ヘッダーをスキップ

Oracle Database Clientインストレーション・ガイド
10gリリース2(10.2) for Microsoft Windows(32-bit)

B25253-04
索引
索引

次へ

目次

タイトルおよび著作権情報

はじめに

対象読者
ドキュメントのアクセシビリティについて
関連ドキュメント
表記規則
サポートおよびサービス

1  Oracle Database Clientインストールの概要

インストールの概要
Windows Vistaのユーザー・アカウント制御を使用したユーザーアカウントの管理
Oracle Database Clientのインストール・タイプ

2  Oracle Database Clientのインストール前の要件

Oracle Database Client ハードウェア要件
ハード・ディスク領域の要件
Oracle Database Client ソフトウェア要件
Oracle Database Clientの一般的なソフトウェア要件
Instant Client Lightの言語およびキャラクタ・セットの要件
Oracle Database Clientハードウェアおよびソフトウェアの認定
Windows Telnetサービスのサポート
Windowsターミナル サービスおよびリモート デスクトップのサポート
Windows XPおよびWindows Vistaでサポートされているコンポーネント
Web Browser Support
Microsoft管理コンソール用Oracleスナップインの要件

3  Oracle Database Clientのインストール

Oracle Database Clientのインストール前の考慮事項
Windows Vistaでのインストールの考慮事項
サイレントまたは非対話モードでのOracle Database Clientのインストール
Oracleベース・ディレクトリの作成
複数のOracleホームへのOracle Database Clientのインストール
既存のOracle製品がインストールされているシステムへのインストール
インストール・ソフトウェアへのアクセス
リモートのDVDデバイスからのインストール
手順1: リモート・コンピュータでのDVDドライブの共有
手順2: ローカル・コンピュータでのDVDドライブのマッピング
リモート・アクセス・ソフトウェアを介したリモート・コンピュータへのインストール
リモート・コンピュータでのハード・ドライブからのインストール
リモートDVDドライブからのリモート・コンピュータへのインストール
Oracle Technology NetworkのWebサイトからのOracleソフトウェアのダウンロード
ハード・ディスクへのOracle Database Clientソフトウェアのコピー
Oracle Database Clientソフトウェアのインストール
Oracle Database Clientのインストールのガイドライン
Oracle Database Clientのインストールの手順

4  Oracle Database Clientのインストール後の作業

インストール後の必須作業
パッチのダウンロードとインストール
Instant Clientの更新
インストール後の推奨作業
Instant Client Lightの構成
OracleデータベースへのOracle Database Clientの接続
Instant ClientまたはInstant Client LightのOracle Databaseへの接続
簡易接続ネーミング・メソッドを使用した接続の指定
tnsnames.oraファイルの構成による接続の指定
空の接続文字列およびLOCAL変数を使用した接続の指定
ユーザー・アカウントの設定
Oracle Enterprise Manager Java Consoleの実行
Oracle Enterprise Managerリポジトリ・ユーザーへの追加権限の付与
Oracle Database 10gリリース2(10.2)でのOracle9iの言語および定義ファイルの使用
Oracle Counters for Windows Performance Monitorの構成
製品固有のインストール後の必須作業 - Oracle Net Servicesの構成

5  Oracle Database Clientソフトウェアの削除

WindowsでのOracleサービスの停止
Oracle Universal Installerを使用したOracle Database Clientの削除
Oracle Universal Installerを使用してOracle Database Clientを削除する際のガイドライン
Oracle Universal Installerを使用してOracle Database Clientを削除する手順
残りのOracle Database Clientコンポーネントの手動による削除方法
Windowsにおけるレジストリ エディタからのOracleキーの削除
Oracle Net Servicesレジストリ・キーのみの削除
すべてのOracleレジストリ・キーの削除
PATH環境変数のパスの更新
「スタート」メニューからのOracle Database Clientの削除
Oracle Database Clientディレクトリの削除

A  Java Access Bridgeのインストール

概要
JRE 1.4.2の設定
インストール済のOracleコンポーネントの設定
Java Access Bridgeのインストール
Java Access Bridgeを使用するためのOracleコンポーネントの構成

B  レスポンス・ファイルを使用したOracle Database Clientのインストール

レスポンス・ファイルの働き
サイレント・モードまたは非対話モードを使用する理由
レスポンス・ファイルの一般的な使用手順
レスポンス・ファイルの準備
レスポンス・ファイル・テンプレートの編集
レスポンス・ファイルの記録
レスポンス・ファイルを使用したOracle Universal Installerの実行

C  Oracle Database Clientグローバリゼーション・サポートの構成

異なる言語でのOracleコンポーネントのインストールと使用
様々な言語でのOracle Universal Installerの実行
異なる言語でのOracleコンポーネントの使用
NLS_LANGパラメータ
一般に使用されるNLS_LANGの値
MS-DOSモードおよびバッチ・モードでのNLS_LANG設定

D  Oracle Database Client インストールのトラブルシューティング

要件の確認
インストール・エラーが発生した場合の操作
インストール・セッションのログの確認
サイレントまたは非対話型インストールでのレスポンス・ファイルのエラー処理
コンフィギュレーション・アシスタントのトラブルシューティング
コンフィギュレーション・アシスタントの障害
致命的エラー
インストール失敗後のクリーン・アップ

用語集

索引


次へ
Oracle
Copyright © 1996, 2008 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
索引
索引