10.122 V$TSDP_SUPPORTED_FEATURE

V$TSDP_SUPPORTED_FEATUREは、透過的機密データ保護(TSDP)によってサポートされている機能に関する情報を示します。

データ型 説明

FEATURE_NAME

VARCHAR2(200)

サポートされている機能の名前

FUNCTIONALITY

VARCHAR2(200)

この機能内でサポートされている機能。すべての機能がサポートされている場合、値はALLとなり、それ以外の場合はサポートされている特定の機能が示されます。

COMMENTS$

VARCHAR2(4000)

機能および特定の機能のサポートの詳細

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

関連項目:

透過的機密データ保護の使用の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。