ヘッダーをスキップ

Oracle Database Companion CDインストレーション・ガイド
10gリリース2(10.2) for HP Tru64 UNIX

B31759-01
目次
目次

戻る

索引

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  R  S  T  U  V  W  X                                                           

A

Apache HTTP Server, [1]
Apache JServ, [1]
apachectlユーティリティ, [1], [2]

B

.bash_profileファイル, [1]
Bashシェル
デフォルトのユーザー起動ファイル, [1]
Bourneシェル
デフォルトのユーザー起動ファイル, [1]

C

chmodコマンド, [1], [2]
chownコマンド, [1]
COBOLコンパイラ
要件, [1]
companionCD.db.rspレスポンス・ファイル, [1]
companionCD.midtier.rspレスポンス・ファイル, [1]
Cコンパイラ
要件, [1]
Cシェル
デフォルトのユーザー起動ファイル, [1]

D

DAD, [1], [2], [3], [4], [5], [6], [7], [8]
mod_plsqlで使用されるDADの移行, [1]
Oracle HTML DBインストール時に作成, [1]
Oracle HTML DBに対する新しい名前, [1]
構成ファイル, [1], [2]
説明, [1]
dads.confファイル, [1]
dadTool.plユーティリティ, [1]
DCE
ASOの要件, [1]
要件, [1]
dcmctlユーティリティ, [1]
DHCPコンピュータ、インストール, [1]
DISPLAY環境変数, [1], [2], [3], [4], [5]
設定, [1], [2]
dupatchコマンド, [1]
Dynamic Host Configuration Protocol
「DHCP」を参照

E

envコマンド, [1]

F

FORTRANコンパイラ
要件, [1]

G

groupaddコマンド, [1]

H

HTML DB
「Oracle HTML DB」を参照
htmldbdcaユーティリティ, [1]
htmldb.HTMLDBONLY.rspレスポンス・ファイル, [1]
htmldb.HTMLDBwithOHS.rspレスポンス・ファイル, [1]
HTTP Server
「Oracle HTTP Server」を参照
httpd.confファイル、移行, [1]

I

idコマンド, [1]
IPアドレス、複数, [1]

J

JAccelerator, [1]
JPublisher
Oracle SQLJ Runtime, [1]
Oracle SQLJ Translator, [1]
説明, [1]

K

Kornシェル
デフォルトのユーザー起動ファイル, [1]

L

Legato Single Server Version
「LSSV」を参照
.loginファイル, [1]
LSSV, [1]

M

marvel.confファイル, [1]
Micro Focus Server Express
要件, [1]
mkdirコマンド, [1]
mod_fastcgi, [1]
mod_ossl, [1]
mod_osso, [1]
mod_perl, [1]
mod_plsql, [1], [2]
mod_ssl, [1]
moreコマンド, [1]

N

NCOMP
「ネイティブ・コンパイルJavaライブラリ」を参照
NESTED TABLE型, [1]
Network Information Services
「NIS」を参照
Netコンフィギュレーション・アシスタント
トラブルシューティング, [1]
NIS
ローカル・ユーザーおよびグループの代替, [1]
NLS_LANG環境変数, [1]

O

OC4J_Workflow_Component_Container, [1]
OC4J_Workflow_Management_Container, [1]
OFA
「Optimal Flexible Architecture」を参照
oinstallグループ
「Oracleインベントリ・グループ」を参照
有無の確認, [1]
OPMN
「Oracle Process Manager and Notificationサーバー」を参照
Optimal Flexible Architecture
Oracleインベントリ・ディレクトリの推奨パス, [1]
Oracleベース・ディレクトリに関する推奨事項, [1]
Oracleベース・ディレクトリの推奨パス, [1]
Oracleホーム・ディレクトリの推奨パス, [1]
Oracle Advanced Security
要件, [1]
Oracle Application ServerのOC4Jコンテナ
OC4J_Workflow_Component_Container, [1]
OC4J_Workflow_Management_Container, [1]
Oracle Database 10g Companion Products
Oracle HTTP Server, [1]
Oracle Workflow中間層コンポーネント, [1]
インストール, [1]
要件, [1]
「Oracle Database 10g Companion Products」インストール・タイプ
インストールされる製品, [1]
Oracle Database 10g Companion Productsの要件, [1]
Oracle Database 10g Products
JPublisher, [1]
Oracle Database Examples, [1]
Oracle JDBC開発ドライバ, [1]
Oracle SQLJ, [1]
Oracle Text提供のナレッジ・ベース, [1]
Oracle Ultra Search, [1]
Oracle Workflow Server, [1]
インストール, [1]
ネイティブ・コンパイルJavaライブラリ, [1]
「Oracle Database 10g Products」インストール・タイプ
インストールされる製品, [1]
Oracle Database 10g Productsのインストール前の作業, [1]
Oracle Database 10g Productsの要件
Oracle Databaseの要件, [1]
Oracle Workflow Serverの要件, [1]
ディスク領域要件, [1]
Oracle Database Examples
サンプル・スキーマ, [1]
説明, [1]
必須製品, [1]
Oracle Database Recovery Manager, [1]
Oracle Databaseの非対話型インストール
記録モード, [1]
説明, [1]
手順, [1]
「レスポンス・ファイル」も参照
Oracle DCE Integration
要件, [1]
Oracle Enterprise Manager
Oracle Workflow Managerコンポーネント, [1]
Oracle Enterprise Manager Database Control
Oracle Workflow Managerへのログイン, [1]
Oracle HTML DB
Oracle Textの要件, [1]
インストール後の作業, [1]
Oracle HTTP Serverの再起動, [1]
インストール先, [1]
インストール前の作業
Oracle XML DBのチェック, [1]
管理設定作業, [1]
異なる言語でのインストール, [1]
説明, [1]
データベース・オブジェクトの削除, [1]
ポート
「Oracle HTTP Serverポート」を参照
要件
ディスク領域要件のチェック, [1]
リモート・データベースに対するインストール, [1]
リモート・データベースに対する構成, [1]
ログイン, [1]
Oracle HTML DBインストール・タイプ
インストールされる製品, [1]
Oracle HTML DB製品
インストール, [1]
Oracle HTML DB製品の要件, [1]
Oracle HTTP Server, [1]
Oracle Databaseの要件, [1]
Oracle Process Manager and Notificationサーバー, [1]
移行, [1]
一時ディスク領域要件, [1], [2]
インストール後の作業, [1]
インストール先, [1]
起動, [1]
使用されるApache HTTP Serverバージョン, [1]
スワップ領域要件, [1]
説明, [1]
その他のリリースとの違い, [1]
ソフトウェア要件, [1]
停止, [1]
ハードウェア要件, [1]
必要なバージョン, [1]
物理RAM要件, [1]
ポート
デフォルト, [1]
ポート、変更, [1]
メモリー要件, [1]
リリース9.0.3
構成(アップグレード), [1]
Oracle HTTP Serverインストール後の作業
ファイルのバックアップ, [1]
Oracle HTTP Serverの起動, [1]
Oracle HTTP Serverの停止, [1]
Oracle HTTP Serverの要件, [1]
Oracle Identity Management, [1]
Oracle interMedia Image Accelerator, [1]
Oracle Internet Directory
Oracle Workflowディレクトリ・サービスの同期化, [1]
Oracle Workflowとの統合, [1]
Oracle JDBC開発ドライバ, [1]
説明, [1]
Oracle JDBCドライバ, [1]
Oracle JVM, [1]
Oracle MetaLink Webサイト
パッチ, [1]
Oracle Process Manager and Notificationサーバー, [1]
apachectlユーティリティの置換, [1]
Oracle Process Manager and Notificationサーバー(OPMN), [1]
Oracle SQLJ
説明, [1]
Oracle SQLJ Runtime, [1]
Oracle SQLJ Translator, [1]
Oracle Text
Oracle HTML DBの要件, [1]
デフォルト言語スクリプト, [1]
Oracle Text提供のナレッジ・ベース
説明, [1]
Oracle Ultra Search
説明, [1]
変更, [1]
ポート
変更, [1]
Oracle Universal Installer
異なる言語で実行, [1]
非対話型モードでの実行, [1]
Oracle Workflow
HTMLのヘルプの構成, [1]
OC4J_Workflow_Component_Container, [1]
OC4J_Workflow_Management_Container, [1]
Oracle Internet Directoryとの統合, [1]
Oracle Workflow Managerへのログイン, [1]
「Oracle Workflow Client」、「Oracle Workflow Manager」、「Oracle Workflow中間層コンポーネント」、「Oracle Workflow Server」、「Oracle Workflowコンフィギュレーション・アシスタント」を参照
インストール後の作業, [1], [2]
インストールのその他の選択肢, [1]
管理設定作業, [1]
削除, [1]
スタート・ガイド, [1]
ディレクトリ・サービス, [1]
表領域、変更, [1]
ポート
デフォルト, [1]
変更, [1]
ホーム・ページへのログイン, [1]
Oracle Workflow Manager
Oracle Enterprise Manager, [1]
ログイン, [1]
Oracle Workflow Server
Oracle Workflow中間層コンポーネントをインストールするための準備, [1]
構成, [1]
説明, [1]
Oracle Workflow Serverの要件, [1]
Oracle Workflowインストール後の作業
Oracle Workflow HTMLのヘルプの構成, [1]
追加設定作業, [1]
要件の確認, [1]
Oracle Workflowコンフィギュレーション・アシスタント, [1]
非対話型モードでの実行, [1]
Oracle Workflow中間層コンポーネント
説明, [1]
Oracle XML DB, [1]
ORACLE_BASE環境変数, [1], [2]
シェル起動ファイルからの削除, [1]
ORACLE_HOME環境変数
シェル起動ファイルからの削除, [1]
設定されていない, [1]
ORACLE_HOSTNAME環境変数
インストール前に設定, [1]
説明, [1]
複数の別名を持つコンピュータ, [1]
複数のホームがあるコンピュータ, [1]
ORACLE_SID環境変数
シェル起動ファイルからの削除, [1]
OracleMetaLink, [1]
Oracleインベントリ
説明, [1]
Oracleインベントリ・グループ
有無の確認, [1]
作成, [1]
Oracleインベントリ・ディレクトリ
推奨パス, [1]
説明, [1]
Oracleコンポーネント
異なる言語での使用, [1]
Oracleソフトウェア所有者ユーザー, [1]
Oracleベース・ディレクトリとの関係, [1]
有無の判別, [1]
環境の構成, [1]
作成, [1]
説明, [1]
デフォルト・シェルの判別, [1]
必要なグループ・メンバーシップ, [1]
変更, [1]
Oracleソフトウェアのファイル
削除, [1]
Oracleベース・ディレクトリ
ORACLE_BASE環境変数, [1]
Oracleソフトウェア所有者ユーザーとの関係, [1]
既存の識別, [1]
作成, [1]
新規の作成, [1]
推奨パス, [1]
説明, [1]
適切なファイル・システム, [1]
要件, [1]
例, [1]
Oracleホーム・ディレクトリ
Oracleベース・ディレクトリの識別に使用, [1]
推奨パス, [1]
説明, [1]
複数のホーム、ネットワークの考慮事項, [1]
要件, [1]
Oracleホーム名, [1]
oracleユーザー
Oracleベース・ディレクトリとの関係, [1]
環境の構成, [1]
説明, [1]
デフォルト・シェルの判別, [1]
必要なグループ・メンバーシップ, [1]
oraInst.locファイル, [1], [2], [3]
oraInventoryディレクトリ
「Oracleインベントリ・ディレクトリ」を参照
oratabファイル
フォーマット, [1]

P

passwdコマンド, [1]
PlsqlDatabasePasswordパラメータ, [1]
portlist.iniファイル, [1]
Pro*C/C++
要件, [1]
Pro*COBOL
要件, [1]
Pro*FORTRAN
要件, [1]
.profileファイル, [1]

R

readme.txtファイル, [1]
RMAN
「Oracle Database Recovery Manager」を参照
root.shスクリプト、バックアップ作成, [1]
rootユーザー, [1]

S

Secure Sockets Layer
「SSL」を参照
setldコマンド, [1], [2]
SHELL環境変数
値の確認, [1]
sizerコマンド, [1]
SSL, [1]

T

TMPDIR環境変数, [1]
TMP環境変数, [1]
tmpディレクトリ
領域の解放, [1]
領域のチェック, [1]
TNS_ADMIN環境変数
設定されていない, [1]

U

umask, [1]
umaskコマンド, [1], [2]
unsetenvコマンド, [1]
unsetコマンド, [1]
useraddコマンド, [1]
usermodコマンド, [1]

V

VARRAY型, [1]

W

wdbsvr.appファイル, [1], [2]

X

X Window
表示エラー, [1]
X Window System
リモート・ホストの有効化, [1]
X Window Systemワークステーション, [1]
xtermコマンド, [1]
X端末, [1]

アクセス権
Oracleベース・ディレクトリ, [1]
アップグレード
Oracle HTTP Server 9.0.3の構成, [1]
wdbsvr.appの変更, [1]
パスワードの不明瞭化, [1]
「パッチ」を参照

一時ディスク領域
解放, [1]
チェック, [1]
一時ディレクトリ, [1]
インストール
Oracle Database 10g Companion Products, [1]
Oracle Database 10g Products, [1]
Oracle HTML DB製品, [1]
エラー, [1]
サイレント・モード, [1]
概要, [1]
サイレント・モード, [1], [2]
非対話型
エラー処理, [1]
非対話型モード, [1]
レスポンス・ファイル
サイレント・モード, [1]
ログ・ファイル, [1]
インストール後の作業, [1]
Oracle HTML DB, [1]
Oracle HTTP Server, [1]
Oracle Workflow, [1], [2]
インストール・タイプ
Oracle Database 10g Companion Products, [1]
Oracle Database 10g Products, [1]
Oracle HTML DB, [1]
インストール前の作業
Oracle Database 10g Products, [1]
インストール・メディア
マウント, [1]
インストール・ログ, [1]

エラー
インストール, [1]
コンフィギュレーション・アシスタント, [1]
サイレント・モード, [1]
非対話型インストール, [1]

オペレーティング・システム
ディストリビューションのチェック, [1]
バージョンの確認, [1]
バージョンのチェック, [1]
オペレーティング・システム・グループ
NISの使用, [1]
oinstallグループの有無の確認, [1]
Oracleインベントリ, [1], [2]
oracleユーザーに必要, [1]
要件, [1]
オペレーティング・システム・ユーザー
NISの使用, [1]
oracle, [1]
Oracleソフトウェア所有者ユーザー, [1], [2]
要件, [1]

環境
oracleユーザー用の構成, [1]
設定の確認, [1]
環境変数
DISPLAY, [1], [2], [3], [4], [5], [6], [7]
NLS_LANG, [1]
ORACLE_BASE, [1], [2]
ORACLE_HOME, [1]
ORACLE_HOSTNAME, [1]
SHELL, [1]
TMPとTMPDIR, [1]
TNS_ADMIN, [1]
シェル起動ファイルからの削除, [1]

起動ファイル
シェル用, [1]

グループ
「オペレーティング・システム・グループ」を参照
グローバリゼーション・サポート, [1]

言語
異なる言語でのOracle HTML DBのインストール, [1]
異なる言語でのOracle Workflowのインストール, [1]
異なる言語でのOracleコンポーネントのインストール, [1]
異なる言語でのOracleコンポーネントの使用, [1]

構成
Oracle HTTP Server 10g, [1]
異なる言語でのOracle Workflowのインストール, [1]
コマンド, [1]
chmod, [1], [2]
chown, [1]
dupatch, [1]
env, [1]
groupadd, [1]
id, [1]
mkdir, [1]
more, [1]
passwd, [1]
setld, [1], [2]
sizer, [1]
umask, [1]
unset, [1]
unsetenv, [1]
useradd, [1]
usermod, [1]
xterm, [1]
コンパイラ
要件, [1], [2]
コンフィギュレーション・アシスタント
エラー, [1]
トラブルシューティング, [1]

サイレント・インストール
「非対話型インストール」を参照
サイレント・モードによるインストール, [1], [2]
サブセット
チェック, [1], [2]
要件, [1]
サンプル・スキーマ, [1]

シェル
oracleユーザーのデフォルト・シェルの判別, [1]
シェル起動ファイル
環境変数の削除, [1]
編集, [1]
障害
コンフィギュレーション・アシスタント, [1]
新規インストール
httpd.confファイルの変更, [1]
Oracle HTTP Server 9.0.3の構成, [1]
wdbsvr.appの変更, [1]
パスワードの不明瞭化, [1]

セキュリティ
Oracle Identity Management, [1]

ソフトウェア要件
チェック, [1], [2]
ソフトウェア要件の確認, [1]

致命的エラー, [1]

ディスク領域要件, [1]
ディレクトリ
Oracleインベントリ, [1]
Oracleインベントリ・ディレクトリ, [1]
Oracleベース, [1]
Oracleホーム, [1]
Oracleホーム・ディレクトリ, [1]
oraInventory, [1]
データベース・アクセス記述子
「DAD」を参照
データベース・オブジェクト
Oracle HTML DBの削除, [1]
データベース・コンフィギュレーション・アシスタント
トラブルシューティング, [1]
デフォルトのファイル・モード作成マスク
設定, [1]

動作保証
ソフトウェア, [1]
ハードウェア, [1]
トラブルシューティング, [1]
致命的エラー, [1]

ネイティブ・コンパイルJavaライブラリ
説明, [1]
ネットワーク・アダプタ
複数の別名を持つコンピュータ, [1]
プライマリ、複数の別名を持つコンピュータ, [1]
「ループバック・アダプタ」、「プライマリ・ネットワーク・アダプタ」も参照
ネットワーク・カード、複数, [1]
ネットワーク設定
説明, [1]
複数の別名を持つコンピュータ, [1]
ネットワークに関するトピック
DHCPコンピュータ, [1]
複数のネットワーク・カード, [1]

パスワード
不明瞭化, [1]
パスワードの不明瞭化, [1]
バックアップ
Oracle Database Recovery Manager, [1]
パッチ
Oracle Companion CD製品のダウンロード, [1]

非対話型インストール
サイレント・モード, [1], [2]
エラー, [1]
非対話型のOracle Workflow構成, [1]
表領域、変更, [1]

ファイル
.bash_profileファイル, [1]
dads.conf, [1]
.loginファイル, [1]
marvel.conf, [1]
oraInst.loc, [1], [2]
oraInst.locファイル, [1]
oratabファイル, [1]
portlist.ini, [1]
.profile, [1]
wdbsvr.app, [1], [2]
シェル起動ファイル, [1]
ファイル・システム
Oracleベース・ディレクトリ, [1]
ファイル・モード作成マスク
設定, [1]
複数の別名、コンピュータ, [1]
複数のホームがあるコンピュータ、インストール, [1]
プリコンパイラ
要件, [1], [2]

ベース・ディレクトリ
「Oracleベース・ディレクトリ」を参照
別名、複数, [1]

ポート, [1]
Oracle HTTP Server
デフォルト, [1]
変更, [1]
Oracle Workflow
デフォルト, [1]
変更, [1]
アクセスURL, [1]
アプリケーション用に構成済, [1]
デフォルトの範囲, [1]
ホーム・ディレクトリ
「Oracleホーム・ディレクトリ」を参照

マスク
デフォルトのファイル・モード作成マスクの設定, [1]

モード
デフォルトのファイル・モード作成マスクの設定, [1]

ユーザー
Oracleソフトウェア所有者, [1]
root, [1]
ユーティリティ
dadTool.pl, [1]

要件
Oracle Database 10g Companion Products, [1]
Oracle HTML DB
Oracle Textの要件, [1]
Oracle HTML DB製品, [1]
Oracle HTTP Server, [1], [2]
要件の確認
ソフトウェア, [1]

リカバリ
Oracle Database Recovery Manager, [1]

Oracleベース・ディレクトリ, [1]
レスポンス・ファイル
companionCD.db.rsp, [1]
companionCD.midtier.rsp, [1]
htmldb.HTMLDBONLY.rsp, [1]
htmldb.HTMLDBwithOHS.rsp, [1]
インストール時の指定, [1]
カスタマイズ, [1]
作成, [1]
使用, [1]
テンプレート, [1]
「非対話型インストール」も参照
メディア収録, [1]

ログ
インストール, [1]
ログ・ファイル, [1]
確認, [1]
トラブルシューティング, [1]

戻る
Oracle
Copyright © 2006 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次