ヘッダーをスキップ

Oracle Application Serverインストレーション・ガイド
10g (10.1.4.0.1) for HP-UX PA-RISC (64-bit)

B31747-02
目次
目次
索引
索引

戻る 次へ

10 高可用性環境へのインストール: OracleAS Disaster Recovery

この章では、OracleAS Disaster Recovery構成にOracle Application Serverをインストールする方法について説明します。OracleAS Disaster Recoveryは、Oracle Application Serverでサポートされている高可用性環境の1つです。

内容は次のとおりです。

10.1 OracleAS Disaster Recovery: 概要

使用している環境に2つの物理的に分離したサイトが必要な場合は、OracleAS Disaster Recovery環境を使用します。1つは本番サイトであり、もう1つはスタンバイ・サイトです。本番サイトがアクティブの間、スタンバイ・サイトはパッシブです。本番サイトが停止すると、スタンバイ・サイトがアクティブになります。

OracleAS Disaster Recoveryでは、本番およびスタンバイ・サイトでInfrastructureおよび中間層の構成に使用できる、多数の基本トポロジをサポートしています。OracleAS Disaster Recoveryがサポートする基本トポロジは次のとおりです。

対称トポロジでは、スタンバイ・サイトの各ノードは本番サイトのノードに対応しています。この中には、OracleAS Infrastructureおよび中間層の両方を実行しているノードも含まれます。非対称トポロジのスタンバイ・サイトに必要なインスタンスの数は、本番サイトよりも少なく、スイッチオーバーまたはフェイルオーバー操作時のサイトの運用に最低限必要な数です。

OracleAS Cold Failover Cluster環境の本番サイトにOracleAS Infrastructureを設定し、この環境を少し変更できます。詳細は、10.2.4項「本番サイトでOracleAS Cold Failover Clusterを使用する場合」を参照してください。

これらのサポートされているトポロジでは、OracleAS Disaster Recoveryソリューションとして構成された本番およびスタンバイ・トポロジ内のすべてのシステムのOracleホームに、OracleAS Guardがインストールされます。

OracleAS GuardはOracleAS Companion CD 2に収録されており、スタンドアロン・インストール・キットとしてインストールできます。このスタンドアロン・キットをインストールするタイミングについては、10.4項「OracleホームへのOracleAS 10g(10.1.2.0.2)のOracleAS Guardスタンドアロン・インストール」を参照してください。

図10-1に、対称型のOracleAS Disaster Recovery環境の例を示します。各サイトには、中間層を実行するノードが2つとOracleAS Infrastructureを実行するノードが1つあります。

データの同期化

OracleAS Disaster Recoveryを機能させるには、フェイルオーバーが即座に実行されるように本番サイトとスタンバイ・サイトのデータを同期化する必要があります。本番サイトで行った構成の変更は、スタンバイ・サイトにも反映させる必要があります。

2つのタイプのデータを同期化する必要があります。同期化の方法は、データのタイプによって異なります。

Oracle Data Guard、およびバックアップおよびリカバリ・スクリプトの使用方法の詳細は、『Oracle Application Server高可用性ガイド』を参照してください。

図10-1    OracleAS Disaster Recovery環境


画像の説明

10.2 OracleAS Disaster Recovery環境の設定

OracleAS Disaster Recovery環境内にOracle Application Serverをインストールする前に、次の手順を実行する必要があります。

10.2.1 オペレーティング・システム・レベルでノードが同じであることの確認

次の条件についてノードが同じであることを確認します。

10.2.2 staticports.iniファイルの設定

同じコンポーネントでは、本番サイトでもスタンバイ・サイトでも同じポート番号を使用する必要があります。たとえば、Oracle HTTP Serverが本番サイトでポート80を使用している場合は、スタンバイ・サイトでもポート80を使用する必要があります。これを確実にするためには、インストール時に使用するstaticports.iniファイルを作成します。このファイルで各コンポーネントのポート番号を指定できます。詳細は、2.5.3項「カスタムのポート番号の使用(「静的ポート」機能)」を参照してください。

10.2.3 本番およびスタンバイの両方のサイトでの同じホスト名の設定

サイト間でデータを同期化するときにデータを編集してホスト名を修正する必要がないように、本番サイトおよびスタンバイ・サイトの対応するノードの名前は同じである必要があります。

インフラストラクチャ・ノードの場合

インフラストラクチャを実行するノードの場合、仮想名を設定します。これを行うには、/etc/hostsファイルにノードの別名を指定します。

たとえば、本番サイトのインフラストラクチャ・ノードでは、hostsファイル内の次の行は別名をasinfraに設定します。

138.1.2.111   prodinfra   asinfra

スタンバイ・サイトでは、次の行はノードの別名をasinfraに設定します。

213.2.2.110   standbyinfra   asinfra

本番サイトおよびスタンバイ・サイトにOracleAS Infrastructureをインストールする場合は、「仮想ホストの指定」画面でこの別名(asinfra)を指定します。構成データには、インフラストラクチャ・ノード用のこの別名が含まれます。

中間層ノードの場合

中間層を実行するノードの場合、中間層のインストール時にインストーラによって「仮想ホストの指定」画面が表示されないため、インフラストラクチャ・ノードの場合のように別名を指定できません。中間層のインストールでは、インストーラによってgethostname()関数がコールされ、自動的にホスト名が確認されます。本番サイトの各中間層ノードに対して、スタンバイ・サイトの対応するノードが同じホスト名を戻すようにする必要があります。

これを行うには、ローカルまたは内部のホスト名を設定します。このホスト名はパブリックまたは外部のホスト名と同じである必要はありません。スタンバイ・サイトのノードの名前を本番サイトの対応するノードの名前にあわせて変更するか、本番サイトとスタンバイ・サイトの両方のノードの名前が同じになるように変更できます。どちらの方法を使用するかは、ノード上で実行されている他のアプリケーション、およびノード名の変更によってこれらのアプリケーションが影響を受けるかどうかによって決定します。

  1. ローカル名を変更するノードで、hostnameコマンドが新しいローカル・ホスト名を戻すようにノードを再構成します。


    注意:

    システムのホスト名を変更する手順は、オペレーティング・システムの種類によって異なります。使用するシステムのシステム管理者に問い合せて、この手順を実行してください。システムのホスト名の変更は、以前のホスト名に依存関係を持つインストール済のソフトウェアに影響を与えることにも注意してください。ホスト名を変更する前に、このような影響について考慮します。 


  2. OracleAS Disaster Recovery環境内の他のノードが新しいローカル・ホスト名を使用してこのノードを解決できるようにします。これは、次のいずれかの方法で行うことができます。

    方法1: 本番サイトとスタンバイ・サイトに異なる内部DNSサーバーを設定します。この構成によって、各サイト(本番またはスタンバイ)のノードがサイト内でホスト名を解決できるようになります。内部DNSサーバーの上には、企業、つまり外部のDNSサーバーがあります。内部DNSサーバーは、信頼できないリクエストは外部DNSサーバーへ転送します。外部DNSサーバーは、内部DNSサーバーの存在を知りません。詳細は、図10-2を参照してください。

    図10-2    方法1: DNSサーバーの使用


    方法1の詳細

    1. 外部DNS名が外部DNSゾーンに定義されていることを確認します。

      例:

      prodmid1.us.oracle.com     IN  A  138.1.2.333
      prodmid2.us.oracle.com     IN  A  138.1.2.444
      prodinf.us.oracle.com      IN  A  138.1.2.111
      standbymid1.us.oracle.com  IN  A  213.2.2.330
      standbymid2.us.oracle.com  IN  A  213.2.2.331
      standbyinf.us.oracle.com   IN  A  213.2.2.110
      
      
    2. 本番サイトで、外部ドメイン名とは異なるドメイン名を使用して本番サイトに新しいゾーンを作成します。これを行うには、OracleAS Disaster Recovery環境内の各ノードのエントリをゾーン・データ・ファイルに移入します。

      インフラストラクチャ・ノードの場合、仮想名または別名を使用します。

      中間層ノードの場合、ノード名(/etc/nodename内の値)を使用します。

      次の例では、新しいゾーンのドメイン名として「asha」を使用します。

      asmid1.asha    IN  A  138.1.2.333
      asmid2.asha    IN  A  138.1.2.444
      asinfra.asha   IN  A  138.1.2.111
      
      

      スタンバイ・サイトに対しても同じことを行います。本番サイトに使用したドメイン名を使用します。

      asmid1.asha    IN  A  213.2.2.330
      asmid1.asha    IN  A  213.2.2.331
      asinfra.asha   IN  A  213.2.2.110
      
      
    3. 外部DNSサーバーではなく内部DNSサーバーを指すように、DNSリゾルバを構成します。

      本番サイトの各ノードの/etc/resolv.confファイル内で、既存のネーム・サーバーのIPアドレスを、本番サイトの内部DNSサーバーのIPアドレスに変更します。

      スタンバイ・サイトのノードに対しても同じ手順を実行します。ただし、スタンバイ・サイト用の内部DNSサーバーのIPアドレスを使用します。

    4. 内部DNSサーバー内のOracle Data Guard用に別のエントリを作成します。このエントリは、Oracle Data Guardがスタンバイ・サイトのデータベースにREDOデータを送るために使用します。

      次の例では、「remote_infra」エントリはスタンバイ・サイトのインフラストラクチャ・ノードを示します。この名前は、スイッチオーバーが発生した場合にTNSエントリを変更しなくてもよいように、本番サイトとスタンバイ・サイトの両方のTNSエントリで使用されます。

      図10-3    内部DNSサーバー内のOracle Data Guardエントリ


      本番サイトでは、DNSエントリは次のようになります。

      asmid1.asha        IN  A  138.1.2.333
      asmid2.asha        IN  A  138.1.2.444
      asinfra.asha       IN  A  138.1.2.111
      remote_infra.asha  IN  A  213.2.2.110
      
      

      スタンバイ・サイトでは、DNSエントリは次のようになります。

      asmid1.asha        IN  A  213.2.2.330
      asmid2.asha        IN  A  213.2.2.331
      asinfra.asha       IN  A  213.2.2.110
      remote_infra.asha  IN  A  138.1.2.111
      
      

    方法2: 両サイトの各ノードの/etc/hostsファイルを編集します。この方法にはDNSサーバーの構成は含まれませんが、OracleAS Disaster Recovery環境内の各ノードのhostsファイルをメンテナンスする必要があります。たとえば、IPアドレスが変更されたら、すべてのノード上のファイルを更新し、ノードを再起動する必要があります。

    方法2の詳細

    1. 本番サイトの各ノードで、/etc/hostsファイルに次の行を含めます。IPアドレスは、本番サイトのノードで解決します。

      127.0.0.1    localhost
      138.1.2.333  asmid1.oracle.com   asmid1
      138.1.2.444  asmid2.oracle.com   asmid2
      138.1.2.111  asinfra.oracle.com  asinfra
      
      
    2. スタンバイ・サイトの各ノードで、hostsファイルに次の行を含めます。IPアドレスは、スタンバイ・サイトのノードで解決します。

      127.0.0.1    localhost
      213.2.2.330  asmid1.oracle.com   asmid1
      213.2.2.331  asmid2.oracle.com   asmid2
      213.2.2.110  asinfra.oracle.com  asinfra
      
      
    3. /etc/nsswitch.confファイルの「hosts:」行の最初の項目が、「files」になるようにします。

      hosts:   files nis dns
      
      

      このエントリでは、名前解決の順序を指定します。別の方法が最初に表示されている場合は、ノードは他の方法を使用してホスト名を解決します。


      注意:

      これらのファイルを編集した後で、ノードを再起動します。 


ノードがホスト名を正しく解決することの確認

変更を行い、ノードを再起動した後で、次のコマンドを実行して、ノードがホスト名を適切に解決することを確認します。

10.2.4 本番サイトでOracleAS Cold Failover Clusterを使用する場合

OracleAS Disaster Recoveryシステムの本番サイトでOracleAS Infrastructureを設定し、OracleAS Cold Failover Cluster構成で実行できます。この場合、1つのハードウェア・クラスタに2つのノードがあり、OracleAS Infrastructureを共有ディスクにインストールします。詳細は、第8章「高可用性環境へのインストール: OracleAS Cold Failover Cluster」を参照してください。

図10-4    OracleAS Cold Failover Cluster構成内のインフラストラクチャ


画像の説明

この環境でOracleAS Cold Failover Clusterを設定するには、本番サイト上のasinfra.ashaに対して(物理IPアドレスのかわりに)仮想IPアドレスを使用します。次の例では、138.1.2.120が仮想IPアドレスであると仮定します。

asmid1.asha          IN  A  138.1.2.333
asmid2.asha          IN  A  138.1.2.444
asinfra.asha         IN  A  138.1.2.120         this is a virtual IP address
remote_infra.asha    IN  A  213.2.2.110

スタンバイ・サイトでは、asinfra.ashaには引き続き物理IPアドレスを使用しますが、remote_infra.ashaには仮想IPアドレスを使用します。

asmid1.asha          IN  A  213.2.2.330
asmid2.asha          IN  A  213.2.2.331
asinfra.asha         IN  A  213.2.2.110         physical IP address
remote_infra.asha    IN  A  138.1.2.120         virtual IP address

10.3 OracleAS Disaster Recovery環境へのOracle Application Serverのインストール

次のようにしてOracle Application Serverをインストールします。


注意:

すべてのインストールに対して、staticports.iniを使用してコンポーネントのポート番号を指定します。詳細は、10.2.2項「staticports.iniファイルの設定」を参照してください。 


  1. 本番サイトでOracleAS Infrastructureをインストールします。

  2. スタンバイ・サイトでOracleAS Infrastructureをインストールします。

  3. サイトに中間層をインストールする前に、各サイトでOracleAS Infrastructureを起動します。

  4. 本番サイトで中間層をインストールします。

  5. スタンバイ・サイトで中間層をインストールします。

10.3.1 OracleAS Infrastructureのインストール

インストール手順は、OracleAS Cold Failover Clusterの場合の手順と同様です。表示される一連の画面については、8.3項「OracleAS Cold Failover Cluster(Infrastructure)構成のインストール」を参照してください。次の点に注意してください。

10.3.2 中間層のインストール

Oracle Application Server 10g(10.1.4.0.1)と互換性のある任意の中間層タイプをインストールできます。詳細は、Oracle Application Serverのアップグレードおよび互換性ガイドを参照してください。

中間層をインストールするには、対象のリリースのOracle Application Serverのインストレーション・ガイドを参照してください。

次の点に注意してください。

10.4 OracleホームへのOracleAS 10g(10.1.2.0.2)のOracleAS Guardスタンドアロン・インストール

OracleAS 10g(10.1.2.0.2)のOracleAS Guardスタンドアロン・インストールは、Companion CDのDisk 2に収録されています。このOracleAS Guardスタンドアロン・インストールは、次の環境にインストールできます。

OracleAS Guardがアップグレード・インストールされた場合は、dsa.conf構成ファイルのコピーを作成して、現在のOracleAS Guard環境の設定を保存します。OracleAS 10g(10.1.2.0.2)のOracleAS Guardスタンドアロン・インストール・キットを実行した後、保存しておいたdsa.conf構成ファイルをリストアして、アップグレードされたOracleAS Guard環境で以前と同じ設定を使用できます。

OracleAS 10g(10.1.2.0.2)のOracleAS Guardスタンドアロン・インストール・キットを実行するには、次のディレクトリ・パスから実行します。

UNIXシステムの場合:

/Disk2/asg/install/runInstaller

実行するインストールの種類を選択します。一般のインストールには、「標準」を選択します。OracleAS Guardの旧リリースから現行リリースへアップグレードする場合は、「カスタムまたは再インストール」を選択します。

ias_adminアカウントのパスワードを入力し、インストールを続行します。

10.5 OracleAS Guardリリース10.1.2.0.0へのリリース10.1.2.0.2のパッチの適用

OracleAS Guardリリース10.1.2.0.0を使用してすでにOracleAS Disaster Recovery環境が設定されている場合は、環境にOracleAS Guardのパッチを適用して、新しい機能および10.1項「OracleAS Disaster Recovery: 概要」に示したトポロジのサポートを利用できます。OracleAS Disaster Recovery環境にパッチを適用する基本的な手順は、次のとおりです。

  1. 本番およびスタンバイ・サイトの両方のOracleAS 10.1.2.0.0のすべてのOracleホームで、次のopmnctlコマンドを使用してOracleAS Guardサーバーを停止します。

    UNIXシステムの場合:

    <ORACLE_HOME>/opmn/bin/opmnctl stopall
    
    
  2. OracleAS 10g(10.1.2.0.2)のOracleAS Guardスタンドアロン・インストールを、本番およびスタンバイ・サイトのそれぞれのOracleホームにインストールします。

    同じシステムに複数のOracleホームが存在する場合は、構成ファイルでOracleAS Guardサーバーごとに異なるポートが構成されていることを確認します。

    ここではOracleAS Guardをアップグレード・インストールするので、dsa.conf構成ファイルのコピーを作成して、現在のOracleAS Guard環境の設定を保存します。OracleAS 10g(10.1.2.0.2)のOracleAS Guardスタンドアロン・インストール・キットを実行した後、保存しておいたdsa.conf構成ファイルをリストアして、アップグレードされたOracleAS Guard環境で以前と同じ設定を使用できます。

    UNIXシステムの場合:

    <ORACLE_HOME>/dsa/dsa.conf
    
    
  3. 本番およびスタンバイ・サイトの両方のOracleAS 10.1.2.0.0のすべてのOracleホームで、次のopmnctlコマンドを使用してOracleAS Guardサーバーを起動します。

    UNIXシステムの場合:

    <ORACLE_HOME>/opmn/bin/opmnctl startall
    <ORACLE_HOME>/opmn/bin/opmnctl startproc ias-component=DSA
    
    

10.6 次に読むマニュアル

Oracle Data Guardの設定やOracleAS Metadata Repositoryデータベースの構成などの、OracleAS Disaster Recovery環境の管理方法については、『Oracle Application Server高可用性ガイド』を参照してください。


戻る 次へ
Oracle
Copyright © 2007 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次
索引
索引