8.87 V$BACKUP_ARCHIVELOG_DETAILS

V$BACKUP_ARCHIVELOG_DETAILSは、リストア可能なすべてのアーカイブ・ログの情報を示します。

これには、バックアップ・セットまたはプロキシ・コピーにバックアップされたすべてのアーカイブ・ログが含まれます。

データ型 説明

BTYPE

CHAR(9)

バックアップ・タイプのコンテナ(BACKUPSETまたはPROXYCOPY)

BTYPE_KEY

NUMBER

バックアップ・タイプの一意の識別子。BACKUPSETの場合は、BS_KEY

SESSION_KEY

NUMBER

セッション識別子

SESSION_RECID

NUMBER

セッション・レコードID

SESSION_STAMP

NUMBER

セッション・スタンプ

ID1

NUMBER

BACKUPSETの場合は、SET_STAMPが含まれる。

PROXYCOPYの場合は、制御ファイルのRECIDが含まれる。

ID2

NUMBER

BACKUPSETの場合は、SET_COUNTが含まれる。

PROXYCOPYの場合は、STAMPが含まれる。

THREAD#

NUMBER

スレッド番号

SEQUENCE#

NUMBER

シーケンス番号

RESETLOGS_CHANGE#

NUMBER

リセットログ変更SCN

RESETLOGS_TIME

DATE

リセットログ変更時刻

FIRST_CHANGE#

NUMBER

最初の変更SCN

FIRST_TIME

DATE

最初の変更時刻

NEXT_CHANGE#

NUMBER

次の変更SCN

NEXT_TIME

DATE

次の変更時刻

FILESIZE

NUMBER

ファイル・サイズ

COMPRESSION_RATIO

NUMBER

アーカイブ・ログ内のブロックの合計数とRMANがバックアップしたブロックの比率。これはBACKUPコマンドのAS COMPRESSED BACKUPSET句からの比率ではない

FILESIZE_DISPLAY

VARCHAR2(4000)

FILESIZE列と同じ値だが、nM、nG、nT、nPなどのユーザー表示可能な形式に変換される

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID