10.103 V$SYSTEM_WAIT_CLASS

V$SYSTEM_WAIT_CLASSは、登録されている待機クラスごとに、インスタンス全体の時間の合計を示します。

データ型 説明

WAIT_CLASS_ID

NUMBER

待機クラスの識別子

WAIT_CLASS#

NUMBER

待機クラスの番号

WAIT_CLASS

VARCHAR2(64)

待機クラスの名前

TOTAL_WAITS

NUMBER

この待機クラスからの待機の合計数

TIME_WAITED

NUMBER

この待機クラスからの待機に費やされた合計時間(1/100秒)

TIME_WAITED_MICRO

NUMBER

この待機クラスからの待機に費やされた合計時間(マイクロ秒)

CPU

NUMBER

この待機クラスからの待機の実装中に消費された合計CPU時間(マイクロ秒)

TOTAL_WAITS_FG

NUMBER

フォアグラウンド・セッションからの、この待機クラスの待機の合計数

TIME_WAITED_FG

NUMBER

フォアグラウンド・セッションからの、この待機クラスからの待機に費やされた合計時間(1/100秒)

TIME_WAITED_MICRO_FG

NUMBER

フォアグラウンド・セッションからの、この待機クラスからの待機に費やされた合計時間(マイクロ秒)

CPU_FG

NUMBER

フォアグラウンド・セッションからの、この待機クラスからの待機の実装中に消費された合計CPU時間(マイクロ秒)

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

ノート:

CDBのルートから問合せを行った場合、このビューにはインスタンス全体のデータが表示され、CON_ID列の値が0になります。