#FORMATマッピング・タイプのコンポーネント

#FORMATタイプ・マッピングは、次のコンポーネントで構成されます:

表3-13 #Formatマッピング・タイプのコンポーネント

コンポーネント 説明
#FORMAT FORMATマッピング・タイプがターゲット・メンバーに指定されたことを示します。
<format mask> ユーザー定義のフォーマット・マスク。フォーマットの定義には次の文字が使用されます:
  • ? — ソース・メンバーまたはメンバー内のセグメントで特定位置にある文字を含みます。

  • # — ターゲット・メンバーを作成するときにソースの1文字をスキップ(削除)します。

  • 文字 - ユーザー定義の文字をターゲットにそのまま含めます。接頭辞、接尾辞、固定文字列または必要な文字のために使用されます。これは、特別なフォーマット・マスク文字と組み合せて使用できます。

  • * — ソース・セグメントまたはソースのすべての文字を含めます。セグメントの唯一のフォーマット・マスク文字として*を使用すると、セグメント全体の値がソースからコピーされます。

    #または?記号と組み合せて*を使用すると、残りの未使用の文字すべてが引き継がれます。

    *は、ワイルドカード文字で、?または#で指定されていない残りの文字を採用します。たとえば、ソースがabcdの場合に*を使用すると、ターゲットはabcdになります。ターゲットが?#*の場合、結果はacdになります。

    データ管理がセグメント内に*を検出すると、フォーマットに指定された文字を除き、*の後の指定は無視されます。

<segment delimiter> オプションのセグメント区切り記号は、ソース・メンバーとターゲット・メンバーのセグメントを区切るために使用される文字を定義します。このルール・タイプではソースとターゲットの区切り記号を同じにする必要があります。セグメント・デリミタが指定されていない場合、フォーマット・マスクはセグメント指定またはデリミタに依存せずにメンバー全体に適用されます。