ヘッダーをスキップ

Oracle Database Vault インストレーション・ガイド
10gリリース2(10.2)for HP Tru64 UNIX

B40143-02
目次
目次

戻る

索引

数字  A  B  C  D  E  K  L  O  P  R  S  T  U                                               

数字

10.2.0.4パッチ・セット, [1]
10.2.0.4パッチ・セットの適用, [1]

A

ANONYMOUSユーザー
未認証のアカウント・アクセス, [1]
ASM, [1]

B

.bash_profileファイル, [1]
Bashシェル
デフォルトのユーザー・スタートアップ・ファイル, [1]
Bourneシェル
デフォルトのユーザー・スタートアップ・ファイル, [1]

C

crsctlコマンド, [1]
Cシェル
デフォルトのユーザー・スタートアップ・ファイル, [1]

D

Database Vault
アカウント, [1]
監査方針, [1]
初期化パラメータ, [1]
Database Vault Administrator(DVA)アプリケーション
タイムアウト値, [1]
Database Vaultアカウント・マネージャ・アカウント, [1]
パスワード, [1]
ユーザー名, [1]
Database Vaultコンフィギュレーション・アシスタント, [1]
Database Vault所有者アカウント, [1]
パスワード, [1]
ユーザー名, [1]
DISPLAY環境変数
設定, [1], [2]
DV_ACCTMGRロール, [1]
DV_OWNERロール, [1]
DVCA
「Database Vaultコンフィギュレーション・アシスタント」を参照
dvcaコマンド, [1], [2]

E

Enterprise Manager Console DB
インストール, [1]
envコマンド, [1]
/etc/oraInst.locファイル, [1], [2]

K

Kornシェル
デフォルトのユーザー・スタートアップ・ファイル, [1]

L

.loginファイル, [1]
lsnrctlコマンド, [1]

O

Oracle Clusterware
起動, [1]
Oracle Database
ORACLE_SID環境変数の設定, [1]
Oracle Database Vault
監査方針, [1]
初期化パラメータ, [1], [2]
Oracle Database Vault Administrator
アクセシビリティ機能, 有効化, [1]
Oracle Net
lsnrctlコマンド, [1]
既存のリスナーの停止, [1]
リスナーの停止, [1]
リスナー用Oracleホームの指定, [1]
Oracle Real Application Clusters(RAC)
SYSDBA権限, [1]
Oracle Universal Installer, [1], [2], [3], [4], [5]
レスポンス・ファイル, [1]
ORACLE_BASE環境変数
シェルのスタートアップ・ファイルの削除, [1]
設定, [1]
ORACLE_HOME環境変数
シェルのスタートアップ・ファイルの削除, [1]
設定, [1]
未設定, [1]
ORACLE_SID環境変数
シェルのスタートアップ・ファイルの削除, [1]
設定, [1]
Oracleソフトウェア所有者ユーザー
環境の構成, [1]
デフォルト・シェルの特定, [1]
Oracleホーム, 複数, [1]
Oracleホーム・ディレクトリ
リスナー用の指定, [1]
oracleユーザー
環境の構成, [1]
デフォルト・シェルの特定, [1]
orapwdユーティリティ, [1]
OUI, [1]

P

PATH環境変数
設定, [1]
.profileファイル, [1]
psコマンド, [1]

R

RAM要件, [1]
Real Application Clusters
SYSDBAセッション, ロック, [1]
インスタンス・パラメータ, 設定, [1]
REMOTE_LOGIN_PASSWORDFILEパラメータ, [1]

S

SHELL環境変数
値の確認, [1]
SID
ORACLE_SID環境変数の設定, [1]
srvctlコマンド, [1]
sysctlコマンド, [1]
SYSDBAリモート接続
無効化, [1]

T

TEMP環境変数, [1]
設定, [1]
TMPDIR環境変数, [1]
設定, [1]
TNS_ADMIN環境変数
未設定, [1]

U

umask, [1]
umaskコマンド, [1], [2]
UNIXコマンド, [1]
env, [1]
ps, [1]
sysctl, [1]
umask, [1]
unset, [1]
unsetenv, [1]
unsetenvコマンド, [1]
unsetコマンド, [1]

アカウント
Database Vaultアカウント・マネージャ, [1]
Database Vault所有者, [1]
未認証アクセス, [1]
アクセシビリティ機能, [1]
アシスティブ・テクノロジ, [1]
アップグレード
アップグレード後, [1]
アップグレード後のアクション, [1]
以前のDatabase Vaultバージョン, [1]
バックアップ方法, [1]

一時ディスク領域
要件, [1]
インスタンス
インスタンス識別子(SID), [1]
インストール
Enterprise Manager Console DB, [1]
Oracle Universal Installer, 使用, [1]
エラー
サイレント・モード, [1]
考慮事項, [1]
サイレント・モード, [1]
エラー処理, [1]
レスポンス・ファイル, [1], [2]
サイレント・モード, [1]
準備, [1]
テンプレート, [1]

エラー
サイレント・モード, [1]

オペレーティング・システム要件, [1]
オラクル社が提供するアカウント
パスワードの変更, [1]

カーネル・パラメータ
構成, [1]
確認
オペレーティング・システムのディストリビューションとバージョン, [1]
ソフトウェア要件, オペレーティング・システム要件, [1]
データベース要件, [1]
ハードウェア要件, [1]
カスタム・プロファイル, 無効化, [1]
環境
oracleユーザーに対する構成, [1]
設定の確認, [1]
環境変数
DISPLAY, [1], [2]
ORACLE_BASE, [1]
ORACLE_HOME, [1], [2], [3]
ORACLE_SID, [1]
PATH, [1]
SHELL, [1]
TEMPおよびTMPDIR, [1], [2]
TNS_ADMIN, [1]
シェルのスタートアップ・ファイルの削除, [1]
監査方針, [1]
監視
アクセシビリティ機能, 有効化, [1]
グラフのテキスト表示, 有効化, [1]

構成
oracleユーザー環境, [1]
カーネル・パラメータ, [1]

サイレント・モードのインストール, [1]
削除, Oracleソフトウェア, [1]

シェル
oracleユーザーのデフォルト・シェルの特定, [1]
シェルのスタートアップ・ファイル
環境変数の削除, [1]
編集, [1]
自動ストレージ管理(ASM)
SYSDBA権限, [1]
初期化パラメータ, [1], [2]

スタートアップ・ファイル
シェル, [1]
スワップ領域
確認, [1]
要件, [1]

セキュリティ
「パスワード」も参照
セキュリティ・チェックリスト
データベース・リスナー, [1]

ソフトウェアおよびハードウェアの動作保証, [1]
ソフトウェアの動作保証, [1]
ソフトウェア要件, オペレーティング・システム要件, [1]

停止
Oracleプロセス, [1]
ディスク領域
確認, [1]
データベース(RAC)
起動, [1]
データベース要件, [1]
デフォルトのファイル・モード作成マスク
設定, [1]

動作保証, ハードウェアおよびソフトウェア, [1]

ハードウェアおよびソフトウェアの動作保証, [1]
ハードウェアの動作保証, [1]
ハードウェア要件, [1]
パスワード
Database Vaultアカウント・マネージャ, [1]
Database Vault所有者, [1]
再設定
SQL*Plusの使用, [1]
パスワード・ファイル, [1]
レスポンス・ファイルでの指定, [1]
ロック解除
SQL*Plusの使用, [1]
「セキュリティ」も参照
パスワードの変更
オラクル社が提供するアカウント, [1]
パスワード・ファイル, [1]
バックアップ
アップグレード後, [1]
重要性, [1]
方法の準備, [1]
パッチ・セット
適用, [1]
ドキュメント, [1]

ファイル
.bash_profile, [1]
/etc/oraInst.loc, [1]
.login, [1]
.profile, [1]
シェルのスタートアップ・ファイルの編集, [1]
レスポンス・ファイル, [1]
ファイル・モード作成マスク
設定, [1]
複数のOracleホーム, [1]
プロセス
既存の停止, [1]
既存のリスナー・プロセスの停止, [1]
リスナー・プロセスの停止, [1]

マスク
デフォルトのファイル・モード作成マスクの設定, [1]

メモリー要件, [1]

モード
デフォルトのファイル・モード作成マスクの設定, [1]

ユーザー
Database Vaultアカウント・マネージャ, [1]
Database Vault所有者, [1]
ユーザー名
Database Vaultアカウント・マネージャ, [1]
Database Vault所有者, [1]

要件
Oracle Database 10.2.0.4パッチ・セット, [1]
Oracle Enterprise Manager Console DB 10.2.0.4, [1]
ソフトウェア, オペレーティング・システム, [1]
データベース, [1]
ハードウェア, [1]
パスワード・ファイル, [1]
リスナー, [1]

リスナー, [1]
lsnrctlコマンド, [1]
Oracleホームの特定, [1]
既存のリスナー・プロセスの停止, [1]
セキュリティ・チェックリスト, [1]
停止, [1]
リスナー(RAC)
起動, [1]
リモートSYSDBA接続
無効化, [1]

レスポンス・ファイル
Oracle Universal Installerでの指定, [1]
一般的な手順, [1]
概要, [1]
コマンドラインで値を渡す, [1]
セキュリティ, [1]
パスワード, [1]
「サイレント・モード」も参照, [1]
レスポンス・ファイルのインストール
概要, [1]

ロール
DV_ACCTMGR, [1]
DV_OWNER, [1]
ログオン
SYSDBA権限による接続, 無効化, [1]

戻る
Oracle
Copyright © 2006, 2009 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次