ヘッダーをスキップ

Oracle Application Serverインストレーション・ガイド
10g (10.1.4.0.1) for Microsoft Windows (64-bit) on Intel Itanium

B31753-02
目次
目次
索引
索引

戻る 次へ

C デフォルトのポート番号

デフォルトでは、インストーラはデフォルトのポート番号のセットからコンポーネントにポート番号を割り当てます。この付録には、それらのポート番号のリストが含まれています。

別のポート番号のセットを使用する場合は、使用するポート番号を含めたstaticports.iniというファイルを作成する必要があります。詳細は、2.4.4項「カスタムのポート番号の使用(「静的ポート」機能)」を参照してください。

内容は次のとおりです。

C.1 デフォルトのポート番号の割当て方法

インストーラは、次の方法を使用して、デフォルトのポート番号を各コンポーネントに割り当てます。

  1. インストーラは、デフォルトのポート番号が使用中であるかどうかを確認します。使用中でなければ、それをコンポーネントに割り当てます。

  2. デフォルトのポート番号がOracle製品または実行中のアプリケーションによってすでに使用されている場合は、ポート番号の範囲内で最も小さな番号が試されます。使用できる番号が見つかるまで、その範囲内のポート番号が試されます。

C.2 デフォルトのポート番号

表C-1に、コンポーネントに使用するデフォルトのポート番号を示します。最後の列のstaticports.iniでの名前は、staticports.iniファイルに表示されるときのコンポーネント名を示しています。これを使用して、デフォルトのポート番号を上書きできます。詳細は、2.4.4項「カスタムのポート番号の使用(「静的ポート」機能)」を参照してください。

表C-1    デフォルトのポート番号と範囲(コンポーネント別) 
コンポーネント  デフォルトのポート  ポート番号の範囲  staticports.iniでの名前 

Oracle Process Manager and Notification Server(OPMN) 

 

 

 

Oracle通知サーバー・リクエスト・ポート 

6003 

6003 - 6099 

Oracle Notification Server Request port
 

Oracle通知サーバー・ローカル・ポート 

6100 

6100 - 6199 

Oracle Notification Server Local port
 

Oracle通知サーバー・リモート・ポート 

6200 

6200 - 6299 

Oracle Notification Server Remote port
 

Oracle Application Server Containers for J2EE(OC4J) 

 

 

 

OC4J AJP 

12501 

12501 - 12600 

staticports.iniでは設定不可 

OC4J RMI 

12401 

12401 - 12500 

staticports.iniでは設定不可 

JMS 

12601 

12601 - 12700 

staticports.iniでは設定不可 

IIOP 

13301 

13301 - 13400 

staticports.iniでは設定不可 

IIOPS1 

13401 

13401 - 13500 

staticports.iniでは設定不可 

IIOPS2 

13501 

13501 - 13600 

staticports.iniでは設定不可 

Oracle HTTP Server 

 

 

 

Oracle HTTP Serverリスニング・ポート 

7777 

7777 - 7877 

Oracle HTTP Server Listen port
 

Oracle HTTP Serverリスニング(SSL対応) 

4443 

4443 - 4543、
8250 - 8350 

Oracle HTTP Server Listen (SSL) port
 

Oracle HTTP Serverポート 

7777 

7777 - 7877 

Oracle HTTP Server port
 

Oracle HTTP Server SSLポート 

4443 

443、
4443 - 4543、
8250 - 8350 

Oracle HTTP Server SSL port
 

Java Object Cache 

7000 

7000 - 7099 

Java Object Cache port
 

DCM Discovery 

7100 

7100 - 7199 

DCM Discovery port 

ポート・トンネリング 

7501 

7501 - 7599 

staticports.iniでは設定不可 

Oracle HTTP Server Diagnosticポート 

7200 

7200 - 7299 

Oracle HTTP Server Diagnostic port
 

OracleAS Single Sign-On 

 

 

 

OracleAS Single Sign-On 

-- 

-- 

Oracle HTTP Serverリスナーと同じポートを使用 

Oracle Enterprise Manager 10g Application Server Control 

 

 

 

Application Server Controlコンソール 

18100 

1156、
1810 - 1829、
18100 - 1811 

Application Server Control port
 

Oracle Management Agent 

1157 

1157;
18120 - 18139 

Oracle Management Agent port 

Application Server Control - RMI 

1850 

1850 - 1869、
18140 - 18159 

Application Server Control RMI port
 

Application Server Controlコンソール - SSL対応 

18100 

1156、
1810 - 1829、
18100 - 18119 

このポート番号は、インストール後(Application Server ControlをSSLに対応するように設定するとき)に割り当てられます。 詳細は、『Oracle Application Server管理者ガイド』を参照してください。 

Enterprise ManagerコンソールのHTTPポート(orcl) 

5500 

5500 - 5559 

staticports.iniでは設定不可 

Enterprise Managerエージェントのポート(orcl) 

1831 

 

staticports.iniでは設定不可 

Log Loader 

44000 

44000 - 44099 

Log Loader port
 

Oracle Internet Directory 

 

 

 

Oracle Internet Directory 

389 

389、
13060 - 13129 

Oracle Internet Directory port
 

Oracle Internet Directory(SSL対応) 

636 

636、
13130 - 13159、
13161 - 13199 

Oracle Internet Directory (SSL) port
 

Oracle Application Server Certificate Authority(OCA) 

 

 

 

Server Authentication Virtual Host(SSL対応) 

6600 

6600 - 6619 

Oracle Certificate Authority SSL Server Authentication port
 

Mutual Authentication Virtual Host(SSL対応) 

6601 

6600 - 6619 

Oracle Certificate Authority SSL Mutual Authentication port
 

Oracle Application Server Guard 

 

 

 

Oracle Application Server Guard 

7890 

7890-7895 

ASG port
 

OracleAS Metadata Repository 

 

 

 

Oracle Netリスナー 

1521 

1521 

staticports.iniでは設定不可 

Oracle Identity Federation 

 

 

 

Oracle Identity Federation 

-- 

-- 

Oracle HTTP Serverリスナーと同じポートを使用 

C.3 ファイアウォール内で開くポート

ファイアウォールの内側にOracle Application Serverをインストールする予定の場合は、インストールおよび実行時にファイアウォール内で特定のポートを開く必要があります。

10g (10.1.4.0.1)インスタンスでは、Oracle Internet Directory、OracleAS Metadata Repository、Oracle通知サーバーおよびSJPポートにアクセスする必要があります。これらのコンポーネントによって使用される次のポートをファイアウォール内で開く必要があります。


戻る 次へ
Oracle
Copyright © 2007 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次
索引
索引