory内に設定し、必要なアクセス制御権限をDASエンティティに追加します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、Infrastructure Instance Configuration Assistantが正常に実行されたことを確認します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/dasca.log
 

Directory Integration Platform Configuration Assistant 

Oracle Internet Directoryを使用して構成されるときに、ディレクトリ統合サーバーを登録して起動します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、Oracle Internet Directoryが適切に構成されていることを確認します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/dipca.log
 

HTTP Server Configuration Assistant 

Oracle HTTP Serverを構成し、Oracle Enterprise Manager 10g Application Server Controlに登録して、エントリをORACLE_HOME/sysman/emd/targets.xmlファイルに追加します。 

ORACLE_HOME/Apache/Apache/logs

ORACLE_HOME/Apache/Apache/httpd.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log
 

Infrastructure Database Registration Assistant 

Oracle Internet DirectoryにOracleAS Metadata Repositoryを登録します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/infratool_ldaporacfg.log
 

Infrastructure Instance Configuration Assistant 

ORACLE_HOME/config/ias.propertiesファイルを更新し、そのインスタンスをOracle Internet Directoryに登録して、Oracle Internet Directoryの証明書を持つldap.oraファイルをORACLE_HOME/network/adminファイルに作成します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、次のことを確認します。

  • 環境変数LD_LIBRARY_PATHに$ORACLE_HOME/lib32および$ORACLE_HOME/network/libが含まれていること

  • 環境変数LD_LIBRARY_PATH_64にORACLE_HOME/libが含まれていること

  • 環境変数PATHにORACLE_HOME/libおよびORACLE_HOME/network/libが含まれていること

 
ORACLE_HOME/config/infratool_instance_jazn.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/infratool_instance_jazn.log
 

Infrastructure mod_osso Configuration Assistant 

mod_ossoを登録してOracle HTTP Serverに接続し、ユーザー認証のためにOracleAS Single Sign-Onと統合します。

この登録によって、OracleAS InfrastructureとともにインストールされたOracle HTTP Serverは、OracleAS Single Sign-Onのパートナ・アプリケーションとして機能します。Oracle HTTP Serverのもとで実行されるアプリケーションは、そのURLをmod_ossoに登録して保護できます。URLがリクエストされると、mod_ossoはOracleAS Single Sign-Onを使用してユーザーを認証し、そのURLにアクセスできるようにします。 

ORACLE_HOME/config/infratool_mod_osso.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/ infratool_mod_osso.log
 

Infrastructure Schema Configuration Assistant 

InfrastructureスキーマをOracle Internet Directoryに登録します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、次のことを確認します。

  • 環境変数LD_LIBRARY_PATHに$ORACLE_HOME/lib32および$ORACLE_HOME/network/libが含まれていること

  • 環境変数LD_LIBRARY_PATH_64にORACLE_HOME/libが含まれていること

  • 環境変数PATHにORACLE_HOME/libおよびORACLE_HOME/network/libが含まれていること

  • Internet Directory Configuration AssistantおよびDatabase Configuration Assistantが正常に実行されたこと

 
ORACLE_HOME/config/schemaload.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/schemaload.log
 

Infrastructure Upgrade Instance Configuration Assistant 

SSOスキーマに対するACLエントリを削除します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、次のことを確認します。

  • 環境変数LD_LIBRARY_PATHに$ORACLE_HOME/lib32および$ORACLE_HOME/network/libが含まれていること

  • 環境変数LD_LIBRARY_PATH_64にORACLE_HOME/libが含まれていること

 
ORACLE_HOME/config/infratool_infra_upgrade.log
 

Internet Directory Configuration Assistant 

Oracle Internet Directoryを起動し、LDAPスキーマをロードしてOracle Identity Managementレルムを設定します。

Configuration Assistantを実行する前に、データベースが正常に作成されたこと、リスナーが起動され、実行されていること、およびtnsnames.oraファイルが構成されていることを確認します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/oidca.log
 

Java Security Configuration Assistant 

JAASセキュリティのデフォルトのパスワードを変更し、新しいパスワードの設定または再割当てを行います。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/jaznca.log
 

OC4J Configuration Assistant 

OC4JとApplication Server Controlを統合します。次の手順を実行します。

  • エントリをtargets.xmlファイルに追加します。

  • エントリをiasadmin.propertiesファイルに追加します。

このConfiguration Assistantには、deploy.iniファイルが必要です。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log
 

OC4J Instance Configuration Assistant 

配置されたOracle Application Serverアプリケーション用のOC4Jインスタンスを構成します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log
 

OPMN Configuration Assistant 

OPMNとOPMNが管理するプロセスを起動します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/ipm.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/ons.log
 

OPMN Configuration Assistant - DASインスタンスの起動 

OPMNを介してOracle Delegated Administration Servicesインスタンスを起動します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/ipm.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/ons.log
 

OPMN Configuration Assistant - OCAの起動 

OPMNを介してOCAを起動します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/ipm.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/ons.log
 

OPMN Configuration Assistant - Oracle HTTP Serverの起動 

OPMNを介してOracle HTTP Serverを起動します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/HTTP_Server~1
 

OCA Configuration Assistant 

認証のためにOracleAS Single Sign-Onと統合された自己署名済認証局を構成します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、Oracle Internet Directory、OracleAS Metadata Repository、OracleAS Single Sign-OnおよびRepository APIが構成されていることを確認します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/oca_install.log
 

OracleAS Instance Configuration Assistant 

インスタンスのエントリをORACLE_HOME/config/target2add.xmlファイルに追加します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log
 

OracleAS Randomize Password Configuration Assistant 

すべてのスキーマのデフォルトのパスワードを変更します。 

なし 

Oracle Identity Managementoneoff Patch Configuration Assistant 

OPatchツールを使用して、OC4Jおよびデータベース・パッチを自動的に適用します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/imoneoffpatchcatimestamp.log
 

Oracle mod_osso Configuration Assistant 

インストール中にmod_ossoを登録し、Oracle HTTP Serverに接続して、ユーザー認証のためにOracleAS Single Sign-Onと統合します。この登録によって、Oracle Application Server中間層とともにインストールされたOracle HTTP Serverは、OracleAS Single Sign-Onのパートナ・アプリケーションとして機能します。

Oracle HTTP Serverのもとで実行されるアプリケーションは、そのURLをmod_ossoに登録して保護できます。URLがリクエストされると、mod_ossoはOracleAS Single Sign-Onを使用してユーザーを認証し、そのURLにアクセスできるようにします。 

ORACLE_HOME/config/j2ee_mod_osso.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/j2ee_mod_osso.log
 

Oracle Net Configuration Assistant 

デフォルトでLDAPネーミングが使用されるようにデータベース・リスナーおよび中間層を構成します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/installActionstimestamp.log

 

Register DCM Plug-Ins With Oracle Enterprise Manager 10g Configuration Assistant 

DCMプラグインをOracle Enterprise Manager 10gに登録します。 

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/configtoolstimestamp.log

ORACLE_HOME/dcm/logs/dcmctl_logs
 

Replication Configuration Assistant 

ASRレプリカのインストールでは、新規Oracle Internet DirectoryメタデータをマスターOracle Internet Directoryに書き込みます。

LDAPレプリカのインストールでは、デフォルトの構成で、マスターOracle Internet Directoryと新規Oracle Internet Directoryレプリカ間のLDAPベース・レプリケーションを構成します。その後、Oracle Internet Directoryレプリケーション・サーバーを起動し、Oracle Internet Directoryレプリケーションの構成に使用します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、マスターおよび新規レプリカ用にOracle Internet Directoryが起動され、実行されていることを確認します。 

ORACLE_HOME/ldap/log/remtool.log
 

Single Sign-On Configuration Assistant 

OracleAS Single Sign-Onを構成します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、Oracle Internet Directory、OracleAS Metadata RepositoryおよびRepository APIが構成されていることを確認します。 

ORACLE_HOME/sso/log/ssoca.log

ORACLE_HOME/sso/log/ssoreg.log
 

Unlock Metadata Repository Schemas Configuration Assistant 

OracleAS Metadata Repository内のスキーマをロック解除します。このConfiguration Assistantは、Oracle Identity Managementのインストールで実行されます。 

ORACLE_HOME/config/infratool_unlock_schema.log
 

Use Infrastructure Configuration Assistant 

ORACLE_HOME/config/ias.propertiesファイルを更新し、そのインスタンスをOracle Internet Directoryに登録して、Oracle Internet Directoryの証明書を持つldap.oraファイルをORACLE_HOME/network/adminディレクトリに作成します。

このConfiguration Assistantを実行する前に、環境変数PATHにORACLE_HOME/libおよびORACLE_HOMEディレクトリが含まれていることを確認します。 

ORACLE_HOME/config/j2ee_instance_jazn.log

ORACLE_HOME/cfgtoollogs/j2ee_instance_jazn.log
 

戻る 次へ
Oracle
Copyright © 2007 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次
索引
索引