Go to main content

Oracle® Server Safety and Compliance Guide

Exit Print View

Updated: August 2020
 
 

ラックシステムに関する注意

インストール手順には、次の、またはこれに類似したラックマウントの手順が含まれています。

  • 動作時周辺温度の上昇 - 密閉されたラックアセンブリまたはマルチユニットのラックアセンブリに設置している場合、ラック環境の動作時周辺温度が室内の周辺温度より高くなる場合があります。したがって、製造元により指定されている最大周辺温度 (Tma) に適した環境に装置を設置するようにしてください。

  • 通気の減少 - 装置の安全な動作に必要な通気が妨げられないように、装置はラック内に設置してください。

  • 装置の配置 - 不均等な装置の配置によって危険な状態が発生しないように、装置はラック内に取り付けてください。

  • 回路の過負荷 - 電源回路への装置の接続、および回路の過負荷によって発生する可能性のある過電流対策や電源配線についても考慮してください。これについて対処するときは、装置のネームプレートに表示された定格電力に従った配慮が必要です。

  • 確実なアース - ラックマウント型装置にアースが確実に取り付けられている状態を維持してください。分岐回路への直接接続以外の電源接続 (電源タップの使用など) の場合は、特に注意してください。


Caution

注意  -  スライド/レールが取り付けられた装置を、シェルフまたはワークスペースとして使用しないでください。


image:ラックマウントの注意記号を示す図