Go to main content

Oracle® Server Safety and Compliance Guide

Exit Print View

Updated: August 2020
 
 

取り扱いの注意

システムを設置する際は、次のことに注意してください。

  • 装置に記載されている注意事項および取り扱い方法に従ってください。

  • 使用している電源の電圧や周波数が、装置の電気定格表示と一致していることを確認してください。

  • 装置の開口部に物を差し込まないでください。内部は高電圧になります。金属などの胴体を入れるとショートして、発火、感電、装置の損傷の原因となることがあります。

  • この製品は、セキュリティー保護のための手段 (キー、ロック、ツール、バッジなど) によりアクセスが制御されること、およびアクセスを許可された人物が、守る必要のある制限や注意事項の理由について説明を受けていることを想定しています。

  • 屋外の金属通信ケーブルにこの製品を直接接続しないでください。屋外の金属通信ケーブルに製品を直接接続するには、必ず屋外の金属通信ケーブルに直接接続するように設計されている遮断装置 (スイッチまたはルーターなど) を使用するか、建物の外では非金属光通信ケーブルを使用します。

  • 屋外の電源ケーブルにこの製品を直接接続しないでください。

    • AC 電源に関しては、AC 電源に限流ブレーカーを使用する室内の配電システムにのみ製品を接続してください。

    • DC 電源に関しては、1 つの建物内に完全に収められている接地電力システムにのみ製品を接続してください。

  • 作業環境での聴力保護具の使用に関する必須事項または推奨事項は、世界の各地域により異なります。Oracle 機器の設置に適用される作業環境の騒音暴露レベルの制限および個人用保護具の適切な使用については、地域の規制を確認してください。