8.44 V$ASM_ACFS_SEC_RULESET

V$ASM_ACFS_SEC_RULESETは、Oracle ACFSファイル・システムごとに、すべてのOracle ACFSセキュリティ・ルール・セットに関する情報を示します。また、このビューでは、GV$グローバル・ビューもサポートされています。

データ型 説明

RULESET_NAME

VARCHAR2(256)

ルール・セットの名前

RULESET_OPTION

VARCHAR2(8)

指定できる値はANY_TRUEまたはALL_TRUEです。

FS_NAME

VARCHAR2(1024)

ファイル・システムを識別するマウント・パス名

VOL_DEVICE

VARCHAR2(256)

ADVMボリューム名

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

このビューの場合、値は常に0

関連項目:

ノート:

Oracle Flex ASM構成のノードにあるOracle ACFSファイル・システムまたはボリュームに関する情報を表示するには、ローカルのOracle ASMインスタンスではなくOracle ASMプロキシ・インスタンスに接続する必要があります。Oracle Flex ASMの詳細は、『Oracle Automatic Storage Management管理者ガイド』を参照してください。