はじめに

このドキュメントでは、Oracle Machine Learning for R (OML4R)リリース1.5.1のインストールおよび管理方法について説明します。

技術のリブランド

Oracle R Enterpriseは、Oracle Machine Learning for R (OML4R)になりました。

オラクル社は、Oracle DatabaseおよびBig Data.を使用した機械学習をサポートする製品およびコンポーネントのスイートをリブランドしています。このテクノロジは、Oracle Machine Learning (OML)と呼ばれるようになりました。

RのOMLアプリケーション・プログラミング・インタフェースは、以前はOracle R Enterpriseという名前でしたが、現在はOracle Machine Learning for R (OML4R)という名前になりました。パッケージ、クラスおよび関数の名前はリブランドされていません。OREOREbaseore.frameore.connectなどのままとなっています。

SQLのOMLアプリケーション・プログラミング・インタフェースには、PL/SQLパッケージ、SQL関数およびデータ・ディクショナリ・ビューが含まれています。これらのAPIの使用方法は、Oracle Machine Learning for SQL (OML4SQL)という名前(以前はOracle Data Miningという名前でした)の資料を参照してください。PL/SQLパッケージ名とデータベース・ビュー名はリブランドされていません。DBMS_DATA_MININGALL_MINING_MODELSなどのままとなっています。

Oracle R Advanced Analytics for Hadoop (ORAAH)テクノロジは、Oracle Machine Learning for Spark (OML4Spark)になりました。

詳細は、Oracle Machine Learningを参照してください。

対象読者

このマニュアルは、Oracle Machine Learning for Rのインストールおよび管理を行う担当者を対象としています。

OML4Rをインストールするには、RおよびOracle Databaseの知識が必要です。

関連ドキュメント

Oracle Machine Learning for Rのドキュメント・セットには、次の資料が含まれています。

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイト(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc)を参照してください。

Oracle Supportへのアクセス

サポートをご購入のOracleのお客様は、My Oracle Supportにアクセスして電子サポートを受けることができます。詳細情報は(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=info) か、聴覚に障害のあるお客様は (http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trs)を参照してください。

表記規則

このマニュアルでは次の表記規則を使用します。

規則 意味

太字

太字は、操作に関連するGraphical User Interface要素、または本文中で定義されている用語および用語集に記載されている用語を示します。

イタリック体

イタリックは、ユーザーが特定の値を指定するプレースホルダ変数を示します。

固定幅フォント

固定幅フォントは、段落内のコマンド、URL、サンプル内のコード、画面に表示されるテキスト、または入力するテキストを示します。