ヘッダーをスキップ

Oracle Database Oracle ClusterwareおよびOracle Real Application Clustersインストレーション・ガイド
10g リリース2(10.2) for AIX Based Systems

B25017-03
目次
目次
索引
索引

戻る 次へ

4 Oracle Clusterwareのインストール

この章では、AIXにOracle Clusterwareをインストールする手順について説明します。Oracle Database 10g Real Application Clustersをインストールする場合、このフェーズは2つあるインストール・フェーズの1つとなります。この章の内容は次のとおりです。

CVUを使用したOracle Clusterware要件の検証

次のコマンド構文を使用して、クラスタ検証ユーティリティ(CVU)を起動し、Oracle Clusterwareをインストールするためのシステム要件を検証します。

/mountpoint/crs/Disk1/cluvfy/runcluvfy.sh stage -pre crsinst -n node_list 

前述の構文例のmountpoint変数はインストール・メディアのマウント・ポイント、node_list変数はクラスタ内のノード名(カンマで区切る)です。

たとえば、クラスタが、マウント・ポイント/dev/dvdrom/と、node1、node2およびnode3で構成されている場合は、次のコマンドを入力します。

/dev/dvdrom/crs/Disk1/cluvfy/runcluvfy.sh stage -pre crsinst -n node1,node2,node3

CVUによるOracle Clusterwareのインストール前のステージ検証では、次の項目が検証されます。

Oracle Clusterwareの設定に関するトラブルシューティング

Oracle Clusterwareをインストールするための要件をシステムが満たしていないことがCVUのレポートに示された場合は、この項の説明に従ってレポートに示されている問題を解決し、CVUコマンドを再実行します。

「ユーザーのユーザー等価チェックが失敗しました。」

原因:    すべてのノード間でユーザー等価関係の設定に失敗しました。必要なユーザーが作成されていないか、またはセキュア・シェル(SSH)構成が適切に完了していないことが原因である可能性があります。

処置:    CVUによって、ユーザー等価関係の設定に失敗したノードのリストが表示されます。失敗したノードと示されている各ノードに対して、ユーザー構成およびSSH構成が正常に完了していることをoracleユーザー構成で確認してください。

参照:

ユーザー等価関係の構成手順については、第2章「他のクラスタ・ノードでの同一ユーザーおよびグループの作成」および「すべてのクラスタ・ノードでのSSHの構成」を参照してください。 

su - oracleコマンドを使用し、dateコマンド引数を指定したsshコマンドを次の構文を使用してローカル・ノードで実行し、ユーザー等価関係を手動で確認してください。

ssh node_name date

このコマンドによって、node_nameに指定した値で指定されたリモート・ノードのタイムスタンプが出力されます。デフォルトの場所(/usr/binディレクトリ)にsshがある場合は、sshを使用してユーザー等価関係を構成します。ユーザー等価関係は、rshを使用しても確認できます。

SSHを使用してホスト・ノードに接続してからCVUを実行しないと、ユーザー等価関係エラーが示されます。SSHを使用してdateコマンドを入力した際に次のメッセージが表示された場合、この問題はユーザー等価関係エラーが原因である可能性があります。

The authenticity of host 'node1 (140.87.152.153)' can't be established.
RSA key fingerprint is 7z:ez:e7:f6:f4:f2:4f:8f:9z:79:85:62:20:90:92:z9.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

「yes」と入力してCVUを再び実行し、ユーザー等価関係エラーが解決されたかどうか確認します。

sshがデフォルト(/usr/bin)以外の場所にある場合は、CVUによって、ユーザー等価関係の検証に失敗したことがレポートされます。このエラーを回避するには、$CV_HOME/cv/adminディレクトリに移動し、テキスト・エディタでcvu_configファイルを開き、ORACLE_SRVM_REMOTESHELLキーを追加または更新してシステム上のsshパスの位置を指定します。次に例を示します。

# Locations for ssh and scp commands
ORACLE_SRVM_REMOTESHELL=/usr/local/bin/ssh
ORACLE_SRVM_REMOTECOPY=/usr/local/bin/scp

cvu_configファイルを変更する場合は、次の規則に注意します。

  • キー・エントリはname=value構文で指定する。

  • キーに割り当てる各キー・エントリおよび値は適切なものを1のみ定義する。

  • シャープ記号(#)で始まる行はコメント行であり無視される。

  • name=value構文が前にない行は無視される。

パス設定の変更後、再度CVUを実行します。また、sshがデフォルト以外の場所にある場合は、リモート・シェルおよびリモート・コピー・コマンドに別の場所を指定するために引数を追加してOUIを起動する必要があります。これらの引数の使用方法の詳細を表示するには、runInstaller -helpを入力してください。


注意:

ユーザーまたはOracle Universal Installerがsshまたはrshコマンド(ログインや起動するその他のシェル・スクリプトを含む)を実行し、それらのスクリプトによって出力が行われると、無効な引数または標準の入力に関するエラーが表示されます。これらのエラーの原因を解決する必要があります。

エラーを回避するには、sshまたはrshコマンドを実行すると出力を生成する、oracleユーザーのログイン・スクリプトからすべてのコマンドを削除してください。

X11転送に関するメッセージが表示された場合は、「クラスタ・メンバー・ノードでのSSHユーザー等価関係の有効化」の手順6を実行して問題を解決します。

次のようなエラーが出力される場合もあります。

stty: standard input: Invalid argument
stty: standard input: Invalid argument

これらのエラーは、システム上の隠しファイル(.bashrc、.cshrcなど)にsttyコマンドが含まれている場合に発生します。このエラーが表示された場合は、「Oracle Clusterwareのインストール中にsttyコマンドによって発生するエラーの防止」を参照してこれらの問題の原因を解決してください。 


「ノードからのノード到達可能性チェックが失敗しました。」または「ノード接続性チェックが失敗しました。」

原因:    クラスタ内に、TCP/IPプロトコルを使用したパブリックまたはプライベート・インターコネクトで到達できない1つ以上のノードがあります。

処置:    /usr/sbin/ping addressコマンドを使用して、各ノードのアドレスを確認してください。到達できないアドレスを発見した場合は、パブリックおよびプライベート・アドレスのリストを確認して、それらを正しく構成してください。サードパーティ・ベンダーのクラスタウェアを使用している場合は、そのベンダーのドキュメントを参照してください。パブリック・ネットワーク・インタフェースおよびプライベート・ネットワーク・インタフェースのインタフェース名は、クラスタ内の各ノードで同じである必要があります。

「ユーザーの存在チェックが失敗しました。」または「ユーザーとグループの関係チェックが失敗しました」

原因:    インストールに必要なユーザーおよびグループの管理権限が付与されていないか、または正しくありません。

処置:    各ノードでidコマンドを使用して、oracleユーザーが正しいグループ・メンバーシップで作成されていることを確認してください。必要なグループを作成していてることを確認し、影響のあるノードでユーザー・アカウントを作成または変更して、必要なグループ・メンバーシップを設定してください。

参照:

必要なグループの作成方法およびoracleユーザーの構成方法については、第2章「必要なオペレーティング・システム・グループおよびユーザーの作成」を参照してください。 

OUIを使用してOracle Clusterwareをインストールするための準備

Oracle Universal Installer(OUI)を使用してOracle Clusterwareをインストールする前に、次のチェックリストを使用して、インストール中に必要なすべての情報が揃っていること、およびOracle Clusterwareをインストールする前に実行しておく必要があるすべての作業が完了していることを確認します。作業を完了するたびにその作業のチェック・ボックスを選択し、インストール中に使用できるように必要な情報を書き込みます。

実行中のOracleプロセスを停止する

シングル・インスタンスのOracle Database 10g がすでにインストールされているノードにOracle Clusterwareをインストールする場合は、既存のASMインスタンスを停止する必要があります。Oracle Clusterwareをインストールした後、ASMインスタンスを再度起動します。シングル・インスタンスのOracleデータベース、ASMインスタンスの順に再起動すると、ASMインスタンスは、シングル・インスタンスのOracleデータベースのデーモンのかわりに、Cluster Synchronization Servicesデーモン(CSSD)を使用します。

既存のCluster Ready Servicesインストールの一部またはすべてのノードをアップグレードできます。たとえば、6ノードのクラスタの場合、3回のセッションで2つのノードをアップグレードできます。各セッションでアップグレードするノードの数は、残りのノードで可能なロード処理に基づきます。これは「ローリング・アップグレード」と呼ばれます。

Oracle9i リリース2(9.2)以上のグローバル・サービス・デーモン(GSD)が実行されている場合は、まずそれを停止し、次のコマンドを実行してOracle Database 10g Oracle Clusterwareをインストールします。

ORACLE_home/bin/gsdctl stop

Oracle_homeは、GSDが実行されているOracleデータベースのホームです。


注意:

リリース2(9.2)の既存のOracle Cluster Manager(Oracle CM)がインストールされている場合、Oracle CMサービスは停止してないでください。停止すると、Oracle Clusterware 10g リリース2(10.2)ソフトウェアがOracle9i リリース2(9.2)のノードリストを検出できなくなり、Oracle Clusterwareのインストールが失敗する原因になります。 



注意:

OUIを起動した後にすべてのOracleサービスの停止を要求する警告が表示された場合は、次のコマンドを入力します。

Oracle_home/bin/localconfig delete

Oracle_homeは、CSSが実行されているホームです。 


既存のOracle Cluster Ready Servicesソフトウェアがある場合はClusterwareのアップグレードを準備する

Oracle Clusterwareのインストール時に、OUIが既存のOracle Database 10g リリース1(10.1)Cluster Ready Services(CRS)を検出した場合は、Oracle Database 10g リリース2(10.2) Oracle Clusterwareをクラスタ・メンバー・ノードのサブセットにインストールして行うローリング・アップグレードを選択できます。

ローリング・アップグレードを実行する場合は、アップグレードするノードでCRSスタックを停止し、mountpoint/clusterware/upgrade/preupdate.shスクリプトを使用してCRSホームをロック解除する必要があります。このスクリプトは、10g リリース2(10.2)のインストール・メディアから使用可能です。

標準アップグレードを実行する場合は、すべてのノードでCRSスタックを停止し、mountpoint/clusterware/upgrade/preupdate.shスクリプトを使用してCRSホームをロック解除します。

OUIを実行し、Oracle Clusterwareをノードのサブネットにインストールするオプションを選択した場合は、Oracle Database 10g リリース2(10.2) Oracle Clusterwareソフトウェアがローカルおよびリモート・ノードのサブネットの既存のCRSホームにインストールされます。ルート・スクリプトを実行した場合は、サブセット・クラスタ・ノードのOracle Clusterware 10g リリース2(10.2)スタックは起動されますが、非アクティブなバージョンとしてリストされます。

クラスタ内のすべてのメンバー・ノードでOracle Clusterware 10g リリース2(10.2)が実行されている場合は、新しいクラスタウェアがアクティブなバージョンになります。

RACをインストールする場合、最初にすべてのクラスタ・メンバー・ノードでOracle Clusterware 10g リリース2(10.2)へのアップグレードを完了してから、RACのOracle Database 10g リリース2(10.2)のバージョンをインストールする必要があります。

Oracle Clusterwareのインストール中にsttyコマンドによって発生するエラーを防止する

Oracle Clusterwareのインストール中、OUIは、SSH(使用可能な場合)を使用してコマンドを実行したり、他のノードにファイルをコピーします。次に示すエラーが表示された場合は、sttyコマンドが含まれている隠しファイル(.bashrc、.cshrcなど)がシステムに存在します。

stty: standard input: Invalid argument
stty: standard input: Invalid argument

このエラーが表示された場合は、インストールを中断し、「Oracle Clusterwareのインストール中にsttyコマンドによって発生するエラーの防止」を参照して問題の原因を解決します。

Oracle Inventoryの位置を指定する

システムにすでにOracleソフトウェアがインストールされている場合は、OUIによって既存のOracle Inventoryディレクトリが/etc/oraInst.locファイルから検出され、この位置が使用されます。

Oracleソフトウェアをシステムに初めてインストールする際にOracle Inventoryがシステムに存在しない場合は、Oracle InventoryのパスおよびOracle Inventoryグループ名(通常は、oinstall)の入力を求められます。

参照:

Oracle Inventoryの作成方法および必要なシステム構成の設定方法については、第II部のインストール前の手順に関する章を参照してください。 

rootアカウントへのアクセス権を取得する

インストール中に、rootユーザーとして構成スクリプトを実行する必要があります。これらのスクリプトは、rootユーザーとして実行するか、またはシステム管理者に実行を依頼する必要があります。

他の言語をインストールするかどうかを決定する

インストール中に、デフォルト以外の追加の言語をインストールするかどうかを選択します。


注意:

Oracle Universal Installerによって、オペレーティング・システムの言語セットがサポートされていない場合、デフォルトでは、Oracle Universal Installerは英語で実行されます。 


クラスタ内の各ノードのクラスタ名、パブリック・ノード名、プライベート・ノード名および仮想ノード名を指定する

インストール中に、クラスタウェアをインストールし、サードパーティ・ベンダーのクラスタウェアを使用しない場合は、各ノードのパブリック・ノード名およびプライベート・ノード名の入力を求めれらます。パブリックおよびプライベートのドメイン・アドレスの設定方法については、サードパーティ・ベンダーのドキュメントを参照してください。

パブリック・ノード名の入力には、各ノードのプライマリ・ホスト名を使用します。この名前は、hostnameコマンドによって表示される名前です。このノード名は、固定ホスト名または仮想ホスト名のいずれでもかまいません。

また、次の条件を満たしていることも確認します。

Oracle Clusterwareファイル用の共有記憶域を指定し、ディスク・パーティションを準備する(必要な場合)

インストール中、クラスタ内のすべてのノード間で共有する必要がある2つのファイルのパスを、共有RAWデバイスまたは共有ファイル・システムのファイル上のいずれかに指定することを求められます。

  • 投票ディスクは、Oracle Clusterwareでクラスタ・ノードのメンバーシップおよび状態の検証に使用されるパーティションです。

    投票ディスクは、oracleユーザーが所有し、dbaグループに属し、権限が644に設定されている必要があります。投票ディスクには、20MB以上のディスク領域を指定します。

  • Oracle Cluster Registry(OCR)には、ノード・リストおよびクラスタの構成やプロファイルに関するその他の情報を含む、RACデータベースおよびOracle Clusterwareのクラスタおよびデータベースの構成情報が含まれています。

    OCRディスクは、rootユーザーが所有し、oinstallグループに属し、権限が640に設定されている必要があります。OCRには、100MB以上のディスク領域を指定します。

ディスクに外部記憶域の冗長性が適用されていない場合は、OCRディスク用に1つ、投票ディスク用に2つの場所をさらに確保することをお薦めします。冗長性のある記憶域の場所を作成すると、OCRおよび投票ディスク用に選択したパーティションでディスク障害が発生しても、OCRおよび投票ディスクが保護されます。

参照:

RAWデバイスの最小サイズについては、第II部のインストール前の手順に関する章を参照してください。 

OUIを使用したOracle Clusterwareのインストール

この項では、Oracle Universal Installer(OUI)を使用してOracle Clusterwareをインストールする方法について説明します。この項の内容は次のとおりです。

OUIの実行によるOracle Clusterwareのインストール

クラスタにOracle Clusterwareをインストールするには、次の手順を実行します。インストール中に、求められている操作に対して疑問がある場合は、OUIページの「ヘルプ」ボタンをクリックします。

  1. Oracle Database 10g リリース2(10.2)インストール・メディアのclusterwareからrunInstallerコマンドを実行します。OUIの「ようこそ」ページが表示されたら、「次へ」をクリックします。

  2. OUIのプロンプトに従って、情報を入力するか、またはスクリプトを実行します。インストール手順の詳細は、「ヘルプ」をクリックしてください。

  3. すべてのノードでroot.shを実行すると、OUIによってOracle Notification Serverコンフィギュレーション・アシスタント、Oracleプライベート・インターコネクト・コンフィギュレーション・アシスタントおよびクラスタ検証ユーティリティが起動されます。これらのプログラムはユーザーの介入なしに起動されます。

Oracle Clusterwareのインストールが正常に完了したことが検証されると、Oracle Clusterwareのインストールは完了です。

Oracle Database 10g およびRACをインストールする場合は、第5章「Oracle Database 10g およびOracle Real Application Clustersのインストール」に進みます。Oracle Clusterwareを単独で使用する場合は、シングル・インスタンスのOracleデータベースのインストール・ガイドを参照してください。

クラスタ構成ファイルを使用したOracle Clusterwareのインストール

Oracle Clusterwareのインストール中、「クラスタ構成の指定」ページで、クラスタ構成情報を手動で指定するか、クラスタ構成ファイルを使用するかを選択できます。クラスタ構成ファイルはテキスト・ファイルで、OUIを起動する前に作成できます。このファイルによって、クラスタの構成に必要なクラスタ名およびノード名の情報がOUIに提供されます。

テスト・クラスタへのインストールを繰り返し実行する場合、または多数のノードでインストールを実行する場合は、クラスタ構成ファイルの使用をお薦めします。

クラスタ構成ファイルを作成するには、次の手順を実行します。

  1. インストール・メディアのDisk1/responseディレクトリに移動します。

  2. テキスト・エディタを使用して、レスポンス・ファイルcrs.rspを開き、CLUSTER_CONFIGURATION_FILEのセクションを検索します。

  3. そのセクションの手順に従って、クラスタ構成ファイルを作成します。

Oracle Clusterwareのインストールの検証に関するトラブルシューティング

Oracle Clusterwareのインストールでコンポーネントの問題があることがCVUのレポートに示された場合は、この項の説明に従ってレポートに示されている問題を解決し、CVUコマンドを再実行します。

「次のノードでCSSがローカル専用の非クラスタ構成で稼働している可能性があります」

原因:    OCRの構成エラーです。エラー・メッセージには、このエラーが検出されたノードが示されます。

このエラーが発生するのは、指定した各ノードで、OCR構成ファイルocr.locの内容が取得できない場合か、または構成キーlocal_onlyがエラー・メッセージに示されたノードの構成ファイルでTRUEに設定されいてる場合のいずれかです。

処置:    Oracle Clusterwareがノードにインストールされていることを確認してください。OCR構成が不適切な場合は正しく構成してください。また、CVUコマンドの入力時に、ノード名を正しく入力したことを確認してください。

「OCR整合性詳細を次のノードから取得できません」

原因:    エラー・メッセージに示されているノードでocrcheckツールを正常に実行できません。

処置:    ocrcheckツールが示すエラーがクラスタ内の一部のノードのみに対する場合は、OCRがその一連のノードで構成されていません。ocrcheckツールが示すOCR整合性チェックがすべてのノードで失敗している場合は、OCR記憶域領域が破損しています。この問題を解決するためのocrconfig -repairの使用方法については、『Oracle Database Oracle ClusterwareおよびOracle Real Application Clusters管理およびデプロイメント・ガイド』を参照してください。

OCRを構成する場合は、ocrconfig -repair(『Oracle Database Oracle ClusterwareおよびOracle Real Application Clusters管理およびデプロイメント・ガイド』を参照)を使用するか、または手動で行います。

手動でOCRを構成する場合は、oracleユーザーとして、次のコマンドをCRSホームのbinディレクトリから入力します。

$ ./ocrcheck

OCR記憶域領域が破損しているかどうかをテストするには、次の作業を実行します。

  1. 次のコマンドを入力します。

    ocrconfig -showbackups
    
    
  2. 次のコマンド構文を使用してOCRファイルの内容を表示します。

    ocrdump -backupfile OCR_filename
    
    
  3. バックアップ・ファイルを選択し、次のコマンドを使用してファイルのリストアを試行します。

    ocrconfig -restore backupfile
    
    

    コマンドを実行した結果、失敗したことを示すメッセージが表示される場合は、プライマリOCRとミラー化されたOCRに障害が発生しています。

    参照:

    Oracle Cluster Registryのテストおよびリストアの詳細は、『Oracle Database Oracle ClusterwareおよびOracle Real Application Clusters管理およびデプロイメント・ガイド』を参照してください。 

「OCRバージョンがノード間で矛盾しています。」

原因:    OCRバージョンがすべてのクラスタ・メンバー・ノードで一致していません。すべてのノードが同じクラスタに属していないか、ノードが同じOCRを指していないか、またはOCR構成ファイルが1つ以上のノードで無効な構成に手動で変更されているかのいずれかです。

処置:    次の確認を行ってください。

  1. リストされているすべてのノードがそのクラスタに属していることを確認します。

  2. ocrcheckユーティリティ(/crs/home/bin/ocrcheck)を使用して、各ノードのOCRの場所を検出します。次のコマンドのいずれかを使用してocrcheckを起動します。

    rootユーザーの場合は、次のとおりです。

    # ocrcheck
    
    

    oracleユーザーまたはOSDBAグループ権限を持つユーザーの場合は、ユーザーのホーム・ディレクトリから実行します。

    $ /crs/home/bin/ocrcheck
    
    
  3. 無効なOCR構成を修復するために、構成が不適切と考えられるノードにログインし、CRSデーモンを停止して次のコマンドを入力します。

    ocrconfig -repair ocrmirror device_name
    
    

    ocrconfig -repairコマンドによって、コマンドを実行したノードのOCR構成のみが変更されます。

    参照:

    OCRファイルを修復するためのocrconfigツールの使用方法については、『Oracle Database Oracle ClusterwareおよびOracle Real Application Clusters管理およびデプロイメント・ガイド』を参照してください。 

「次のノードに不正なOCRバージョンが見つかりました: {1}」

原因:    指定したノードのOCRバージョンがOracle Database 10g リリース2(10.2)で必要なバージョンと一致していません。

処置:    前述(「OCRバージョンがノード間で矛盾しています。」)のエラー・メッセージの説明と同じ手順を実行してください。

「OCR整合性は無効です。」

原因:    OCRのデータの整合性が無効です。これはOCR記憶域が破損していることを示しています。

処置:    前述(「OCR整合性詳細を次のノードから取得できません」)のエラー・メッセージの説明と同じ手順を実行してください。

「OCR IDがノード間で矛盾しています。」

原因:    1つ以上のノードが異なる場所のOCRを示しています。

処置:    前述(「OCRバージョンがノード間で矛盾しています。」)のエラー・メッセージの説明と同じ手順を実行してください。

Oracle Clusterwareのバックグラウンド・プロセス

Oracle Clusterwareのインストール後、Oracle Clusterwareが機能するには、次のプロセスが環境内で実行されている必要があります。


戻る 次へ
Oracle
Copyright © 2006 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次
索引
索引